2022.1.11

メディア

2022年のブームは?“札幌トレンドグルメ”大予測…映える「香港風メロンパン」

みんテレ

マリトッツォにピスタチオなど、さまざまなグルメが流行した2021年。「2022年のブームは何?」と、早速気になっている人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、2022年に札幌でブームが起こるグルメを大予測!雑誌「poroco」統括編集長の福崎里美さん、札幌の人気グルメブロガー ヒンナヒンナさん、ぐるなび リサーチ部の本間 久美子さんにお話を伺いました。

最新のグルメ事情に詳しい3人は、一体何を予測するのでしょうか…?

スイーツ編|味・見た目ともにインパクト抜群


「マロンモンブランクロッフル」820円

まずは、2022年にブームが巻き起こりそうな“スイーツ”から見ていきましょう。

雑誌「poroco」統括編集長の福崎さんが予想したのが、クロワッサンとワッフルのハイブリッドスイーツ「クロッフル」です。2021年も注目を集めましたが、2022年も引き続き人気が続くことが予想されます。

特にZIZICOFFEEが提供する「マロンモンブランクロッフル(1月期間限定)」は、マロンアイスにマロンクリームを添えた栗好きにはたまらない一品ですよ~。

ZIZICOFFEE
住所:札幌市北区北38条西4丁目1-5
電話番号:011-594-8024
営業時間:午前9時~午後7時(イートインは午前10時から)
定休日:火曜日
Instagram:@zizicoffeeandgoods
人気グルメブロガーのヒンナヒンナさんが予想したのは、見た目も可愛らしい「和スイーツ」です。2021年は、どら焼きやぜんざい、大福などさまざまな和スイーツがコンビニなどで注目を集めました。

ヒンナヒンナさんによると、舟団子を味わえるお餅の専門店 えにかいたもちの「黒蜜きなこ」がおすすめなんだとか。舟団子のほかには、「ブルーベリーとレアチーズ大福」も爽やかな酸味が印象的でしたよ。

えにかいたもち
住所:札幌市中央区南11条西8丁目3-19 エフェクト南11条B棟1F
電話番号:011-206-1222
営業時間:午前10時~午後7時
定休日:日曜日・祝日
Webサイト:https://enikaitamochi.jp/

「舟団子 黒蜜きなこ」250円


「台湾メロンパン(香港風メロンパン)」216円

ぐるなび リサーチ部の本間さんは、ふわふわのメロンパンに厚切りバターを挟んだ「香港風メロンパン」を予想。

メロンパンに似た香港の名物菓子パン「ポーローヤウ」をオマージュしたグルメで、口の中でじゅわっと溶けるバターの味わいがたまりません…!

札幌大吾ぱん屋 本店では「台湾メロンパン(香港風メロンパン)」を販売しており、罪悪感たっぷりのバターとクリームを思う存分楽しめますよ~。

札幌大吾ぱん屋 本店
住所:札幌市豊平区平岸3条8丁目1-4平岸パークマンション1F
電話番号:011-833-2828
営業時間:午前6時30分~午後6時
Webサイト:http://daigopan.net/index.html

フード編|多国籍料理に、映える寿司

次は、2022年に流行りそうな“フード”編です。

雑誌「poroco」統括編集長の福崎さんによると、「ビンダルカレー」がこれから流行るのではないかとのこと。ポルトガルからインドに伝わった、肉をワインビネガーや酢に漬け込んだ酸っぱ辛い味のスパイスカレーです。

円山公園のカレークラブに訪れれば、サバカレー・ラムキーマ・チキンビンダルーの3つを同時に味わえる「あいがけ3種」を堪能できますよ。

カレークラブ
住所:札幌市中央区南6条西23丁目5-17
電話番号:070-1139-0710
営業時間
月~金曜日:午前11時30分〜午後5時
土・日・祝日:午前11時30分〜午後3時30分(L.O.午後3時)、午後5時〜午後9時(L.O.午後8時30分)
Instagram:@curryclub1112

「あいがけ3種」1,500円


「ゴイクン(生春巻き)」1本300円

そのほか、人気グルメブロガー ヒンナヒンナさんおすすめの「多国籍料理(ベトナム)」も見逃せません。

ベトナムゴハン チリン堂では、手作りみそだれと合わせる「ゴイクン(生春巻き)」が絶品です。

ベトナムゴハン チリン堂
住所:札幌市中央区南9条西3丁目1-11 ドエル中島公園1F
電話番号:011-839-1121
営業時間:午後4時~午後11時
Facebook:べトナムゴハン チリン堂
最後に紹介するのが、道内ではまだ少し聞きなれない「カナカナ系スシ酒場」。ぐるなび リサーチ部の本間さんによると、高級寿司でもなければ回転寿司でもないほどよさが魅力なんだとか。

また、インパクトある見た目のメニューも多く、SNS映えが狙える点もこれから流行りそうな理由です。

2022年には一体どんなグルメが流行るのか?札幌の飲食店の動きにも注目してみると面白そうですね~!

