2021.11.28

メディア

さっぽろテレビ塔「サウナ」登場!キラキラ絶景ホワイトイルミネーション「ととのう」

みんテレ

留まるところを知らない、空前のサウナ・ブーム。各地でサウナにハマる人が続出するなか、さっぽろテレビ塔で11月23日から“ととのう”イベントが始まりました。

高さ27mに位置するサウナとは、一体どのようなものなのか…。11月初めに実施された札幌のオフィスビル・サウナに続く"第2弾"をご紹介します!

さっぽろテレビ塔の高さ約27mがサウナに変身

11月23日(火)~28日(日)の期間、さっぽろテレビ塔に屋外サウナが登場します。4階部分に相当する高さ約27mが、サウナのスペースになるんです。

屋外テラススペースに設置されているのは、天然の木材を樽型に組み立てたバレルサウナ。街の中心にいながら、木の香りを楽しめます。

実際に入ってみると、身体がポカポカとしましたよ~。
また、地上の多目的スペースには、テントサウナのほかに3種類のサウナを設置。

まるでキャンピングカーのような移動式の「ルーメットサウナ」や、北海道上川郡当麻町で作られた「バス型のサウナ」など、少し珍しいサウナを楽しめます。
バス型サウナは、乗車スペースの奥に当麻町産トドマツを使った本格的なサウナ室を完備しているのが特徴。普段は当麻町のふるさと納税の返礼品などとしてレンタルされていますが、今回は札幌中心部で特別に利用できます。

木のいい香りがして、ドアを一枚開けると前方がバスになっている異空間な感じがユニークでした…!

さっぽろホワイトイルミネーションも堪能

また、さっぽろテレビ塔といえば大通公園を一望できるのが魅力ですが、今時期はさっぽろホワイトイルミネーションを堪能できます。

テスト入浴をしていた人に、サウナとイルミネーションの組み合わせについて聞いてみると「新鮮です。北国ならではかなと思う」とのこと。

札幌商工会議所の白浜 光人さんも「大通公園はホワイトイルミネーション点灯中で、心と身体を屋外サウナで整えられると思う」と語ります。

2022年2月には芸術の森周辺でも開催を予定

残念ながら同イベントのチケットはもう完売しているそうですが、2022年2月には札幌市南区の芸術の森周辺でも開催を予定しています。

今後はどのようなサウナが誕生するのか、盛り上がり続けるサウナ・ブームに注目です!

*みんテレ11月22日OAのものです
 

さっぽろテレビ塔の高さ約27mがサウナに変身

11月23日(火)~28日(日)の期間、さっぽろテレビ塔に屋外サウナが登場します。4階部分に相当する高さ約27mが、サウナのスペースになるんです。

屋外テラススペースに設置されているのは、天然の木材を樽型に組み立てたバレルサウナ。街の中心にいながら、木の香りを楽しめます。

実際に入ってみると、身体がポカポカとしましたよ~。
また、地上の多目的スペースには、テントサウナのほかに3種類のサウナを設置。

まるでキャンピングカーのような移動式の「ルーメットサウナ」や、北海道上川郡当麻町で作られた「バス型のサウナ」など、少し珍しいサウナを楽しめます。
バス型サウナは、乗車スペースの奥に当麻町産トドマツを使った本格的なサウナ室を完備しているのが特徴。普段は当麻町のふるさと納税の返礼品などとしてレンタルされていますが、今回は札幌中心部で特別に利用できます。

木のいい香りがして、ドアを一枚開けると前方がバスになっている異空間な感じがユニークでした…!

さっぽろホワイトイルミネーションも堪能

また、さっぽろテレビ塔といえば大通公園を一望できるのが魅力ですが、今時期はさっぽろホワイトイルミネーションを堪能できます。

テスト入浴をしていた人に、サウナとイルミネーションの組み合わせについて聞いてみると「新鮮です。北国ならではかなと思う」とのこと。

札幌商工会議所の白浜 光人さんも「大通公園はホワイトイルミネーション点灯中で、心と身体を屋外サウナで整えられると思う」と語ります。

2022年2月には芸術の森周辺でも開催を予定

残念ながら同イベントのチケットはもう完売しているそうですが、2022年2月には札幌市南区の芸術の森周辺でも開催を予定しています。

今後はどのようなサウナが誕生するのか、盛り上がり続けるサウナ・ブームに注目です!

*みんテレ11月22日OAのものです
 

SHARE

RELATED WORDS 関連ワード

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。