2021.10.22

メディア

内緒にしたいコスパ最高“鮮魚店”…刺身が激安 SNSで話題!いくら・ウニも?サンマも?

みんテレ

スーパーの鮮魚コーナーへ行くと感じるのが「今年は海鮮の値段が高い…」ということ。2021年は、海鮮の高騰に苦しんだご家庭も多いのではないでしょうか?

そこで、海鮮を安く購入したい人におすすめのお店が札幌・東区の「一和鮮魚店」です。ほかにはない激安価格が売りで、インスタグラムを中心に今注目を集めています。

今回は、そんな一和鮮魚店のおすすめメニューを驚きの値段と一緒にお伝えしているので、おいしくて豪華なお魚料理を楽しみたい人は要チェックですよ~。

値上がりが著しいサンマも取材日はなんと“30尾で3,000円”

「安くて、新鮮で、うまい」という評判から、インスタグラムのフォロワーが急増中の一和鮮魚店。木島和哉店長に、どのような商品が提供されているのかお話を聞きました。

一つ目が、この日1ケース30尾入り3,000円の「刺身用 生サンマ」。サンマといえば値上がりが著しい魚介の一つですが、同店では1尾あたり100円という安さ。

さらに、不作で高騰しているさんまに対して、豊漁の「刺身用真イワシ」は1ケース50尾入りで1,000円とのこと。1匹あたり約20円なんて、まさに破格の安さですね…!
ここまで安い値段で提供している理由について、木島店長は「普段食べ慣れている魚が今年は高いので、できる限り安く食べてもらいたいと思った」と語ります。

秋口のイワシは脂がのっていておいしいため、旬の味を楽しむなら今がチャンスかもしれませんね。

「店長イケメンだね」の一声で生筋子が割引!

また、店長・木島さんによる遊び心満載なサービスも。通常であれば100gあたり880円の生筋子が、「店長イケメンだね」と声をかけると599円に割引してくれます。

この日インスタグラムで特売の情報を見て来店したお客さんたちは、次々と「店長イケメンだね」と声をかけて和やかな雰囲気でした。また、この生筋子はほぐしてから渡してくれるので、自宅での調理が楽なんだとか。
そのほか、今が旬の「ブリ」は、しゃぶしゃぶにしてとろける食感を味わうのがおすすめとのこと。大きいサイズのぶりを仕入れた際は、隠れメニューとして頭を販売することもあるそうですよ。

豪華なお寿司や刺身もリーズナブルな価格

さらにこの日は、300gあたり500円の「真だち」や、通常であれば5,000~6,000円する「生ウニ」が2,500円で販売されるなど、注目の商品がたくさんありました。ウニは赤潮の影響で高騰しているので、うれしい価格設定ですね。

いろいろな種類の海鮮を味わいたい人は、本マグロや活ホッキ、カニなど豪華なネタが詰め込まれた「特上寿司(10貫入り)」1,380円や、お刺身の詰め合わせ「気まぐれ盛り」1,000円もおすすめですよ~。
「北海道の海鮮をもっと知ってもらいたい」という想いから独立し、低価格での販売を実現している木島店長。安くておいしいのはもちろん、店長の遊び心あるサービスや活気のあるお店の雰囲気も見どころです。

お店のお得な情報はインスタグラムで更新されるので、豪華な海鮮で食卓を華やかにしたい人は必見ですよ~!

一和鮮魚店
住所:札幌市東区北39条東7丁目1-15 7丁目ビル
営業時間:午前10時~午後8時 ※火曜日・日曜日は午後6時まで
定休日:水曜日
電話番号:011-214-1136
Instagram:一和鮮魚店

*みんテレ10月19日OAのものです

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
 

値上がりが著しいサンマも取材日はなんと“30尾で3,000円”

「安くて、新鮮で、うまい」という評判から、インスタグラムのフォロワーが急増中の一和鮮魚店。木島和哉店長に、どのような商品が提供されているのかお話を聞きました。

一つ目が、この日1ケース30尾入り3,000円の「刺身用 生サンマ」。サンマといえば値上がりが著しい魚介の一つですが、同店では1尾あたり100円という安さ。

さらに、不作で高騰しているさんまに対して、豊漁の「刺身用真イワシ」は1ケース50尾入りで1,000円とのこと。1匹あたり約20円なんて、まさに破格の安さですね…!
ここまで安い値段で提供している理由について、木島店長は「普段食べ慣れている魚が今年は高いので、できる限り安く食べてもらいたいと思った」と語ります。

秋口のイワシは脂がのっていておいしいため、旬の味を楽しむなら今がチャンスかもしれませんね。

「店長イケメンだね」の一声で生筋子が割引!

また、店長・木島さんによる遊び心満載なサービスも。通常であれば100gあたり880円の生筋子が、「店長イケメンだね」と声をかけると599円に割引してくれます。

この日インスタグラムで特売の情報を見て来店したお客さんたちは、次々と「店長イケメンだね」と声をかけて和やかな雰囲気でした。また、この生筋子はほぐしてから渡してくれるので、自宅での調理が楽なんだとか。
そのほか、今が旬の「ブリ」は、しゃぶしゃぶにしてとろける食感を味わうのがおすすめとのこと。大きいサイズのぶりを仕入れた際は、隠れメニューとして頭を販売することもあるそうですよ。

豪華なお寿司や刺身もリーズナブルな価格

さらにこの日は、300gあたり500円の「真だち」や、通常であれば5,000~6,000円する「生ウニ」が2,500円で販売されるなど、注目の商品がたくさんありました。ウニは赤潮の影響で高騰しているので、うれしい価格設定ですね。

いろいろな種類の海鮮を味わいたい人は、本マグロや活ホッキ、カニなど豪華なネタが詰め込まれた「特上寿司(10貫入り)」1,380円や、お刺身の詰め合わせ「気まぐれ盛り」1,000円もおすすめですよ~。
「北海道の海鮮をもっと知ってもらいたい」という想いから独立し、低価格での販売を実現している木島店長。安くておいしいのはもちろん、店長の遊び心あるサービスや活気のあるお店の雰囲気も見どころです。

お店のお得な情報はインスタグラムで更新されるので、豪華な海鮮で食卓を華やかにしたい人は必見ですよ~!

一和鮮魚店
住所:札幌市東区北39条東7丁目1-15 7丁目ビル
営業時間:午前10時~午後8時 ※火曜日・日曜日は午後6時まで
定休日:水曜日
電話番号:011-214-1136
Instagram:一和鮮魚店

*みんテレ10月19日OAのものです

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
 

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

RELATED WORDS 関連ワード

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。