ラーメンファンなら知らない人はいない! 札幌の激戦区で25年愛される名店「五丈原」

昔からのラーメンファンなら知らない人はいないというほどの名店「五丈原」。
札幌に人気店が続々誕生し、激戦区となった東屯田通で今もなお輝き続けていますが、実はラーメンのお供として定番となった「チャーシューおにぎり」の生みの親でもあるんです。そんな知られざる歴史と、人気の秘密に迫ります!

2019.9.3

五丈原といえば「とんしお」! 超有名店の知られざる秘密も明らかに…?

「札幌で初めて口にしたラーメンがここ」という廣岡アナ思い出の味があるのは、こちらの「五丈原」。人気店が続々誕生し、激戦区となった東屯田通で、今も尚輝き続けて25年。

店内には様々なメニューが並び、“ラーメン食べるぞ!”という気持ちにさせてくれます。
「五丈原」という店名について店長の東英俊(46)さんに伺ったところ、意外な話を聞くことができました。

東さん:「父にお店を始めると突然聞かされて、さらに“5分で名前を決めて”と言われたんです。当時中国の歴史(三国志)が好きで、本をパラパラとめくって指したところが“五丈原”だったのでそれが店名になりました。もしかしたら“楊貴妃”とかになっていたかもしれないですね(笑)」

よく知られている名店がこんな風に決まったと知り驚く2人。知られざる秘密を聞けたところで、早速自慢のラーメンをいただきます。
 
五丈原といえば“しお”といっても過言ではない、1日に100杯以上の注文があるこの店の看板メニュー「とんしおらーめん」。

先代とともに考案した自慢の豚骨スープと、トロトロのチャーシューに食欲がそそられます。まずは自慢のスープから…。
 
北川さん:「しおといっても透き通っているわけではないんですね!」
 
東さん:「(五丈原は)とんこつスープになっていて、みそ・しお・しょうゆが大体
同じ色なんですよ」
 
五丈原の白濁したスープはお父さんとの共同開発。香りよく深いコクを出す秘訣は、豚骨・豚足を2回沸騰させて洗ってから炊くという、丁寧な処理にあります。

東さん:「(沸騰させると臭みの元になる)灰汁がつくので丁寧に洗っているんです」
 
しっかり下処理をすることで、ここまで透明になるんです!

そして、処理された豚骨をたっぷり25時間、本炊きすることで、白濁した美しいスープが出来上がります。
 
東さん:「最初は骨の個体差・気温・季節が変わって、安定させるのが難しかった。毎回、顔(スープ)が違ったんですよ。でも炊く時間を変えて安定させましたね」
 
北川さん:「この麺の細さが丁度いい!硬さも良くてすごくスープに合いますね」
 
東さん:「旭川の“佐藤製麺”の麺を使用しています。旭川に住んでいたので、食べなれていたんです」

東さんは中学を卒業するとすぐに、すし店で修業。その後、お父さんと一緒に深川で出前専門のお寿司屋さんを開店しました。当時は深川でのシェアが70パーセントだったそうで…。
 
東さん:「最盛期で年商1億3000万円売り上げたんですけど、ある日父が出前に行って帰ってきたら“バスとぶつかった”といって、たんこぶつくって帰ってきて。“もう出前の時代じゃない”って言いだしたんです。そこからラーメンを始めたんですよね」
 
お父さんの一声でラーメン屋を始めましたが、丁寧に食材の処理を行うのは、寿司屋時代に学んだノウハウ。その経験が実を結び、名店へと成長させたんですね。

廣岡アナも「はじめまして」のラーメン! 新潟の名物ラーメンが札幌で人気に♪

それでは、廣岡アナが東さんおすすめのラーメンをいただきます♪

廣岡アナ:「これは“はじめまして”という顔してますよ!生の玉ねぎに岩のりがこんなにのっているラーメンは初めてです」
 
廣岡アナに出してくれたのは、新潟県のソウルフード燕三条らーめん。たくさん乗っている玉ねぎが特徴的で、今や「とんしお」に次ぐ人気メニューとなりました。
 
廣岡アナ:「しょうゆ・背脂・にぼしの香りが入り混じっていて、進みますね~。面も太麺で“このスープにはこの太麺なんだな”って、どっちも負けない味ですね」
 
「おいしそう~」と北川さんもスープを一口。

北川さん:「すごい和風な感じですね!すごい魚の香りが…でも臭くない!」
 
あまりのおいしさに語彙力が低下してしまう北川さん(笑)それほどの感動が詰まっているんですね。

ボリューム満点&チャーシューがゴロゴロ♪ 大人気メニュー「チャーシューおにぎり」

廣岡アナ:「(大学時代)いろんなご当地ラーメンが東京に進出してお店を持ち始めていたけれど、このお店だけは来ていなくて、“いつか札幌に行ったら絶対行くぞ”と思っていたんですよ。だから就職活動で札幌に来て、次の日面接なのに、いの一番で『五丈原』でラーメンを食べたんです!」
 
就活時代の思いを力説する廣岡アナが、必ず注文するメニュー。それが、1日200 個以上も売れるという「チャーシューおにぎり」。

この大人気メニューの誕生にはこんな裏話があるんです。
 
東さん:「母が、余ったチャーシューの端っこをご飯に混ぜてお客さんにサービスしてたんですけど、“俺にもほしい!”という声が多くなって、“これ売れるんだな!”と気付いてメニューになりました」
 
「ごはん一善より多い」というチャーシューおにぎり。「私が作るおにぎりの倍はある!」とそのボリュームに北川さんも驚きです。
 
廣岡アナ:「チャーシューが、かたまりでゴロゴロ入っている!チャーシューの歯ごたえと、ゴマのプチッとした感じが繰り返されて…たまらないですね!」
 

これまで人気の味を親子で作りあげてきた東さんが、今後について語ってくれました。
 
東さん:「いつも通り普通にお客様に喜んでもらえるものを提供したい。あと楽しく遊べるようにしたいです。急にメニューが降ってくることもあるので、そこも楽しんいでます」
 
新しい技術を融合させ、これからも進化する伝統の味を守り続けて下さいね。

★とんしお 700円
★燕三条らーめん 750円
★チャーシューおにぎり 170円
 
【らーめん五丈原】
住所:札幌市中央区南7条西8丁目1024
TEL:011-561-3656
営業時間:午前11時~翌3時
定休日:無休
 
(2019年8月15日放送「みんテレ」より)

Twitter Instagram
みんテレ   
Twitter Instagram
夕方の情報番組「みんテレ」です。月曜から金曜の午後3時50分~7時まで放送中!お得な情報、最新ニュース、スポーツ、芸能、気になる街のウワサまで、「いま知りたい」ことをお伝えする番組です。アポなし、台本なしで街ぶらする「明るい散歩」、地元で愛される名店の軌跡を辿る「キセキの食堂」など、人気コーナーで取り上げた情報をお届けします。
みんテレ

ライターからのお知らせ!

最近の投稿

メディア

海外でも販売!奇想天外のパン屋さん「しげぱん」

メディア

美容や二日酔いにも効果的♪ 十勝の新たな作物「落花生」のとれたてメシ!

メディア

理想のカツ丼?!ボリューム満点! 創業63年目の夫婦で営む定食屋「なかむら」