2021.11.1

メディア

“1泊2,000円台”露天風呂付き「旅行割」ホテル登場…豪華朝食・客室風呂あり

みんテレ

札幌で今、“旅行割”を使った都心レジャーが話題なことを知っていますか?豪華な朝食や温泉、客室付きホテルを道民・札幌市民なら格安料金で堪能できるんです。

そこで今回の記事は、「1泊2,000円台」や「ハイシーズンの半額以下」など、道民や札幌市民限定の格安・割安で泊まれるホテルを3つご紹介しますよ~。

市内なのに露天風呂がある「札幌グランベルホテル」

2021年4月にオープンした、すすきのの中心にある「札幌グランベルホテル」。温かな照明が親しみやすさを感じさせる、上品な雰囲気のホテルです。

高級感あふれる空間からは「宿泊費が高そう…」という印象を受けますが、道民であれば通常13,000円のところを最大55%オフの6,000円から宿泊できるんだとか。

しかも和洋40種類の朝食ビュッフェ付きで、ホテルの2階にある実乃里&カフェにて素材にこだわった料理をリーズナブルに楽しめます。
また、割引率の高さ以外にも注目ポイントが…。

最上階へ足を運ぶと、広々とした大浴場と露天風呂が用意されているんです。

札幌の市内中心部で露天風呂を楽しめるなんて、かなり珍しいですよね…!解放感が抜群で、運が良ければ星空が見えるそうですよ~。

札幌グランベルホテル
住所:札幌市中央区南3条西8丁目10-1
電話番号:011-522-5541
Webサイト:granbellhotel.jp/sapporo/
 

テーマは旅とミステリー「ランプライトブックスホテル札幌」

次に紹介するのが、2021年6月にオープンした「ランプライトブックスホテル札幌」です。テーマは旅とミステリーで、24時間いつでも本を読めたり、札幌の人気コーヒー店“森彦”のスイーツとコーヒーを楽しめたりします。

スタンダードダブルルームの料金は、通常ハイシーズンであれば18,500円。ですが道民であれば、日によっては2名1室4,680円になるんだとか。

1人あたり2,000円台という安さなら、週末にふらっと宿泊するのも抵抗感がないですね。
同ホテルのテーマである“本と旅”は「本を読むことと旅をすることは似ている。いつもとは違うところに泊まり、本の世界に入り込むことで非日常を感じてもらいたい」という理由からきているそう。

客室にはリクライニングソファや読書専用ライトがあり、本好きにはたまらない設備が揃っています。追加で990円支払えば、カフェ風のおしゃれな朝食セットも付いてきますよ~。

ランプライトブックスホテル札幌
住所:札幌市中央区南2条西7丁目5-1
電話番号:011-218-1511
Webサイト:https://www.lamplightbookshotel.com/sapporo/

国内初!木造ハイブリッド「ザ ロイヤルパーク キャンバス札幌大通公園」

最後に紹介するのが、2021年10月1日に開業したばかりの「ザ ロイヤルパーク キャンバス札幌大通公園」です。国内初の“木造ハイブリッドホテル”で、1~8階までが鉄筋コンクリート、9~11階が純木造の設計となっています。

ホテルの外壁や内装にはトドマツやカラマツ、タモなどの木がふんだんに使われ、地産地消をベースに北海道を身体で感じられるのが特徴です。

ハイシーズンは、宿泊料金が2~3万円の同ホテル。現在、道民を対象に2名朝食付き10,560円から提供しています。
客室は、木のぬくもりが感じられるナチュラルな空間に。レコードプレーヤーやスピーカーが置かれ、スピーカーには建物に使われたトドマツの端材が使用されています。

あえてテレビが置かれていないのは、「ゆったりと充実したホテルステイを満喫してほしいから」だそう。
そのほか、“ソースの名手”と呼ばれる石井 徹シェフによる北海道産の食材を使ったコースを満喫できたり、最上階のルーフトップから大通公園とテレビ塔を眺められたり…。宿泊中は、北海道や札幌を思う存分堪能できます。

