2022.7.23

グルメ

餃子の無人販売所 "ラーメン""チャーシュー"登場…自宅でラーメン定食完成【札幌】

竹花美里

フリーライター

「お店の美味しいチャーシューメンが家で食べられたらいいなあ」「大好きなチャーシューを好きなだけ乗せたラーメンが食べたい!」と思ったことはありませんか?

北海道餃子研究所は札幌の人気ラーメン店とタッグを組み、7月16日(土)よりラーメン・チャーシューの無人販売を開始しました!

北海道餃子研究所はどんなお店?

北海道餃子研究所は、札幌市内に「東区本店」「白石店」「八軒店」「北野店」の4店舗を構える餃子の無人販売所です。また、全道28店舗のホクレンショップ・エーコープでも餃子の取り扱いがあります。
全て冷凍の商品なので食材ロスも少なく、人件費も削減できるので商品を安く提供できることが特徴です。1パック30個1,000円(税込)と大容量なので、お家での餃子パーティーにもおすすめ!

「麺や琥張玖」のラーメン・チャーシューを提供開始!


提供画像:北海道餃子研究所

北海道餃子研究所八軒店では、厚別区にある人気ラーメン店「麺や琥張玖」のラーメン・チャーシューの販売を開始しました。自動販売機以外での冷凍ラーメン発売は、札幌で初めての試みです!

7月16日(土)より、「麺や琥張玖・札幌味噌ラーメン」「琥張玖チャーシュー」、さらに西11丁目にある「タビビトギョウザ」の餃子2種(野菜餃子・ジビエ餃子)の販売を開始しています。

冷凍ラーメン、お家で作ってみました!

今回は、実際に冷凍ラーメンを自宅で調理してみました!用意したものは以下の通りです。

・麺や琥張玖・札幌味噌ラーメン 1袋
・琥張玖チャーシュー 10枚
・もやし 1袋
・キャベツ 適量


調理方法や時間はパッケージに記載があるので、スムーズに調理を進められます。冷凍されている状態のまま調理が開始できるので、お腹が空いたときにすぐ作れることも魅力ですね。
味噌ラーメンのセットには、スープ・麺・具材(チャーシュー・メンマ)が入っています。

肉10倍マシマシチャーシューメンがこちら!

こちらが完成した“肉10倍マシマシラーメン”です!味噌ラーメンセットにもチャーシューが1枚入っているので、合計11枚のチャーシューがどんと乗っています。
味噌ラーメンに入っていたチャーシューは、脂身たっぷりで濃厚なお味。別売りのチャーシューは肉肉しく、とっても厚切りで食べ応えがあります。

一般的な成人女性(私)だと、味噌ラーメン1袋で十分満足。さらに好きなだけチャーシューや餃子も追加できるので、たくさん食べる方や男性でも大満足の量になりますよ!

もちろん餃子もおすすめ!

北海道餃子研究所の餃子は、道産食材を使った野菜マシマシの餃子。実際に食べてみると、野菜の甘みがダイレクトに広がります。
皮の厚さは8mmと薄めで、ニンニクも適量。お子さんや女性でも気軽に食べられるようなサイズ感とお味で、パクパク食べ進められます。

餃子だけの販売ではない、新たな無人販売所として日々進化を続ける北海道餃子研究所。今後の新しいコラボや商品にも注目です!
北海道餃子研究所 八軒店

住所:札幌市西区八軒10条東1丁目5-25(新川通り沿い) 
営業時間:年中無休
HP:https://hokkaido-gyoza.jp/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は店舗・施設にお問い合わせください)

北海道餃子研究所はどんなお店?

北海道餃子研究所は、札幌市内に「東区本店」「白石店」「八軒店」「北野店」の4店舗を構える餃子の無人販売所です。また、全道28店舗のホクレンショップ・エーコープでも餃子の取り扱いがあります。
全て冷凍の商品なので食材ロスも少なく、人件費も削減できるので商品を安く提供できることが特徴です。1パック30個1,000円(税込)と大容量なので、お家での餃子パーティーにもおすすめ!

「麺や琥張玖」のラーメン・チャーシューを提供開始!


提供画像:北海道餃子研究所

北海道餃子研究所八軒店では、厚別区にある人気ラーメン店「麺や琥張玖」のラーメン・チャーシューの販売を開始しました。自動販売機以外での冷凍ラーメン発売は、札幌で初めての試みです!

7月16日(土)より、「麺や琥張玖・札幌味噌ラーメン」「琥張玖チャーシュー」、さらに西11丁目にある「タビビトギョウザ」の餃子2種(野菜餃子・ジビエ餃子)の販売を開始しています。

冷凍ラーメン、お家で作ってみました!

今回は、実際に冷凍ラーメンを自宅で調理してみました!用意したものは以下の通りです。

・麺や琥張玖・札幌味噌ラーメン 1袋
・琥張玖チャーシュー 10枚
・もやし 1袋
・キャベツ 適量


調理方法や時間はパッケージに記載があるので、スムーズに調理を進められます。冷凍されている状態のまま調理が開始できるので、お腹が空いたときにすぐ作れることも魅力ですね。
味噌ラーメンのセットには、スープ・麺・具材(チャーシュー・メンマ)が入っています。

肉10倍マシマシチャーシューメンがこちら!

こちらが完成した“肉10倍マシマシラーメン”です!味噌ラーメンセットにもチャーシューが1枚入っているので、合計11枚のチャーシューがどんと乗っています。
味噌ラーメンに入っていたチャーシューは、脂身たっぷりで濃厚なお味。別売りのチャーシューは肉肉しく、とっても厚切りで食べ応えがあります。

一般的な成人女性(私)だと、味噌ラーメン1袋で十分満足。さらに好きなだけチャーシューや餃子も追加できるので、たくさん食べる方や男性でも大満足の量になりますよ!

もちろん餃子もおすすめ!

北海道餃子研究所の餃子は、道産食材を使った野菜マシマシの餃子。実際に食べてみると、野菜の甘みがダイレクトに広がります。
皮の厚さは8mmと薄めで、ニンニクも適量。お子さんや女性でも気軽に食べられるようなサイズ感とお味で、パクパク食べ進められます。

餃子だけの販売ではない、新たな無人販売所として日々進化を続ける北海道餃子研究所。今後の新しいコラボや商品にも注目です!
北海道餃子研究所 八軒店

住所:札幌市西区八軒10条東1丁目5-25(新川通り沿い) 
営業時間:年中無休
HP:https://hokkaido-gyoza.jp/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は店舗・施設にお問い合わせください)

竹花美里

フリーライター

秋田県にかほ市出身、大学進学を機に札幌市へ移住。趣味はモーニングカフェ巡りとメイクやファッションの研究。SASARUではグルメやメイク・ファッションなどの自分の趣味を生かしながら、北海道女性にとって有益な情報を発信します!

SHARE