2021.10.20

メディア

札幌から東京五輪に選ばれたパン!連日大行列の“サンドリア”とのコラボも

みんテレ

札幌市は北区に店舗を構えるパン屋さん「Vertclair (ヴェールクレール)」

Vertclairの意味は日本語で「若葉色」。「初心を忘れずいつまでも新鮮な気持ちで仕事に取り組みたい」というオーナー・辻友和さんの想いが込められています。

”老若男女問わず楽しめる”がコンセプトの「こだわりぬいたパン」をご紹介しますよー!

7種の道産小麦&生クリームを使用「ヴェールクレール 食パン」(1斤 259円)

初めにご紹介するのが「ヴェールクレール 食パン」(1斤 259円)

使用している小麦の種類は「7種類」。全て道産のものを使っています。互いの長所を引き立てあい、小麦本来の甘味や旨味を感じられる”ここ”にしかない一品。

また、「体への優しさ」を考え製法にもこだわりが。
食パンを作る際に通常用いられるマーガリンやショートニングの代わりに、豊富町生クリームを使用しています。
水分をより多く加えられるので、パン自体の”しっとり&モチモチ食感”がUP!

また、ごはんとはちみつを使った「ごはん食パン」(1斤 302円)もありますよ~
ごはん自体の旨味・はちみつの自然な甘味を楽しんでくださいね!

従来とは異なる”こだわりの製法”「バターメロンパン」(194円)

小さなころからの大定番「バターメロンパン」(194円)
「おなじみのパンを本来やらない製法で」というこだわりがあるオーナー・辻友和さん。
見た目は”従来のメロンパン”ですが、製法や使う材料にヴェールクレールならではの工夫が施されています。

生地をこねる際の材料が「3つ」もあるんです。
1つ目は「湯だね」。お湯で小麦粉をといて一晩寝かせたもので、モチモチしっとり食感をUPさせてくれます。
2つ目は「ローメン」と呼ばれる生地。生地を一晩以上寝かせたのもので、入れることにより熟成度が更に増すとのこと。
最後は「天然酵母」。湯で溶いた小麦に酵母を混ぜて作ります。小麦の本来の風味を際立たせる縁の下の力持ちの存在。

また、クッキー生地に従来より多めのバターを使用しています。
砂糖・卵を加えて作りますが、バターの比率が多くを占めることでコクが生まれ、日にちが経っても表面はパリパリサクサクなんですよ!

料理人たちが認めた!ジャンルを超えた「コラボレーション」

オーナー・辻さんのこだわりがつまったヴェールクレールのパン達。

高い評価を得ているのは「お客さん」のみならず「料理人の方々」からも!

行列ができるサンドイッチ専門店「サンドリア」へヴェールクレールの”コッペパン”を目玉商品用に提供。「もっちりで香ばしく風味がいい、そして大きいのに軽い」とサンドリア札幌の社長・津田哲平さんは、ヴェールクレールのコッペパンを高く評価しています。

他にも串揚げ店へ「食パン」をカツサンド&ハニートースト用に提供したり、イタリアンのシェフとタッグを組んだ「フォカッチャ」などが”東京オリンピック”の公式ケータリングに選ばれたりと幅広い活躍を見せています。

「自分の作ったパンに他の料理人さんが手を加えてまったく別なメニューとして
でてくるのがわくわくする」というオーナー・辻さん。
コラボレーションを通して、「自身の技術向上」と「食べ飽きないパン作り」を求めている姿には圧巻ですね。

「優しいパン作りで多くの人を笑顔に」オーナー・辻さんの想いとは

有名パン屋さん・ボストンベイクで20年間働かれていたオーナー・辻さん。

「できるだけ体に優しいパン作りをして、より多くのみなさんが
幸せになれるようなパンを作りたい」と想いを語ってくれました。

老若男女問わず一人でも多くのお客さんに”笑顔”を届けたいという素敵な気持ちが伝わてきますね。

常に初心を忘れず、熱い探求心の下でパンを作り続ける”ヴェールクレール”、これからの更なる活躍に目が離せません。

「Vertclair (ヴェールクレール)」
住所:札幌市北区新琴似1条2丁目10-15
営業時間:午前10時~午後6時
定休日:ナシ
TEL:011-557-6802

