2021.6.22

メディア

罪悪感ないアイス "解決"おやつ問題"!道産食材&自宅にお届け「ヘルシーアイス」

みんテレ

「夕食前のおやつで子どもがご飯を食べない!」

あげなければぐずり、あげれば夕飯を食べられなくなり。「どうしたらいいの?」と、街でもお母さんたちから悩みの声があがっています。

札幌に住む萩原さんも、同じく子どものおやつ問題に悩んでいた1人。東京から移住してきた萩原さんは北海道の食材に可能性を感じ、親も子もご飯前にご機嫌に過ごせるアイス『Pocco』を開発しました。

1年半かけて研究・開発『Pocco』


『Pocco 980円(送料360円 税別)』

萩原さんが開発した『Pocco』は、1本20グラム・11~12カロリーのアイス。低カロリーなことから、夕飯前に食べてもおなかがいっぱいにならないアイスなんですって。

平たい棒状になっており、子どもでも食べやすそうです。
Poccoは常温のまま郵便ポストに届けられ、自宅で凍らせます。あわただしい毎日を送る親にとって、わざわざ買いに行ったり荷物を受け取る手間がないのは、ありがたいですよね。

3種類12本パックで、中身は季節によって変わるそうですよ。

Poccoのこだわり「道産素材&完全無添加」

Poccoのこだわりは、使用する素材と完全無添加。

北海道産の野菜・果汁のペーストやジュース・てんさい糖・レモン汁のみを使用して、アイスを作ったそうです。また「子どもが毎日食べてもいいように」という想いから、完全無添加で加工。子を持つ萩原さんだからこそのこだわりです。
実際にPoccoをあげている家庭にご飯への影響を伺ってみると、「特に感じたことはない」「(Poccoで食事の量は)減っていない」とのこと。子どもたちも喜んで食べてくれるため、罪悪感なくあげられるとお父さんお母さんも喜んでいました。

食品ロス削減にも貢献

先月から登場したストロベリー味は、浦河町で採れたイチゴを使用。規格外のものを使用することで、食品ロスの削減にも貢献しています。

さらに厚真町の農家から「観光農園を開けずハスカップが供給先を失っているんだけど、一緒に作りませんか?」とお声がけもあったそうです。

親なら一度は悩むであろう、夕飯前のおやつ問題。低カロリーでおなかいっぱいにならないPoccoは、新しい子どものおやつとして活躍してくれそうです。

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

1年半かけて研究・開発『Pocco』


『Pocco 980円(送料360円 税別)』

萩原さんが開発した『Pocco』は、1本20グラム・11~12カロリーのアイス。低カロリーなことから、夕飯前に食べてもおなかがいっぱいにならないアイスなんですって。

平たい棒状になっており、子どもでも食べやすそうです。
Poccoは常温のまま郵便ポストに届けられ、自宅で凍らせます。あわただしい毎日を送る親にとって、わざわざ買いに行ったり荷物を受け取る手間がないのは、ありがたいですよね。

3種類12本パックで、中身は季節によって変わるそうですよ。

Poccoのこだわり「道産素材&完全無添加」

Poccoのこだわりは、使用する素材と完全無添加。

北海道産の野菜・果汁のペーストやジュース・てんさい糖・レモン汁のみを使用して、アイスを作ったそうです。また「子どもが毎日食べてもいいように」という想いから、完全無添加で加工。子を持つ萩原さんだからこそのこだわりです。
実際にPoccoをあげている家庭にご飯への影響を伺ってみると、「特に感じたことはない」「(Poccoで食事の量は)減っていない」とのこと。子どもたちも喜んで食べてくれるため、罪悪感なくあげられるとお父さんお母さんも喜んでいました。

食品ロス削減にも貢献

先月から登場したストロベリー味は、浦河町で採れたイチゴを使用。規格外のものを使用することで、食品ロスの削減にも貢献しています。

さらに厚真町の農家から「観光農園を開けずハスカップが供給先を失っているんだけど、一緒に作りませんか?」とお声がけもあったそうです。

親なら一度は悩むであろう、夕飯前のおやつ問題。低カロリーでおなかいっぱいにならないPoccoは、新しい子どものおやつとして活躍してくれそうです。

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。