豚丼だけではなかった!恵庭のミシュランガイドに輝く店のもう一つのこだわりは…"手打ちそば"

UHB「みんテレ」の人気コーナー「キセキの食堂」。
今回は、ラジオパーソナリティ北川久仁子さんと廣岡俊光アナウンサーが、恵庭市にある「空海」という豚丼の名店なのですが…実はもう一つの看板メニューが"おそば"なんです。

2019.5.10

北川さん:「わーっ!きれいなおそば。なでてあげちゃくなっちゃう」
廣岡アナ:「いい顔していますよ。最高です」

ん~食べたい。渡邊さんが打った”おそば”って、どんなおそばなのでしょう。

北川さん:「弾力、コシがあって、のど越しがいいこと!」

廣岡アナ:「ツルンとのどに落ちていく。香りが帰ってくる。噛み応えがありつつ、のど越しが良い。この二つは両立することが難しいと思うけど…。仕事人って感じの”(ファイターズの)田中賢介選手”みたいな、いい仕事していますよ」
「でも、なぜご主人、"豚丼"をやってて"おそば"にたどり着いたのですか?」

渡邊さん:「開店当時、豚丼が新聞などで取り上げられて、1日300食出るのが3カ月くらい続いたんですよ。でも、そのあと客足が伸び悩んで、行き詰ったんです。それでは良くないということで、なにかやらなければと…趣味で石臼を持っていたんですよ。」

渡邊さんは、その石臼を造ってくれた業者の紹介で、苫小牧のそばの名店で作り方を教えてもらって始めたそうです。

渡邊さん:「豚だったら、何人もの手を借りなければいいものは出来ないが、そばは、そばからウチで仕入れ、全て自分でやって提供できるのもあって、やりがいがあった。」

仕入れているそばの品種は、浦臼産の牡丹そば。栽培が難しく、収量性が低いこともあり、今や北海道では、ほとんど作られていない、幻のそばと呼ばれています。

渡邊店主:「本当の牡丹そばというのは、おいしくて、できれば牡丹そばだけで続けていきたい。

JAピンネ 山田亮太さん:「多品種に比べると味や香りが、とても優れているといわれています。道内外の生そば屋さんから高い評価をいただいているので、これからもこだわって作っていきたいと思っています。

(Q:空海で「牡丹そばを」使ってもらっていることをどう思いますか?)

JAピンネ 山田さん:「牡丹そばの特徴である味や香りを、最大限にいかしたそばを提供してくださっている印象があるのでとても感謝しています。お互いこだわりを持っている者同士、これからも牡丹そばを盛り上げていけたらと思います。」

渡邊さん:「食べ物は、どんなものでも鮮度が大事。寝かせておいしくなるものもあるが…」

だから、店が休みの日に1日かけて、そばの実を石臼で挽いて、1週間分を自家製紛します。

渡邊さん:「そばは、1日1日、打った時の状態が違う。誰に言わせても、納得するそばはできたことがないというんですけど、全部違いますね。1日3回打ったら3回とも違うし、ちょっとの水加減で違うし、それがまた虜になるんです。」

そばは毎朝、その日に使う100食以上を打ちます。そばの香りと甘味を引き出すため、そばの全粒粉を多めに道産の小麦粉を極力少なめに混ぜて仕上げます。

渡邊店主の妻:「仕事バカというか、すごく打ち込む方なので…」

渡邊さん:「自分が好きなことをやっていたら、何時間でもやっていられる。趣味もそうですよね。できるんです。全然苦にならないでやれます。ただ、あとはやっぱり体がいつまで続くかですよね。けっこう歳ですしね。」

廣岡アナ:「そこで今は、息子(豪人)さんが手伝われているということで」

渡邊さん:「私はそろそろ(引退)ですね。」

渡邊店主の妻 洋子さん:「いつまでというかね。(北川さん:「でも食べさせてください」)そういう励ましの言葉をいただきながらいろんなことで元気をいただいて、やらせていただいています。」

廣岡アナ:「これからも長く、豚丼とそばをいただければと思います。」

これからも空海の豚丼とそばの二枚看板が、ず~っと残っていきますよう~に!

<店舗情報>
【炭焼豚丼 石臼挽手打ちそば 空海】
住所)恵庭市島松寿町1丁目10-2
TEL)0123-37-1230
休)火曜日(月曜日はランチのみ)
ランチ営業)午前11時~午後2時30分
ディナー営業)午後5時~午後8時
  ★手打ち田舎そば もりそば(自家製粉)…¥730

(2019年5月7日放送「みんテレ」より)

Twitter Instagram
みんテレ   
Twitter Instagram
夕方の情報番組「みんテレ」です。月曜から金曜の午後3時50分~7時まで放送中!お得な情報、最新ニュース、スポーツ、芸能、気になる街のウワサまで、「いま知りたい」ことをお伝えする番組です。アポなし、台本なしで街ぶらする「明るい散歩」、地元で愛される名店の軌跡を辿る「キセキの食堂」など、人気コーナーで取り上げた情報をお届けします。
みんテレ

ライターからのお知らせ!

最近の投稿

メディア

北海道で感じるフランスの風!海の幸満載のブイヤベース登場 「銭函」エリア

メディア

常連さんに愛される「つぶこん」を味わう! 地元食材を大切にしたそば屋 「銭函」エリア

メディア

SNS映えしそう! ギャラリーカフェで味わう噂のチーズティー 「山の手」エリア

メディア

おにぎりパンに、揚げないカレーパン 個性的な店を次々と発見 「山の手」エリア

メディア

食欲UP 夏にぴったり! ラーメン激戦区で味わう台湾まぜそば 「南郷7丁目駅」エリア

メディア

嬉しい出会いからの"本格中華" テイクアウトもイートインも楽しめる!「南郷7丁目駅」エリア

メディア

ラーメン一筋38年 客好みの味に作り分ける夫婦で営む人気店【らーめん十倉(とくら)】

メディア

【営業は週2日限定】食べやすさと美味しさを追求 遊び心と優しさ溢れる手作りパン屋さん

メディア

自分に合った1冊が見つかる! 読書家のご主人が営む北欧カフェ 「藻岩下」エリア

メディア

香りたっぷり♪海老パスタがおいしい 住宅メーカーが手掛けるイタリアン 「藻岩下」エリア

グルメ

poroco福崎編集長オススメ! 「自由きままなひとりごはん」楽しめるお店3選

メディア

創業から42年 クセになる澄んだコク旨スープカレー 札幌市電通り沿いの名店「こうひいはうす」