ウィークデーのおでかけはキマリ!門別競馬場グランシャリオナイター


提供写真:Sayuri hasegawa

カレンダーをめくり「もう1年の半分まで来てしまった!」という焦りと、かといって、なかなか遊びに行く場所が決まらない人はいませんか?そんな方に、ぜひともオススメしたいのが、門別競馬場のグランシャリオナイター!夜空の星をフィーチャーした、ナイトレースにぴったりの愛称で親しまれるホッカイドウ競馬は、4月中旬から11月上旬までのロングラン開催。競馬場とは思えない、ちょっと変わったグルメも味わえます。ウィークデーのおでかけは、毎週火・水・木を基本に、80日間全日程ナイターまで楽しめる人気のスポット、門別競馬場へhere we go~♪

2019.6.24

牧歌的な風景が続く日高道はドライブに最高♪

札幌市内から道央道~日高道経由で1時間半ほど。厚真ICを通過し、イモッペ川橋を過ぎたあたりから、馬たちがのんびりと草を食むファームビューが広がります。春から夏にかけて、かわいい仔馬たちが放牧されている様子も眺められますよ♪予約が必要ですが、札幌駅北口から無料シャトルバスも、開催全日運行しているので、遠足気分を味わいたい方はぜひ利用してみて(ほっとバス011-212-1170 予約は翌週分から)

門別競馬場に到着すると出迎えてくれるのが、ウェルカムポニーのマキちゃん。自称:馬を見る目がある筆者ですが、馬のなかでも特にマキちゃんは美人で、とってもフォトジェニック♪子どもたちにも大人気のアイドルホースです。馬には、人の心を癒すセラピー効果もあるそうですが、強面のおじさまも、マキちゃんを見ると思わずにっこりしちゃうのは、そのせいかしら?

名物のバケツジンギスカンを食べながら競馬観戦♪

知る人ぞ知る門別競馬場の名物といえば、バケツの上に鍋を置く独特のフォルムでおなじみの『とねっこジンギスカン』。とねっこ(当歳馬の意味)広場内のテーブル席や、コースがよく見えるサマーハウスなどで楽しめます(予約申し込み高柳商店01456-2-0073)。こちらのジンギスカン(野菜付き2~3人前2,800円)は、やわらかくてジューシーなラムを使い、ほどよい厚みがあって、食べごたえ十分♪

ほんのり甘い味付けでいくらでもイケちゃいますが、ジンギスカンは、道産子レディには定番のヘルシーメニュー。道産子以外のレディも、安心してたっぷり食べてくださいね!
ナイター競馬のよさのひとつは、競馬観戦をしながら、晩ごはんまで楽しめちゃうことでしょうか。ファミリーやカップルなど、人数を選ばず盛り上がれるのも、ジンギスカンのよさといえますね♪

また、ポラリス☆スタンド内「いずみ食堂」の手打ちそばも絶品!地元のホースマン(馬の仕事に携わる人たち)御用達の味は、1度食べたら忘れられないおいしさと大評判です。そのほかにも、カレー・アジアン料理のルンビニフードカフェが5月にオープンしました。敷地内では、本格ドリップコーヒーやミートパイ、ピザなどを提供するキッチンカー(不定期営業)もあって、小腹が空いたグルメさんにピッタリ。大きなレースのある時は、地場産の野菜や海産物、お土産なども並びます。門別競馬場に行く時は、おなかを空かせて向かうのがベターですよ♪

ビギナーさんもすぐに楽しめる「馬が近い!」パドックで大予想♪


提供写真:Sayuri hasegawa

競馬の楽しみ方のひとつは、馬のコンディションを見るパドックにあり。レース前の競走馬たちが、鍛え上げた馬体を輝かせて歩きます。門別競馬場のパドックは、馬の息づかいや、心の声まで感じてしまいそうな、馬と人との距離の近さが魅力!しばらく馬たちを眺めていると、時々、馬と目があったりして…「今日は調子がいいから応援してね」「えっ?」…そんな運命の馬に出合ってピンときたら、馬券を買って楽しんでみて♪買い方がわからない人は、ポラリス☆スタンドとAスタンドにあるインフォメーションへGO!丁寧にレクチャーしてくれますよ。

競馬を楽しむマストアイテムは「馬を応援する」気持ちと馬券!


