2021.11.7

メディア

テイクアウト専門“食卓に乗せるパン”とお惣菜のお店…「メシパン・オカズヤ」

みんテレ

札幌・白石区に、今話題の「メシパン」というパン屋があります。

“カレーなる一族”や“火山パン”など変わった名前の商品が多く、さらにお隣の総菜屋と店内がつながっているなど、少し気になるポイントが多いお店なんです。

そこで今回は、特に女性から高い人気を集めるメシパンのこだわりを店長の村尾 果子さんにうかがったので、人気商品とともに紹介していきますよ~。

2020年10月にオープンのメシパンとオカズヤ

パン屋の“メシパン”と、総菜屋の“オカズヤ”が店内でつながる少し変わった空間。もともとこの2店舗は別々のお店でしたが、両店舗を行き来するお客さんが多いことから、店舗間の壁を取り払って1つのお店にしました。

2店舗の店長を務めるのは、札幌の人気パン店や東京の有名高級食パン店で腕を磨いてきた村尾 果子さん。変わった商品名のパンが多いのは「お客さんの記憶に残るように」と、日々考案しているからだそうですよ。

鰹節の風味が感じられる出汁パン

同店には女性ならではの発想から生まれたパンが多く、例えば名物の「出汁パン」もそのひとつ。和風ダシを混ぜてから仕込み、生地に鰹節を練りこんだ日本人に親しみやすい商品です。

この家庭的な味わいは、特に女性から人気を集めているんですって。その日に削った鰹節を使っているため風味が豊かで、北海道産の小麦・牛乳・バターからは強いミルクの味わいが感じられました!

「出汁パン」1斤486円


「実家のおばあパン」183円

この出汁パンをアレンジした商品に、「実家のおばあパン」があります。パンの中にきんぴらごぼうが入った、濃い味付けが評判の商品です。

ほかにも、パンの中にたくあんとマヨネーズが入った「田舎のおじいパン」も出汁パンをアレンジした人気の商品。コリコリとした食感が面白く、たこ焼きに近い味が再現されています。

手作りにこだわる、女性からも人気の男子パン

さらに「男子パンA」「男子パンB」も、名前とは裏腹に女性から愛される商品です。

ザンギが山盛りに入った男子パンAでは、タレに1日漬け込んだカリッとしたザンギと、道産小麦を使いふわふわもちもちのコッペパン両方の食感を楽しめます。

パンに使われている具材は、すべて隣のオカズヤで調理した手作りのもの。ちなみに男子パンBは、パンのなかに豚キムチ炒めが入っていますよ~。

「男子パンA」324円、「男子パンB」324円

ピリ辛でどこか懐かしい、カレーなる一族


「カレーなる一族(カレーパン)」516円

数々の名物パンのなかでも、人気No1を獲得するのが「カレーなる一族(カレーパン)」。年齢・性別問わず、たくさんのファンを獲得している商品です。

6種類のスパイスと調味料によるピリッとした味わい、レンコンのシャキシャキとした食感、そしてしいたけの旨味が特徴的なこの商品。隠し味には出汁が使われ、どこか懐かしい日本的な味を楽しめます。
さらに、チョコチップ・クーベルチュールチョコ・ホワイトチョコの3種類が入った「チョコ三姉妹」と、チリメキシカンから影響を受けた「火山パン」も見逃せません。

チョコ三姉妹は、あえて少し苦いチョコを混ぜることで大人でも気に入るように。火山パンは、モッツアレラチーズを入れてまろやかにすることで子どもでも食べられるように工夫されています。

子どもから大人まで幅広い年代の人が楽しめる“少し懐かしい”パンを味わいたい人は、メシパンへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

「チョコ三姉妹」194円

オカズヤ
住所:札幌市白石区栄通19丁目4-3第3大栄ストアハイツ102 
営業時間:午前11時から午後8時(なくなり次第閉店)
電話番号:011-374-5660
Instagram:@okazuya18

