2021.10.13

メディア

【2021年度上半期 SASARU人気記事 5選】1位 "高級じゃない"127円のマリトッツォ"

SASARU編集部

2021年度 上半期4月から9月までの間にSASARUで『最もページビュー数が伸びた記事』を改めてランキング形式でご紹介!
人気となった1位は、マリトッツォでした。
7月25日に公開の「127円のマリトッツォ “高級じゃない”美味しい話題のマリトッツォお手軽スイーツ」
春頃から札幌でも続々と見かけるようになったマリトッツォ。高級菓子屋さん、パン屋さん、北海道有名菓子メーカー…いろいろなところでマリトッツォが話題でしたが、、記事で人気だったのは、、、袋パンのマリトッツォの最新情報でした!
「安くておいしい」スーパーのマリトッツォはもう食べてみましたか?

人気記事とともに2021年の上半期を振り返ってみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世間で話題となっている「マリトッツォ」。
少しお高めでご褒美のイメージが強いスイーツですが、実は、お手軽に買えるマリトッツォがあるんです。手軽にお得に楽しむコスパ抜群のマリトッツォを紹介します。

200円台からのマリトッツォを販売しているのは、コープさっぽろ しんことに店です。毎朝店内で1つ1つ手作りしているというマリトッツォは、5月から販売を開始。
販売後は大きな反響を呼び、多いときで1日50個も売れるといいます。

店長によると「マリトッツォはアレンジがきくので、販売しやすい形態・提供しやすい価格で作っている」そう。コープのベーカリー部門で1か月に1万個も売り上げる人気商品です。

『マリトッツォ ティラミス風 214円』

洋菓子店などのマリトッツォは400円前後ですが、コープさっぽろでは214円~。約半額で買えるなら、ご褒美といわず日ごろから食べたくなってしまいますよね。

コープさっぽろ しんことに店
住所:札幌市北区新琴似1条12丁目

100円台!袋パンのマリトッツォ

話題のマリトッツォは、いまやドラッグストアでも購入可能です。ツルハドラッグ 新道元町店の菓子パンコーナーには、袋パンのマリトッツォが山積みされています。

その値段は、なんと127円! 主に女性の方が多く買われていくそうですが「年代を問わず話題の品として買っていく」ことも多いんですって。

マリトッツォはより身近なスイーツに

話題のスイーツ「マリトッツォ」。100円台・200円台で購入できるなら気軽に食べられますよね。

今まではご褒美スイーツのイメージが強かったマリトッツォも、今後はより身近なスイーツとなっていきそうです。

ツルハドラッグ 新道元町店
住所:札幌市東区北26条東21丁目

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)
200円台からのマリトッツォを販売しているのは、コープさっぽろ しんことに店です。毎朝店内で1つ1つ手作りしているというマリトッツォは、5月から販売を開始。

『マリトッツォ ティラミス風 214円』

販売後は大きな反響を呼び、多いときで1日50個も売れるといいます。

店長によると「マリトッツォはアレンジがきくので、販売しやすい形態・提供しやすい価格で作っている」そう。コープのベーカリー部門で1か月に1万個も売り上げる人気商品です。
洋菓子店などのマリトッツォは400円前後ですが、コープさっぽろでは214円~。約半額で買えるなら、ご褒美といわず日ごろから食べたくなってしまいますよね。

コープさっぽろ しんことに店
住所:札幌市北区新琴似1条12丁目

100円台!袋パンのマリトッツォ

話題のマリトッツォは、いまやドラッグストアでも購入可能です。ツルハドラッグ 新道元町店の菓子パンコーナーには、袋パンのマリトッツォが山積みされています。

その値段は、なんと127円! 主に女性の方が多く買われていくそうですが「年代を問わず話題の品として買っていく」ことも多いんですって。

マリトッツォはより身近なスイーツに

話題のスイーツ「マリトッツォ」。100円台・200円台で購入できるなら気軽に食べられますよね。

今まではご褒美スイーツのイメージが強かったマリトッツォも、今後はより身近なスイーツとなっていきそうです。

ツルハドラッグ 新道元町店
住所:札幌市東区北26条東21丁目

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

SASARU編集部

2019年初夏に誕生した「SASARU」編集部では北海道民や北海道外に住む道産子、北海道が大好きな方…多くの人の心に刺さる北海道の話題や、つい押ささってしまう情報を集めています。編集部では、読んでくれる皆さんの日常生活に「SASARU」が染み入るように、日々企画を考え取材をしています。 読まさる記事、見ささる記事が、皆さんの心にささりますように。