提供写真:Sayuri hasegawa

門別競馬場は、距離にして1,000~2,000mまでのレースがあり、北海道が主催する地方競馬(ホッカイドウ競馬)です。外回りは1周1,600m、内回りは1,376mの、どちらも右回りのダート(砂)コース。競馬のなかでも力のいるダートレースは、重たそうな砂を巻き上げて疾走する馬たちの迫力がすごい!手をたたき、声をあげて馬たちに声援をおくってしまうほど、レースに引き込まれますよ。こうして見ている人に、熱い感動を届けてくれるのが競馬の神髄ですが、もちろん馬の応援はするけれど、どうしても馬券を当ててみたい!というビギナーさんは、ポラリス☆スタンドの巨大スクリーンで、予想の配信もしています。ぜひ参考にしてみて!

仕事帰りでも楽しめるグランシャリオナイター

ホッカイドウ競馬は午後2時30分頃から1レースが始まり、午後8時40分頃に最終レースが発走します。日没の少し前から、スタンドやコースにライトが灯り始め、競馬場とは思えない、ロマンティックな雰囲気に。欧風にデザインされたシェル型のポラリス☆スタンドは最後の直線、Aスタンドはゴール前がよく見えます。どちらも自由に行き来ができるので、好きな場所で観戦できますよ♪ナイター競馬は、日中は暑くても、夜になると思いのほか気温が下がります。風を通さないジャケットを1枚用意していくと安心ですよ。

門別競馬場のある富川やその周辺は『馬産地』と呼ばれる競走馬のふるさと。夜になると、馬たちが生まれた生産牧場や、トレーニングをする育成牧場などからホースマンも応援に駆けつけ、わが子同然の馬たちを励まし、活躍を祈る姿も。ちょっとしたおでかけだったのに、いつしかリピーターになっていた!という競馬女子は、そんな馬と人とのドラマを、熱いレースのなかにみつけた人たちなのかもしれませんね。地元の産業『馬産』を盛り上げ続けるホッカイドウ競馬。来週のおでかけは、仲良しさんと一緒に、門別競馬場グランシャリオナイターでキマリ♪

店舗情報

門別競馬場
住所:沙流郡日高町富川駒丘76番地1
開催期間:4月中旬~11月上旬
開催日:毎週火・水・木曜日(変動あり)
開場時間:午後2時頃~午後9時頃(午後8時40分頃最終レース)
電話:01456-2-4110
駐車場:1,000台(無料)
http://www.hokkaidokeiba.net/

(ライター・エッセイスト・放送作家 上坂由香)

上坂由香   
エディター
札幌市生まれ。中央競馬所属のトウショウシロッコに魅せられ、2007年から競馬を始める。馬に関する著述を各種媒体で行うほか、観光Webサイトのライターも手掛ける。2010年に引退したトウショウシロッコを引き取り、警視庁騎馬隊へ譲渡後、引退馬支援のボランティア活動を開始。第6回週刊Gallopエッセイ大賞受賞。

最近の投稿

グルメ

サツエキ界隈で子ども連れのママ会や女子会にピッタリ!スタンピーズ・カフェ&ダイニングバー

おでかけ&天気

ウィークデーのおでかけはキマリ!門別競馬場グランシャリオナイター

グルメ

◆ちょっとレア?海外のレシピで作ったパイとマフィンのお店THE LOCAL BAKE SHOP◆

ファッション&ビューティ

まるで地上に舞い降りた妖精!可憐な花冠とブーケで世界にひとつだけのハッピーウエディング

グルメ

『おひとり様でも入りやすい!住宅街にある憩いのオアシスMAYA CAFE』