2021.2.13

メディア

激甘いちごのモンブランにキュン!幻の完熟いちご「よつぼし」のスイーツを札幌で

みんテレ

“幻の激甘完熟いちご”と呼ばれる『よつぼし』。北海道当別町の新名物ですが「すごく甘くておいしい」と話題に。当別町の道の駅では一度に10パックも購入する方がいるほど、大人気なのだそうです。
 
そんな“幻の激甘完熟いちご”ですが、実は札幌でもスイーツとして食べることができるんです。今回は『よつぼし』が“幻のいちご”と呼ばれる理由と、札幌で食べられるよつぼしスイーツを紹介します。

糖度20度超え!激甘な”幻のいちご”

よつぼしいちごとは、当別町の新しい名物です。とにかく甘いのが特徴で、その糖度は20度を超えるんだとか。
甘さの秘密は、完熟で収穫することなんだそうです。完熟だからこそ果肉はやわらかく、まるでジャムのよう。
 
甘くてやわらかいよつぼしいちごですが、収穫時点で完熟のため、傷みやすいのです。そのため流通量が少なく、”幻の激甘いちご”と呼ばれています。

札幌で食べられる“よつぼしスイーツ”

当別町の名物よつぼしいちごですが、実は札幌にあるカフェレストラン「果実倶楽部」でもスイーツとして味わうことができるんです。

こちらは『よつぼしイチゴのモンブラン(704円)』。パッと目を引くピンク色が特徴の、見た目にも可愛いスイーツです。ゴロンと乗った大粒のいちごはもちろん、モンブランの中にもいちごが入っています。
モンブランには、マスカルポーネとクリームチーズの2種類を使っているのだそう。濃厚な2種類のチーズが、よつぼしいちごのおいしさを引き立てます。
こちらは『果実生いちご大福(484円)』。真っ白でコロンとしたフォルムが美しいよつぼしスイーツです。
よつぼしは果肉が柔らかく、大福のもちもち食感ともマッチ!いちごのフレッシュさを存分に感じられますよ。

テイクアウトでも味わえる

幻の激甘完熟いちご「よつぼし」。当別町の名物ではありますが、札幌でも食べられるのはうれしいですよね。
今回紹介した2つのよつぼしスイーツは、テイクアウトも可能です。贅沢なおうち時間のお供として、ぜひ堪能してみてください。
 
果実倶楽部
住所:札幌市中央区南3条西3丁目もりにビル5F
TEL: 011-281-8185
営業:月、水~日 午後12時~午後10時
定休日:火

糖度20度超え!激甘な”幻のいちご”

よつぼしいちごとは、当別町の新しい名物です。とにかく甘いのが特徴で、その糖度は20度を超えるんだとか。
甘さの秘密は、完熟で収穫することなんだそうです。完熟だからこそ果肉はやわらかく、まるでジャムのよう。
 
甘くてやわらかいよつぼしいちごですが、収穫時点で完熟のため、傷みやすいのです。そのため流通量が少なく、”幻の激甘いちご”と呼ばれています。

札幌で食べられる“よつぼしスイーツ”

当別町の名物よつぼしいちごですが、実は札幌にあるカフェレストラン「果実倶楽部」でもスイーツとして味わうことができるんです。

こちらは『よつぼしイチゴのモンブラン(704円)』。パッと目を引くピンク色が特徴の、見た目にも可愛いスイーツです。ゴロンと乗った大粒のいちごはもちろん、モンブランの中にもいちごが入っています。
モンブランには、マスカルポーネとクリームチーズの2種類を使っているのだそう。濃厚な2種類のチーズが、よつぼしいちごのおいしさを引き立てます。
こちらは『果実生いちご大福(484円)』。真っ白でコロンとしたフォルムが美しいよつぼしスイーツです。
よつぼしは果肉が柔らかく、大福のもちもち食感ともマッチ!いちごのフレッシュさを存分に感じられますよ。

テイクアウトでも味わえる

幻の激甘完熟いちご「よつぼし」。当別町の名物ではありますが、札幌でも食べられるのはうれしいですよね。
今回紹介した2つのよつぼしスイーツは、テイクアウトも可能です。贅沢なおうち時間のお供として、ぜひ堪能してみてください。
 
果実倶楽部
住所:札幌市中央区南3条西3丁目もりにビル5F
TEL: 011-281-8185
営業:月、水~日 午後12時~午後10時
定休日:火

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。