2022.9.9

グルメ

可愛すぎて食べるの辛み…ボリュームたっぷりの”森のくまさんパフェ”果肉ごろん【札幌】

森涼美

ライター

新鮮なフルーツや大きなアイスクリームを思う存分楽しめるパフェは、甘いものが好きな人にとって至高の存在。お店によって様々なものがありますが、見た目がかわいらしくSNS映えするのが特徴ですよね。

そんな数あるお店の中でも、札幌市豊平区に、とってもキュートな動物をモチーフにしたパフェを提供するカフェがあるんです。「食べるのがもったいない!」と思ってしまうような、とっておきの一品をご紹介します。

お値段手頃で程よいボリューム…「森のくまさんパフェ」

「果肉入りいちごジェラート、生クリーム、いちご、バタークッキーの上に乗った、大きなくまさんのバニラアイスが写真映えする人気のメニューです」と代表の板東さんが説明してくれたパフェは、とってもキュートなくまさんの顔が印象的。

まるでくまさんがいちご模様のお洋服を着ているように見える「森のくまさんパフェ (660円 税込)」は、食べるのがツラいと思ってしまいそうな一品です。
お値段が手頃でありながら、程よいボリュームが感じられる一杯。アイスや生クリームの甘さといちごの甘酸っぱさが絶妙に絡み合って、スッキリと食べきることができる一品でした。

旅を感じながら心豊かに過ごせる空間

こちらのパフェが食べられるお店は、2022年8月1日にオープンしたばかりの『旅café Triche (トリッシュ)』。旅行会社の「遊プラン」が運営するカフェで、店内にて旅行情報の閲覧や旅行予約が可能だというのも特徴です。

「トリッシュは『旅』という意味のTripと、『心豊かに』という意味のRicheを掛け合わせた造語で、旅を感じながら心豊かに過ごしてもらいたいという想いでスタートしました」とカフェ創業の理由について話す板東さん。
カウンター席から、広々としたテーブル席までが用意されているので、一人でも大人数で訪れても過ごしやすい空間が整っていました。

カフェタイムにぴったりのドリンクも魅力!

「旅café Triche」にはスイーツだけでなく、カフェタイムに最適なドリンクも多数。「モカシェイク (660円 税込)」は、コーヒー風味のほろ苦さがおいしく、今の季節にぴったりのドリンクです。

「Tricheオリジナルのエスプレッソとバニラアイスが使用されていて、さっぱりとした飲み口が特徴のシェイクです」と板東さんもオススメ。
その他にも、「クリームソーダ (660円 税込)」や「ヘーゼルナッツラテ (720円 税込)」など、魅力的なドリンクメニューが揃っていました。

幸せやワクワクを感じる「旅cafe Triche」で心のエネルギーを蓄えて…

ランチにスイーツにドリンクまで、おいしいだけではなく見て楽しめる品々に溢れるお店。期間限定メニューもあるので、その時々の季節ものを頂けるのも魅力です。

板東さんは、お店の今後について「旅行会社とカフェの融合という札幌では新しいタイプのお店だからこそ、多くの人が食事や旅行を楽しむお手伝いをしていきたい」と一言。
小さな幸せやちょっとしたワクワクが味わえる「旅café Triche」は、心のエネルギーを蓄えるのにぴったりのお店でした。
旅café Triche (トリッシュ)
住所:北海道札幌市豊平区豊平3条3丁目2-27
電話番号:011-827-8066
営業時間:午前11時30分~午後6時 (L.O.午後5時)
定休日:不定休
駐車場:あり
公式ウェブサイト:https://triche.you-plan.net/
Instagram:@cafetriche

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

お値段手頃で程よいボリューム…「森のくまさんパフェ」

「果肉入りいちごジェラート、生クリーム、いちご、バタークッキーの上に乗った、大きなくまさんのバニラアイスが写真映えする人気のメニューです」と代表の板東さんが説明してくれたパフェは、とってもキュートなくまさんの顔が印象的。

まるでくまさんがいちご模様のお洋服を着ているように見える「森のくまさんパフェ (660円 税込)」は、食べるのがツラいと思ってしまいそうな一品です。
お値段が手頃でありながら、程よいボリュームが感じられる一杯。アイスや生クリームの甘さといちごの甘酸っぱさが絶妙に絡み合って、スッキリと食べきることができる一品でした。

旅を感じながら心豊かに過ごせる空間

こちらのパフェが食べられるお店は、2022年8月1日にオープンしたばかりの『旅café Triche (トリッシュ)』。旅行会社の「遊プラン」が運営するカフェで、店内にて旅行情報の閲覧や旅行予約が可能だというのも特徴です。

「トリッシュは『旅』という意味のTripと、『心豊かに』という意味のRicheを掛け合わせた造語で、旅を感じながら心豊かに過ごしてもらいたいという想いでスタートしました」とカフェ創業の理由について話す板東さん。
カウンター席から、広々としたテーブル席までが用意されているので、一人でも大人数で訪れても過ごしやすい空間が整っていました。

カフェタイムにぴったりのドリンクも魅力!

「旅café Triche」にはスイーツだけでなく、カフェタイムに最適なドリンクも多数。「モカシェイク (660円 税込)」は、コーヒー風味のほろ苦さがおいしく、今の季節にぴったりのドリンクです。

「Tricheオリジナルのエスプレッソとバニラアイスが使用されていて、さっぱりとした飲み口が特徴のシェイクです」と板東さんもオススメ。
その他にも、「クリームソーダ (660円 税込)」や「ヘーゼルナッツラテ (720円 税込)」など、魅力的なドリンクメニューが揃っていました。

幸せやワクワクを感じる「旅cafe Triche」で心のエネルギーを蓄えて…

ランチにスイーツにドリンクまで、おいしいだけではなく見て楽しめる品々に溢れるお店。期間限定メニューもあるので、その時々の季節ものを頂けるのも魅力です。

板東さんは、お店の今後について「旅行会社とカフェの融合という札幌では新しいタイプのお店だからこそ、多くの人が食事や旅行を楽しむお手伝いをしていきたい」と一言。
小さな幸せやちょっとしたワクワクが味わえる「旅café Triche」は、心のエネルギーを蓄えるのにぴったりのお店でした。
旅café Triche (トリッシュ)
住所:北海道札幌市豊平区豊平3条3丁目2-27
電話番号:011-827-8066
営業時間:午前11時30分~午後6時 (L.O.午後5時)
定休日:不定休
駐車場:あり
公式ウェブサイト:https://triche.you-plan.net/
Instagram:@cafetriche

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

森涼美

ライター

北海道の「美味しいモノ、楽しい場所、面白い人」がメインテーマ。文章を通して、そんな3つのテーマを届けられたらと思っています。普段は雑誌・映画・音楽が好きなインドア派ですが、食のことになるとアウトドア派。素直な直観や興味を大切に、グルメやライフスタイル情報を発信していきます。SASARUを通して、読者の方がまだ見ぬ魅力的なモノや場所に出会えることを願っています。

SHARE

RELATED WORDS 関連ワード