*みんテレ1月4日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
 

スイーツ編|味・見た目ともにインパクト抜群


「マロンモンブランクロッフル」820円

まずは、2022年にブームが巻き起こりそうな“スイーツ”から見ていきましょう。

雑誌「poroco」統括編集長の福崎さんが予想したのが、クロワッサンとワッフルのハイブリッドスイーツ「クロッフル」です。2021年も注目を集めましたが、2022年も引き続き人気が続くことが予想されます。

特にZIZICOFFEEが提供する「マロンモンブランクロッフル(1月期間限定)」は、マロンアイスにマロンクリームを添えた栗好きにはたまらない一品ですよ~。

ZIZICOFFEE
住所:札幌市北区北38条西4丁目1-5
電話番号:011-594-8024
営業時間:午前9時~午後7時(イートインは午前10時から)
定休日:火曜日
Instagram:@zizicoffeeandgoods

「舟団子 黒蜜きなこ」250円

人気グルメブロガーのヒンナヒンナさんが予想したのは、見た目も可愛らしい「和スイーツ」です。2021年は、どら焼きやぜんざい、大福などさまざまな和スイーツがコンビニなどで注目を集めました。

ヒンナヒンナさんによると、舟団子を味わえるお餅の専門店 えにかいたもちの「黒蜜きなこ」がおすすめなんだとか。舟団子のほかには、「ブルーベリーとレアチーズ大福」も爽やかな酸味が印象的でしたよ。

えにかいたもち
住所:札幌市中央区南11条西8丁目3-19 エフェクト南11条B棟1F
電話番号:011-206-1222
営業時間:午前10時~午後7時
定休日:日曜日・祝日
Webサイト:https://enikaitamochi.jp/

「台湾メロンパン(香港風メロンパン)」216円

ぐるなび リサーチ部の本間さんは、ふわふわのメロンパンに厚切りバターを挟んだ「香港風メロンパン」を予想。

メロンパンに似た香港の名物菓子パン「ポーローヤウ」をオマージュしたグルメで、口の中でじゅわっと溶けるバターの味わいがたまりません…!

札幌大吾ぱん屋 本店では「台湾メロンパン(香港風メロンパン)」を販売しており、罪悪感たっぷりのバターとクリームを思う存分楽しめますよ~。

札幌大吾ぱん屋 本店
住所:札幌市豊平区平岸3条8丁目1-4平岸パークマンション1F
電話番号:011-833-2828
営業時間:午前6時30分~午後6時
Webサイト:http://daigopan.net/index.html

フード編|多国籍料理に、映える寿司


「あいがけ3種」1,500円

次は、2022年に流行りそうな“フード”編です。

雑誌「poroco」統括編集長の福崎さんによると、「ビンダルカレー」がこれから流行るのではないかとのこと。ポルトガルからインドに伝わった、肉をワインビネガーや酢に漬け込んだ酸っぱ辛い味のスパイスカレーです。

円山公園のカレークラブに訪れれば、サバカレー・ラムキーマ・チキンビンダルーの3つを同時に味わえる「あいがけ3種」を堪能できますよ。

カレークラブ
住所:札幌市中央区南6条西23丁目5-17
電話番号:070-1139-0710
営業時間
月~金曜日:午前11時30分〜午後5時
土・日・祝日:午前11時30分〜午後3時30分(L.O.午後3時)、午後5時〜午後9時(L.O.午後8時30分)
Instagram:@curryclub1112

「ゴイクン(生春巻き)」1本300円

そのほか、人気グルメブロガー ヒンナヒンナさんおすすめの「多国籍料理(ベトナム)」も見逃せません。

ベトナムゴハン チリン堂では、手作りみそだれと合わせる「ゴイクン(生春巻き)」が絶品です。

ベトナムゴハン チリン堂
住所:札幌市中央区南9条西3丁目1-11 ドエル中島公園1F
電話番号:011-839-1121
営業時間:午後4時~午後11時
Facebook:べトナムゴハン チリン堂
最後に紹介するのが、道内ではまだ少し聞きなれない「カナカナ系スシ酒場」。ぐるなび リサーチ部の本間さんによると、高級寿司でもなければ回転寿司でもないほどよさが魅力なんだとか。

また、インパクトある見た目のメニューも多く、SNS映えが狙える点もこれから流行りそうな理由です。

2022年には一体どんなグルメが流行るのか?札幌の飲食店の動きにも注目してみると面白そうですね~!

*みんテレ1月4日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
 

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。

SHARE

RECOMMEND