*みんテレ10月7日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

 

7種の道産小麦&生クリームを使用「ヴェールクレール 食パン」(1斤 259円)

初めにご紹介するのが「ヴェールクレール 食パン」(1斤 259円)

使用している小麦の種類は「7種類」。全て道産のものを使っています。互いの長所を引き立てあい、小麦本来の甘味や旨味を感じられる”ここ”にしかない一品。

また、「体への優しさ」を考え製法にもこだわりが。
食パンを作る際に通常用いられるマーガリンやショートニングの代わりに、豊富町生クリームを使用しています。
水分をより多く加えられるので、パン自体の”しっとり&モチモチ食感”がUP!

また、ごはんとはちみつを使った「ごはん食パン」(1斤 302円)もありますよ~
ごはん自体の旨味・はちみつの自然な甘味を楽しんでくださいね!

従来とは異なる”こだわりの製法”「バターメロンパン」(194円)

小さなころからの大定番「バターメロンパン」(194円)
「おなじみのパンを本来やらない製法で」というこだわりがあるオーナー・辻友和さん。
見た目は”従来のメロンパン”ですが、製法や使う材料にヴェールクレールならではの工夫が施されています。

生地をこねる際の材料が「3つ」もあるんです。
1つ目は「湯だね」。お湯で小麦粉をといて一晩寝かせたもので、モチモチしっとり食感をUPさせてくれます。
2つ目は「ローメン」と呼ばれる生地。生地を一晩以上寝かせたのもので、入れることにより熟成度が更に増すとのこと。
最後は「天然酵母」。湯で溶いた小麦に酵母を混ぜて作ります。小麦の本来の風味を際立たせる縁の下の力持ちの存在。

また、クッキー生地に従来より多めのバターを使用しています。
砂糖・卵を加えて作りますが、バターの比率が多くを占めることでコクが生まれ、日にちが経っても表面はパリパリサクサクなんですよ!

料理人たちが認めた!ジャンルを超えた「コラボレーション」

オーナー・辻さんのこだわりがつまったヴェールクレールのパン達。

高い評価を得ているのは「お客さん」のみならず「料理人の方々」からも!

行列ができるサンドイッチ専門店「サンドリア」へヴェールクレールの”コッペパン”を目玉商品用に提供。「もっちりで香ばしく風味がいい、そして大きいのに軽い」とサンドリア札幌の社長・津田哲平さんは、ヴェールクレールのコッペパンを高く評価しています。

他にも串揚げ店へ「食パン」をカツサンド&ハニートースト用に提供したり、イタリアンのシェフとタッグを組んだ「フォカッチャ」などが”東京オリンピック”の公式ケータリングに選ばれたりと幅広い活躍を見せています。

「自分の作ったパンに他の料理人さんが手を加えてまったく別なメニューとして
でてくるのがわくわくする」というオーナー・辻さん。
コラボレーションを通して、「自身の技術向上」と「食べ飽きないパン作り」を求めている姿には圧巻ですね。

「優しいパン作りで多くの人を笑顔に」オーナー・辻さんの想いとは

有名パン屋さん・ボストンベイクで20年間働かれていたオーナー・辻さん。

「できるだけ体に優しいパン作りをして、より多くのみなさんが
幸せになれるようなパンを作りたい」と想いを語ってくれました。

老若男女問わず一人でも多くのお客さんに”笑顔”を届けたいという素敵な気持ちが伝わてきますね。

常に初心を忘れず、熱い探求心の下でパンを作り続ける”ヴェールクレール”、これからの更なる活躍に目が離せません。

「Vertclair (ヴェールクレール)」
住所:札幌市北区新琴似1条2丁目10-15
営業時間:午前10時~午後6時
定休日:ナシ
TEL:011-557-6802

*みんテレ10月7日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

 

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

RELATED WORDS 関連ワード

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。