2022.8.19

グルメ

ニセコに新店「ラーメン店」に東京・恵比寿の人気店「AFURI」"ここだけメニュー"話題

SASARU編集部

新鮮な鶏ガラや香味野菜、魚介を用いた淡麗系スープが特徴の『AFURI』。
 
東京・恵比寿をはじめ、日本だけでなく世界にも展開している人気のラーメン店です。
 
そんな『AFURI』の新店舗が北海道・ニセコにオープンしましたよ~!
 
ここでしか食べられない限定メニューもあるということで、道内の方はもちろん、道外の方も必見です。

『AFURI』とは?

『AFURI』の総本店は、神奈川県厚木市に2001年にオープンした『ZUND-BAR』というお店。開店当初から、丹沢山系の東端に位置する大山(通称:阿夫利山)の麓から湧き出る天然水を使用し、新鮮な鶏ガラや香味野菜、魚介を用いた淡麗系スープを特徴としています。化学調味料を使用していないので、健康に配慮する方も安心して食べられるラーメンに仕上げているそうですよ。
 
東京・恵比寿をはじめ、日本に17店舗を展開するほか、アメリカのポートランド、ポルトガルのリスボンなど、世界中で支持を集めています。

アメリカからの逆輸入版『AFURI』がニセコに

そんな『AFURI』の新店舗、『AFURI ramen + dumpling 雪ニセコ』が8月12日に北海道ニセコにオープンしました。なんと"アメリカからの逆輸入版AFURI"だそうですよ。
店舗が入る『雪ニセコ』は、「心奪われる、和の意匠と緻密にデザインされたラグジュアリーの美しい融合。」がテーマのホテル。比羅夫エリアの中でも特に展望に恵まれた場所で、名峰羊蹄山とニセコアンヌプリの壮大な眺めを楽しむことができるホテルです。

『AFURI ramen + dumpling 雪ニセコ』はその一階に入っていて、美しい羊蹄山を眺めながら食事やアルコールまで楽しむことができるんですって。
ニセコの店舗では、麺・スープ・その他の仕込みを一貫して店内で行っていて、ニセコ連峰や羊蹄山などに由来する良質な水を使用しているそうです。
 
また、関東のAFURIでは取り扱いのない、角煮やソフトシェルクラブフライなどを挟んだバンや特製餃子などのメニューも用意しているんですって。
 
ニセコならではの飲食店として、新たな人気店になりそうですね。
AFURI ramen + dumpling 雪ニセコ
住所:北海道虻田郡倶知安町山田 181-55
営業時間:午前11時~午後3時(ランチ)、午後5時~午後10時(ディナー)
定休日:施設の定休日に準ずる
HP:https://afuri.com/
画像提供:AFURI

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

『AFURI』とは?

『AFURI』の総本店は、神奈川県厚木市に2001年にオープンした『ZUND-BAR』というお店。開店当初から、丹沢山系の東端に位置する大山(通称:阿夫利山)の麓から湧き出る天然水を使用し、新鮮な鶏ガラや香味野菜、魚介を用いた淡麗系スープを特徴としています。化学調味料を使用していないので、健康に配慮する方も安心して食べられるラーメンに仕上げているそうですよ。
 
東京・恵比寿をはじめ、日本に17店舗を展開するほか、アメリカのポートランド、ポルトガルのリスボンなど、世界中で支持を集めています。

アメリカからの逆輸入版『AFURI』がニセコに

そんな『AFURI』の新店舗、『AFURI ramen + dumpling 雪ニセコ』が8月12日に北海道ニセコにオープンしました。なんと"アメリカからの逆輸入版AFURI"だそうですよ。
店舗が入る『雪ニセコ』は、「心奪われる、和の意匠と緻密にデザインされたラグジュアリーの美しい融合。」がテーマのホテル。比羅夫エリアの中でも特に展望に恵まれた場所で、名峰羊蹄山とニセコアンヌプリの壮大な眺めを楽しむことができるホテルです。

『AFURI ramen + dumpling 雪ニセコ』はその一階に入っていて、美しい羊蹄山を眺めながら食事やアルコールまで楽しむことができるんですって。
ニセコの店舗では、麺・スープ・その他の仕込みを一貫して店内で行っていて、ニセコ連峰や羊蹄山などに由来する良質な水を使用しているそうです。
 
また、関東のAFURIでは取り扱いのない、角煮やソフトシェルクラブフライなどを挟んだバンや特製餃子などのメニューも用意しているんですって。
 
ニセコならではの飲食店として、新たな人気店になりそうですね。
AFURI ramen + dumpling 雪ニセコ
住所:北海道虻田郡倶知安町山田 181-55
営業時間:午前11時~午後3時(ランチ)、午後5時~午後10時(ディナー)
定休日:施設の定休日に準ずる
HP:https://afuri.com/
画像提供:AFURI

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

SASARU編集部

2019年初夏に誕生した「SASARU」編集部では北海道民や北海道外に住む道産子、北海道が大好きな方…多くの人の心に刺さる北海道の話題や、つい押ささってしまう情報を集めています。編集部では、読んでくれる皆さんの日常生活に「SASARU」が染み入るように、日々企画を考え取材をしています。 読まさる記事、見ささる記事が、皆さんの心にささりますように。

SHARE

RELATED WORDS 関連ワード