2022.10.1

グルメ

たっぷり生クリーム「生ノースマン」登場…大丸に専門店オープン"北海道銘菓"生まれ変わる!

SASARU編集部

昭和49年(1974年)から販売され、北海道民に愛されてきた元祖・和洋折衷スイーツ「ノースマン」。

なんと10月5日(水)に大丸札幌店に専門店がオープンし、「生ノースマン」なるものが発売されるんだとか…!

いったいどんなスイーツなのでしょうか?

『千秋庵』の看板商品「ノースマン」

大正10年(1921年)に創業した札幌のお菓子メーカー『千秋庵』。北海道の大地・水・大気の中で育まれた食材を生かした、銘菓の数々を生み出しています。
 
創業101年を迎える今年、『千秋庵』ではこれからの100年に向けて看板商品である「ノースマン」のリブランディングを実施。これからの世代にも愛される100年ブランドに育てるべく、パッケージも大幅リニューアルするそうです。

さらに「生菓子」の展開にもチャレンジしたんですって。
「ノースマン」は、"北の大地に生きる人々のたくましい力を表したい"と考案され、昭和49年(1974年)から長きにわたって道民に愛されてきました。
 
開発のヒントになったのは横浜の中華街で売られていた「パイまんじゅう」。道外出張が多かった初代が持ち帰り、パイ生地と北海道特産の小豆を使用した和洋折衷なお菓子にしたいと研究を重ね、完成したんだそう。
 
今回はリブランディングの一環として、パッケージを年齢や性別を超えて愛されるよう現代的にアップデートしたんですって。

北国文化を感じられる織物や編み物をモチーフにしているそうですよ。

生クリームたっぷり!「生ノースマン」

今回は、若い世代にも「ノースマン」の美味しさを届けるべく、北海道産の生乳から作られる生クリームを使用した「生ノースマン」を開発。パイ生地 × あんこ × 生クリームがゴールデンバランスで融合したスイーツなんですって。
 
ミルキーでしっかりコクのある生クリームを入れることで、オリジナルのノースマンとは違った食感・風味の新しい味わいを楽しむことができるそうですよ。
 

「生ノースマン」980円(4個入り)

北海道産の生クリームは、あんこの味わいに合うようにミルキーな口当たりに仕上げているんだそう。
 
さらに、「ノースマン」の開発時から多くのこだわりが詰まっているパイ生地も「生ノースマン」専用にアップデート。生クリームが入ることでより美味しくなるように、北海道産小麦粉を使用して仕上げているんだとか。

あえて手を加えず伝統の味を守っていく「オリジナルノースマン」と新生「生ノースマン」、食べ比べてみてはいかがでしょうか?

大丸札幌店に「ノースマン」専門店がオープン

「生ノースマン」は、10月5日(水)に大丸札幌店にオープンする「ノースマン」専門店にて販売が開始されます。

ショップ内のカウンターには、開拓時代の主要建造物などで使用されている札幌の銘石「札幌軟石」と、創業101年をむかえる千秋庵とほぼ同じ樹齢約106年の天然木を使用しているそうです。

ショップに訪れるだけでもわくわくしちゃいそうですね。
ノースマン 大丸札幌店 (10月5日(水) オープン)
住所:札幌市中央区北5条西4丁目7番地 大丸札幌店 地下1階 和洋菓子売り場
電話:011-281-3232(店舗直通)
営業時間:午前10時~午後8時 
HP:https://northman-hokkaido.com
画像提供:千秋庵

(上記の情報は記事作成時点でのものです。
最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

『千秋庵』の看板商品「ノースマン」

大正10年(1921年)に創業した札幌のお菓子メーカー『千秋庵』。北海道の大地・水・大気の中で育まれた食材を生かした、銘菓の数々を生み出しています。
 
創業101年を迎える今年、『千秋庵』ではこれからの100年に向けて看板商品である「ノースマン」のリブランディングを実施。これからの世代にも愛される100年ブランドに育てるべく、パッケージも大幅リニューアルするそうです。

さらに「生菓子」の展開にもチャレンジしたんですって。
「ノースマン」は、"北の大地に生きる人々のたくましい力を表したい"と考案され、昭和49年(1974年)から長きにわたって道民に愛されてきました。
 
開発のヒントになったのは横浜の中華街で売られていた「パイまんじゅう」。道外出張が多かった初代が持ち帰り、パイ生地と北海道特産の小豆を使用した和洋折衷なお菓子にしたいと研究を重ね、完成したんだそう。
 
今回はリブランディングの一環として、パッケージを年齢や性別を超えて愛されるよう現代的にアップデートしたんですって。

北国文化を感じられる織物や編み物をモチーフにしているそうですよ。

生クリームたっぷり!「生ノースマン」


「生ノースマン」980円(4個入り)

今回は、若い世代にも「ノースマン」の美味しさを届けるべく、北海道産の生乳から作られる生クリームを使用した「生ノースマン」を開発。パイ生地 × あんこ × 生クリームがゴールデンバランスで融合したスイーツなんですって。
 
ミルキーでしっかりコクのある生クリームを入れることで、オリジナルのノースマンとは違った食感・風味の新しい味わいを楽しむことができるそうですよ。
 
北海道産の生クリームは、あんこの味わいに合うようにミルキーな口当たりに仕上げているんだそう。
 
さらに、「ノースマン」の開発時から多くのこだわりが詰まっているパイ生地も「生ノースマン」専用にアップデート。生クリームが入ることでより美味しくなるように、北海道産小麦粉を使用して仕上げているんだとか。

あえて手を加えず伝統の味を守っていく「オリジナルノースマン」と新生「生ノースマン」、食べ比べてみてはいかがでしょうか?

大丸札幌店に「ノースマン」専門店がオープン

「生ノースマン」は、10月5日(水)に大丸札幌店にオープンする「ノースマン」専門店にて販売が開始されます。

ショップ内のカウンターには、開拓時代の主要建造物などで使用されている札幌の銘石「札幌軟石」と、創業101年をむかえる千秋庵とほぼ同じ樹齢約106年の天然木を使用しているそうです。

ショップに訪れるだけでもわくわくしちゃいそうですね。
ノースマン 大丸札幌店 (10月5日(水) オープン)
住所:札幌市中央区北5条西4丁目7番地 大丸札幌店 地下1階 和洋菓子売り場
電話:011-281-3232(店舗直通)
営業時間:午前10時~午後8時 
HP:https://northman-hokkaido.com
画像提供:千秋庵

(上記の情報は記事作成時点でのものです。
最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

SASARU編集部

2019年初夏に誕生した「SASARU」編集部では北海道民や北海道外に住む道産子、北海道が大好きな方…多くの人の心に刺さる北海道の話題や、つい押ささってしまう情報を集めています。編集部では、読んでくれる皆さんの日常生活に「SASARU」が染み入るように、日々企画を考え取材をしています。 読まさる記事、見ささる記事が、皆さんの心にささりますように。

SHARE