メシパン
住所:札幌市白石区栄通19丁目4-3第3大栄ストアハイツ103
営業時間:午前10時から午後7時(なくなり次第閉店)
電話番号:011-799-1337
Instagram:@meshipan18


*みんテレ10月28日OAのものです

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

2020年10月にオープンのメシパンとオカズヤ

パン屋の“メシパン”と、総菜屋の“オカズヤ”が店内でつながる少し変わった空間。もともとこの2店舗は別々のお店でしたが、両店舗を行き来するお客さんが多いことから、店舗間の壁を取り払って1つのお店にしました。

2店舗の店長を務めるのは、札幌の人気パン店や東京の有名高級食パン店で腕を磨いてきた村尾 果子さん。変わった商品名のパンが多いのは「お客さんの記憶に残るように」と、日々考案しているからだそうですよ。

鰹節の風味が感じられる出汁パン


「出汁パン」1斤486円

同店には女性ならではの発想から生まれたパンが多く、例えば名物の「出汁パン」もそのひとつ。和風ダシを混ぜてから仕込み、生地に鰹節を練りこんだ日本人に親しみやすい商品です。

この家庭的な味わいは、特に女性から人気を集めているんですって。その日に削った鰹節を使っているため風味が豊かで、北海道産の小麦・牛乳・バターからは強いミルクの味わいが感じられました!

「実家のおばあパン」183円

この出汁パンをアレンジした商品に、「実家のおばあパン」があります。パンの中にきんぴらごぼうが入った、濃い味付けが評判の商品です。

ほかにも、パンの中にたくあんとマヨネーズが入った「田舎のおじいパン」も出汁パンをアレンジした人気の商品。コリコリとした食感が面白く、たこ焼きに近い味が再現されています。

手作りにこだわる、女性からも人気の男子パン


「男子パンA」324円、「男子パンB」324円

さらに「男子パンA」「男子パンB」も、名前とは裏腹に女性から愛される商品です。

ザンギが山盛りに入った男子パンAでは、タレに1日漬け込んだカリッとしたザンギと、道産小麦を使いふわふわもちもちのコッペパン両方の食感を楽しめます。

パンに使われている具材は、すべて隣のオカズヤで調理した手作りのもの。ちなみに男子パンBは、パンのなかに豚キムチ炒めが入っていますよ~。

ピリ辛でどこか懐かしい、カレーなる一族


「カレーなる一族(カレーパン)」516円

数々の名物パンのなかでも、人気No1を獲得するのが「カレーなる一族(カレーパン)」。年齢・性別問わず、たくさんのファンを獲得している商品です。

6種類のスパイスと調味料によるピリッとした味わい、レンコンのシャキシャキとした食感、そしてしいたけの旨味が特徴的なこの商品。隠し味には出汁が使われ、どこか懐かしい日本的な味を楽しめます。

「チョコ三姉妹」194円

さらに、チョコチップ・クーベルチュールチョコ・ホワイトチョコの3種類が入った「チョコ三姉妹」と、チリメキシカンから影響を受けた「火山パン」も見逃せません。

チョコ三姉妹は、あえて少し苦いチョコを混ぜることで大人でも気に入るように。火山パンは、モッツアレラチーズを入れてまろやかにすることで子どもでも食べられるように工夫されています。

子どもから大人まで幅広い年代の人が楽しめる“少し懐かしい”パンを味わいたい人は、メシパンへ足を運んでみてはいかがでしょうか?
オカズヤ
住所:札幌市白石区栄通19丁目4-3第3大栄ストアハイツ102 
営業時間:午前11時から午後8時(なくなり次第閉店)
電話番号:011-374-5660
Instagram:@okazuya18

メシパン
住所:札幌市白石区栄通19丁目4-3第3大栄ストアハイツ103
営業時間:午前10時から午後7時(なくなり次第閉店)
電話番号:011-799-1337
Instagram:@meshipan18


*みんテレ10月28日OAのものです

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

RELATED WORDS 関連ワード

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。