2022.10.4

グルメ

今年は「白いクリスマスケーキ」がくる!絶対食べたい“大丸札幌店限定”スイーツ予約開始

SASARU編集部

10月4日、大丸札幌店でこの冬のクリスマスケーキが早くも発表されました。
2022年は「白いケーキ」というテーマに沿って、多数の白いケーキがラインナップ。これまでに紹介してきた人気スイーツ店から、注目の新店までなんと54ブランドが勢ぞろいしています。

SASARU編集部がお披露目会に駆けつけ、トレンドや気になるケーキのお味をリポート。
UHBの千須和 侑里子アナウンサーによる試食の様子もお届けしますよ〜!

今年のテーマは「白」!

2022年のクリスマスケーキについて紹介してくれたのは、開業当時よりさまざまな企画を行ってきたという、企画開発部門の兼八(かねはち)卓也さん。
「ケーキといえば、昔は真っ白なものが定番でした。そんな懐かしくて、“当たり前だからこそ難しい”というテーマに挑戦しました!」と話します。

白といっても、普通のショートケーキとは違う、こだわり抜いたケーキばかり。さっそく注目の「白いケーキ」を見ていきましょう〜!

〜話題の新店『暁(あかつき)パティスリー フルタ』〜

白いケーキでもまず注目したいのは、『暁(あかつき)パティスリー フルタ』です。この秋11月に長沼町にオープン予定の新ブランドで、あの『パティスリー フレール』でチーフをしていたパティシエ、古田浩真さんが独立して立ち上げました。
「相当自信がある」という「エンゼルスノーXmas 4,968円 (税込)」は、オブジェのような繊細な見た目で特別感たっぷり。

北海道産のマスカルポーネや生クリームでできた白いティラミスのケーキで、一口目から最後まで“真っ白”であることにこだわったんですって。
「予想していたよりも大人の味ですね! 洋梨のゴロゴロ感や、クッキーの生地もしっかり感じられて、とてもおいしいです」と千須和アナウンサーもにっこり。

〜新たなスイーツを生み出す『patisserie OKASHIGAKU』〜

2021年に「ケーキ缶」で全国的に話題を集めた『patisserie OKASHIGAKU』からは、缶ではなくホールのクリスマスケーキ「フロマージュ・クリュ 5,800円(税込)」が登場!
レアチーズのなめらかなムースと、さっぱりとしたレモンジュレ、それぞれの異なる甘みがほどよく調和しているフロマージュケーキです。

同ブランドでは素材の産地にも常にこだわっていて、こちらのケーキの乳製品は、すべて北海道産のものを使用しているそうですよ。

〜かわいさが詰まった2段ケーキ『夢を描くお菓子屋さん パレット』〜

続いての白いケーキは、『夢を描くお菓子屋さん パレット』の「エスポワール 6,480円 (税込)」。メルヘンな2段ケーキが有名なお店というだけあって、クリスマスケーキも2段スタイルで登場です!
同じ白色でも少しずつ濃淡がつけられ、さらにマカロンや星型の飾りでデコレーションされています。360度どこから見てもとにかくかわいいので、特にお子さんがいる家庭で喜ばれそう。

そして切ってみるとびっくり! なんと1つのケーキで2種類の味が楽しめるんです。
「切ったときにうれしい驚きがありますよね」と千須和アナウンサー。 これなら、「家族でケーキの味の好みが違う」というありがちな問題もうまく解決できちゃいますね。

2022年のクリスマスケーキ事情

もちろん白いケーキだけありません! 今年の大丸札幌店には、生ケーキ71点、冷凍ケーキ12点ものケーキが集結するそう。

生ケーキの中での最高額は、『パティスリージョネス』の「シャイニークリスマス 9,800円(税込)」。
端から端までびっしりとシャインマスカットが並び、まるで宝石箱のようですね。パーティーの主役になる華やかさで、食べるのがもったいなく感じてしまいそう〜。
「物価が高騰している時勢ですが、今回は価格を無理に抑えようとするのではなく、ブランドの世界観を表現したものを作って欲しい」と各ブランドへお願いしたという兼八さん。
そうして揃ったケーキは、平均価格が4,600円で、直径約13センチ程度の小ぶりなものが多いラインナップとなりました。

物価が高騰しているから値上げするのではなく、こだわったからこその価格…。素材や見た目の隅々までこだわり抜いたケーキは、どれも輝かんばかりの美しさです。

各ケーキの予約は、WEB上で10月4日から、店頭では10月7日から受付が開始されます。
一年で一度のお楽しみまであと2か月ちょっと。“おいしい楽しみ”があると思うと、クリスマスが今から待ち遠しいですね!

(ライター・伊藤はるな)
大丸札幌店
CHRISTMAS BRIGHT HAPPINESS 2022

受付:札幌市中央区北5条西4丁目7 大丸札幌店8階特設カウンター、地下1階ほっぺタウン
予約期間:
【店頭】10月7日(金)〜12月14日(水)
【WEB】10月4日(火)〜
お渡し期間:12月23日(金)〜25日(日)
Webサイト:https://www.daimaru.co.jp/sapporo/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。
最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

今年のテーマは「白」!