札幌にいながら低価格で非日常を感じたいなら、今回紹介した道民・札幌市民向けのプランでホテルステイを楽しむのがおすすめですよ~。

ザ ロイヤルパーク キャンバス札幌大通公園
住所:札幌市中央区大通西1-12
電話番号:011-208-1555
Webサイト:https://www.the-royalpark.jp/canvas/sapporoodoripark/

*みんテレ10月26日OAのものです

市内なのに露天風呂がある「札幌グランベルホテル」

2021年4月にオープンした、すすきのの中心にある「札幌グランベルホテル」。温かな照明が親しみやすさを感じさせる、上品な雰囲気のホテルです。

高級感あふれる空間からは「宿泊費が高そう…」という印象を受けますが、道民であれば通常13,000円のところを最大55%オフの6,000円から宿泊できるんだとか。

しかも和洋40種類の朝食ビュッフェ付きで、ホテルの2階にある実乃里&カフェにて素材にこだわった料理をリーズナブルに楽しめます。
また、割引率の高さ以外にも注目ポイントが…。

最上階へ足を運ぶと、広々とした大浴場と露天風呂が用意されているんです。

札幌の市内中心部で露天風呂を楽しめるなんて、かなり珍しいですよね…!解放感が抜群で、運が良ければ星空が見えるそうですよ~。

札幌グランベルホテル
住所:札幌市中央区南3条西8丁目10-1
電話番号:011-522-5541
Webサイト:granbellhotel.jp/sapporo/
 

テーマは旅とミステリー「ランプライトブックスホテル札幌」

次に紹介するのが、2021年6月にオープンした「ランプライトブックスホテル札幌」です。テーマは旅とミステリーで、24時間いつでも本を読めたり、札幌の人気コーヒー店“森彦”のスイーツとコーヒーを楽しめたりします。

スタンダードダブルルームの料金は、通常ハイシーズンであれば18,500円。ですが道民であれば、日によっては2名1室4,680円になるんだとか。

1人あたり2,000円台という安さなら、週末にふらっと宿泊するのも抵抗感がないですね。
同ホテルのテーマである“本と旅”は「本を読むことと旅をすることは似ている。いつもとは違うところに泊まり、本の世界に入り込むことで非日常を感じてもらいたい」という理由からきているそう。

客室にはリクライニングソファや読書専用ライトがあり、本好きにはたまらない設備が揃っています。追加で990円支払えば、カフェ風のおしゃれな朝食セットも付いてきますよ~。

ランプライトブックスホテル札幌
住所:札幌市中央区南2条西7丁目5-1
電話番号:011-218-1511
Webサイト:https://www.lamplightbookshotel.com/sapporo/

国内初!木造ハイブリッド「ザ ロイヤルパーク キャンバス札幌大通公園」

最後に紹介するのが、2021年10月1日に開業したばかりの「ザ ロイヤルパーク キャンバス札幌大通公園」です。国内初の“木造ハイブリッドホテル”で、1~8階までが鉄筋コンクリート、9~11階が純木造の設計となっています。

ホテルの外壁や内装にはトドマツやカラマツ、タモなどの木がふんだんに使われ、地産地消をベースに北海道を身体で感じられるのが特徴です。

ハイシーズンは、宿泊料金が2~3万円の同ホテル。現在、道民を対象に2名朝食付き10,560円から提供しています。
客室は、木のぬくもりが感じられるナチュラルな空間に。レコードプレーヤーやスピーカーが置かれ、スピーカーには建物に使われたトドマツの端材が使用されています。

あえてテレビが置かれていないのは、「ゆったりと充実したホテルステイを満喫してほしいから」だそう。
そのほか、“ソースの名手”と呼ばれる石井 徹シェフによる北海道産の食材を使ったコースを満喫できたり、最上階のルーフトップから大通公園とテレビ塔を眺められたり…。宿泊中は、北海道や札幌を思う存分堪能できます。

札幌にいながら低価格で非日常を感じたいなら、今回紹介した道民・札幌市民向けのプランでホテルステイを楽しむのがおすすめですよ~。

ザ ロイヤルパーク キャンバス札幌大通公園
住所:札幌市中央区大通西1-12
電話番号:011-208-1555
Webサイト:https://www.the-royalpark.jp/canvas/sapporoodoripark/

*みんテレ10月26日OAのものです

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

RELATED WORDS 関連ワード

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。