2021.9.13

メディア

コスパ最強 常連ばかり "地域に愛される蕎麦の名店"平日でも行列必至「鴨せいろ」

みんテレ

ただ知名度が高いだけでなく、本当においしいグルメで満足したいなら「地域に愛されるお店」を狙うのがコツです。

そこで今回みんテレ取材班は、地域の人々から愛される絶品そば屋「さくら 平岡本店」と、コスパ最強食堂「あずま亭」の2店舗を取材しました!

どちらも長年通う常連さんが多いお店なので、味の信頼度は抜群ですよ~。

不動の一番人気メニュー!絶品そば屋の「鴨せいろそば」

はじめに紹介する名店が、2005年に創業した清田区の手打ちそば屋「さくら 平岡本店」です。平日でも行列必至の人気店なんですよ。

そんなさくらで、不動の人気を獲得しているメニューが「鴨せいろそば」です。もちもちとして腹持ちがよく、太目の縮れ麺がおつゆによく絡みます。

このもちもちとした麺には、幻のそば粉と呼ばれる「奈川」が使われているんですって。
具材には滝川産の合鴨が使用され、赤身と脂身のバランスがほどよいのがポイントです。おつゆを味わってみると、カモの旨味がぎゅっと濃縮されているのが感じられました。

さくらの鴨せいろそばは、素材に徹底的にこだわっているのが魅力。この鴨せいろそばを味わうために、週2回ほど来店する常連さんもいるんですよ~。
そのほかのメニューでは、「カレーそば」や「豚肉山菜そば」なども人気を集めています。

特にカレーそばは、カツオだしの強い風味がクセになるおいしさ!中辛より少し甘めのルーがそばにしっかりと絡まり、抜群の満足感です。

味はもちろんのこと、ログハウスの温かみのある雰囲気もさくらが多くの人に愛される理由なので、ほっと落ち着く時間を過ごしたい方はきっと気に入るはず!

さくら 平岡本店

住所:札幌市清田区平岡公園東1丁目12-5
営業時間:午前11時~午後8時30分
電話番号: 011-882-8131
Webサイト:http://soba-sakura.com/index.html

麺とご飯の両方を味わえる!コスパ最強食堂の「ダブル中華焼きみそ麺」

次に紹介するのが、1989年に創業した東区の食堂「あずま亭」。昼時は満席のことが多い、常連さんが集まる老舗店です。

あずま亭では常連さんの要望を聞きながら、今まで約150種類のメニューを生み出してきました。そのなかでも特に人気のメニューが、見た目のインパクトが強い「ダブル中華焼きみそ麺」です。

ひき肉や野菜が入ったみそあんかけの下には、ご飯と麺が両方入っています。なんだかユニーク…!

この見た目のインパクトの強さから、最初は敬遠するお客さんも少なくないそう。ですが一度食べると虜になり、今では口コミでかなりの来店客を呼び込んでいます。
そのほか、フライパンで表面をパリッと焼き上げた「ジャンボチキンカツ」や、
洋食と中華の豪華な組み合わせの、「オムライスラーメンランチ」もあずま亭の目玉メニューです。オムライスには特製のケチャップ、ラーメンには自家製のたれが使われています。

オムライスとラーメンの両方が同時に味わえるなんて、これはお腹を空かせてから来店するのがよさそうですね…!

ほかでは出会えないユニークでコスパ抜群なグルメを味わうなら、あずま亭は確実に押さえておきたい名店でしょう。

あずま亭

住所:札幌市東区北45条東16丁目1-8
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~午後9時30分
電話番号: 011-785-3355
Webサイト:https://restaurant-azumatei.webnode.jp/

*みんテレ9月2日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

 

不動の一番人気メニュー!絶品そば屋の「鴨せいろそば」

はじめに紹介する名店が、2005年に創業した清田区の手打ちそば屋「さくら 平岡本店」です。平日でも行列必至の人気店なんですよ。

そんなさくらで、不動の人気を獲得しているメニューが「鴨せいろそば」です。もちもちとして腹持ちがよく、太目の縮れ麺がおつゆによく絡みます。

このもちもちとした麺には、幻のそば粉と呼ばれる「奈川」が使われているんですって。
具材には滝川産の合鴨が使用され、赤身と脂身のバランスがほどよいのがポイントです。おつゆを味わってみると、カモの旨味がぎゅっと濃縮されているのが感じられました。

さくらの鴨せいろそばは、素材に徹底的にこだわっているのが魅力。この鴨せいろそばを味わうために、週2回ほど来店する常連さんもいるんですよ~。
そのほかのメニューでは、「カレーそば」や「豚肉山菜そば」なども人気を集めています。

特にカレーそばは、カツオだしの強い風味がクセになるおいしさ!中辛より少し甘めのルーがそばにしっかりと絡まり、抜群の満足感です。

味はもちろんのこと、ログハウスの温かみのある雰囲気もさくらが多くの人に愛される理由なので、ほっと落ち着く時間を過ごしたい方はきっと気に入るはず!

さくら 平岡本店

住所:札幌市清田区平岡公園東1丁目12-5
営業時間:午前11時~午後8時30分
電話番号: 011-882-8131
Webサイト:http://soba-sakura.com/index.html

麺とご飯の両方を味わえる!コスパ最強食堂の「ダブル中華焼きみそ麺」

次に紹介するのが、1989年に創業した東区の食堂「あずま亭」。昼時は満席のことが多い、常連さんが集まる老舗店です。

あずま亭では常連さんの要望を聞きながら、今まで約150種類のメニューを生み出してきました。そのなかでも特に人気のメニューが、見た目のインパクトが強い「ダブル中華焼きみそ麺」です。

ひき肉や野菜が入ったみそあんかけの下には、ご飯と麺が両方入っています。なんだかユニーク…!

この見た目のインパクトの強さから、最初は敬遠するお客さんも少なくないそう。ですが一度食べると虜になり、今では口コミでかなりの来店客を呼び込んでいます。
そのほか、フライパンで表面をパリッと焼き上げた「ジャンボチキンカツ」や、
洋食と中華の豪華な組み合わせの、「オムライスラーメンランチ」もあずま亭の目玉メニューです。オムライスには特製のケチャップ、ラーメンには自家製のたれが使われています。

オムライスとラーメンの両方が同時に味わえるなんて、これはお腹を空かせてから来店するのがよさそうですね…!

ほかでは出会えないユニークでコスパ抜群なグルメを味わうなら、あずま亭は確実に押さえておきたい名店でしょう。

あずま亭

住所:札幌市東区北45条東16丁目1-8
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~午後9時30分
電話番号: 011-785-3355
Webサイト:https://restaurant-azumatei.webnode.jp/

*みんテレ9月2日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

 

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。