2022年のクリスマスケーキについて紹介してくれたのは、開業当時よりさまざまな企画を行ってきたという、企画開発部門の兼八(かねはち)卓也さん。
「ケーキといえば、昔は真っ白なものが定番でした。そんな懐かしくて、“当たり前だからこそ難しい”というテーマに挑戦しました!」と話します。

白といっても、普通のショートケーキとは違う、こだわり抜いたケーキばかり。さっそく注目の「白いケーキ」を見ていきましょう〜!

〜話題の新店『暁(あかつき)パティスリー フルタ』〜

白いケーキでもまず注目したいのは、『暁(あかつき)パティスリー フルタ』です。この秋11月に長沼町にオープン予定の新ブランドで、あの『パティスリー フレール』でチーフをしていたパティシエ、古田浩真さんが独立して立ち上げました。
「相当自信がある」という「エンゼルスノーXmas 4,968円 (税込)」は、オブジェのような繊細な見た目で特別感たっぷり。

北海道産のマスカルポーネや生クリームでできた白いティラミスのケーキで、一口目から最後まで“真っ白”であることにこだわったんですって。
「予想していたよりも大人の味ですね! 洋梨のゴロゴロ感や、クッキーの生地もしっかり感じられて、とてもおいしいです」と千須和アナウンサーもにっこり。

〜新たなスイーツを生み出す『patisserie OKASHIGAKU』〜

2021年に「ケーキ缶」で全国的に話題を集めた『patisserie OKASHIGAKU』からは、缶ではなくホールのクリスマスケーキ「フロマージュ・クリュ 5,800円(税込)」が登場!
レアチーズのなめらかなムースと、さっぱりとしたレモンジュレ、それぞれの異なる甘みがほどよく調和しているフロマージュケーキです。

同ブランドでは素材の産地にも常にこだわっていて、こちらのケーキの乳製品は、すべて北海道産のものを使用しているそうですよ。

〜かわいさが詰まった2段ケーキ『夢を描くお菓子屋さん パレット』〜

続いての白いケーキは、『夢を描くお菓子屋さん パレット』の「エスポワール 6,480円 (税込)」。メルヘンな2段ケーキが有名なお店というだけあって、クリスマスケーキも2段スタイルで登場です!
同じ白色でも少しずつ濃淡がつけられ、さらにマカロンや星型の飾りでデコレーションされています。360度どこから見てもとにかくかわいいので、特にお子さんがいる家庭で喜ばれそう。

そして切ってみるとびっくり! なんと1つのケーキで2種類の味が楽しめるんです。
「切ったときにうれしい驚きがありますよね」と千須和アナウンサー。 これなら、「家族でケーキの味の好みが違う」というありがちな問題もうまく解決できちゃいますね。

2022年のクリスマスケーキ事情

もちろん白いケーキだけありません! 今年の大丸札幌店には、生ケーキ71点、冷凍ケーキ12点ものケーキが集結するそう。

生ケーキの中での最高額は、『パティスリージョネス』の「シャイニークリスマス 9,800円(税込)」。
端から端までびっしりとシャインマスカットが並び、まるで宝石箱のようですね。パーティーの主役になる華やかさで、食べるのがもったいなく感じてしまいそう〜。
「物価が高騰している時勢ですが、今回は価格を無理に抑えようとするのではなく、ブランドの世界観を表現したものを作って欲しい」と各ブランドへお願いしたという兼八さん。
そうして揃ったケーキは、平均価格が4,600円で、直径約13センチ程度の小ぶりなものが多いラインナップとなりました。

物価が高騰しているから値上げするのではなく、こだわったからこその価格…。素材や見た目の隅々までこだわり抜いたケーキは、どれも輝かんばかりの美しさです。

各ケーキの予約は、WEB上で10月4日から、店頭では10月7日から受付が開始されます。
一年で一度のお楽しみまであと2か月ちょっと。“おいしい楽しみ”があると思うと、クリスマスが今から待ち遠しいですね!

(ライター・伊藤はるな)
大丸札幌店
CHRISTMAS BRIGHT HAPPINESS 2022

受付:札幌市中央区北5条西4丁目7 大丸札幌店8階特設カウンター、地下1階ほっぺタウン
予約期間:
【店頭】10月7日(金)〜12月14日(水)
【WEB】10月4日(火)〜
お渡し期間:12月23日(金)〜25日(日)
Webサイト:https://www.daimaru.co.jp/sapporo/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。
最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

SASARU編集部

2019年初夏に誕生した「SASARU」編集部では北海道民や北海道外に住む道産子、北海道が大好きな方…多くの人の心に刺さる北海道の話題や、つい押ささってしまう情報を集めています。編集部では、読んでくれる皆さんの日常生活に「SASARU」が染み入るように、日々企画を考え取材をしています。 読まさる記事、見ささる記事が、皆さんの心にささりますように。

SHARE