2022.7.21

グルメ

ここだけ!流しそうめん…日本庭園眺めながら"夏"888個の風鈴小径で映え【札幌】

野口愛未

ライター

エルムガーデン

昭和21年から長く愛された高級料亭を前身とする【エルムガーデン】
1000坪以上の広大な日本庭園があり、四季折々美しい景色を眺めながらお料理を楽しめます。
中でも、夏季限定の『流しそうめん会席2022』が話題に。
大人もついつい童心に帰ってはしゃいでしまうこと間違いなしですよ~。

日本庭園を眺めながら…贅沢なランチを堪能できる

7・8月の夏季限定でたのしむことができる『流しそうめん会席2022』
エルムガーデン総料理長が考案した、先付・松花堂弁当・お寿司・季節の甘味に加え、流しそうめん体験ができる贅沢なコースです。

2015年からこの『流しそうめん会席』が始まり、2022年で8年目。
「毎年利用していただくリピーターさんも多く『今年も楽しみにしていました』との声をたくさんもらいます」とスタッフの阿妻さん。

家族連れにも、女子会にも、デートにも。
特別な時間を過ごせますね。

 
美しい日本庭園を眺めながら堪能するランチは、まさに至福のひととき。
小川のせせらぎ、風鈴の涼しげな音に癒されながらゆったりとお食事を楽しめます。

「浴衣や甚平を着て来ていただくお客様もかなり多いですよ」とスタッフの阿妻さん。
友人同士、家族で浴衣を着て楽しむのもおススメですよ~。
日本庭園を背景に写真映えすること間違いなしですね。
 

童心に帰って…『流しそうめん体験』

お料理を一通り堪能した後は…お待ちかねの『流しそうめん体験』スタートです。
テーブルの目の前にある竹の筒。勢いよく流れる水の上をそうめんが一つずつ、流れてきます。

幼いころに流しそうめんを体験したことのある筆者。
その頃の思い出が蘇りながら、久々の流しそうめんに思わずテンションがあがりました。



 
思っていたよりも、かなり早いスピードで流れてくるそうめん。
流れてきたそうめんを箸ですくうのが、これまた難しい。
「よいしょ~」と思わず声を出しながら、すくっていた筆者。必死でした。(笑)

日常の生活ではなかなかできない体験に、ワクワクと楽しさと爽快さを感じました。
 
最後の1玉はなんと可愛らしいピンク色。
「最後の1玉は、ピンク色のおそうめんを流します。梅味のそうめんで珍しいですよ」とスタッフの阿妻さん。

さっぱりとした梅味のそうめんは、シメにぴったりです。
 

ついつい写真を撮りたくなる…『風鈴小径』お願い事も叶うかも

888個もの色鮮やかな風鈴が並んでいる『風鈴小径』
888個の風鈴の理由は「末広がり」にちなんだ縁起の良い数字だから。

津軽びいどろや篠原風鈴本舗(江戸風鈴)など様々な種類の風鈴が並び、その涼しげな音色に癒されます。

陽の光を浴び、キラキラと輝く風鈴に思わず見とれてしまう筆者。
どの角度から撮っても、必ずと言ってもよいほど美しい写真が撮れる風鈴小径。
"インスタ映え"スポットとしてはずせません!
 
風鈴の短冊にはお願い事が書けるんです。
ペンで短冊に叶えたいこと、夢を書くと…叶うかもしれませんね。

「実際に願いが叶ったという人もいらっしゃいましたよ」とスタッフの阿妻さん。
風鈴小径で写真を撮った後は、お願い事を書いてみてはいかがでしょうか。
 

至福のひとときが詰まった場所

穏やかで静かな時間の中で堪能するお料理と流しそうめん。
美しい日本庭園を眺めていると、流れる小川のせせらぎや、風鈴の音色が聞こえてきて、"日本の夏"を感じます。
大切な人、友人、家族連れで"何度も足を運びたい"と思わせてくれる癒しの空間です。

『流しそうめん会席2022』は8月31日まで。
是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 
エルムガーデン
住所:札幌市中央区南13条西23丁目5-10
営業時間:午前11時30分~午後3時(L.O. 午後1時30分)
     午後6時~午後10時30分(L.O.午後8時)
電話番号:011-551-0707
Instagram:@elm_garden

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

日本庭園を眺めながら…贅沢なランチを堪能できる

7・8月の夏季限定でたのしむことができる『流しそうめん会席2022』
エルムガーデン総料理長が考案した、先付・松花堂弁当・お寿司・季節の甘味に加え、流しそうめん体験ができる贅沢なコースです。

2015年からこの『流しそうめん会席』が始まり、2022年で8年目。
「毎年利用していただくリピーターさんも多く『今年も楽しみにしていました』との声をたくさんもらいます」とスタッフの阿妻さん。

家族連れにも、女子会にも、デートにも。
特別な時間を過ごせますね。

 
美しい日本庭園を眺めながら堪能するランチは、まさに至福のひととき。
小川のせせらぎ、風鈴の涼しげな音に癒されながらゆったりとお食事を楽しめます。

「浴衣や甚平を着て来ていただくお客様もかなり多いですよ」とスタッフの阿妻さん。
友人同士、家族で浴衣を着て楽しむのもおススメですよ~。
日本庭園を背景に写真映えすること間違いなしですね。
 

童心に帰って…『流しそうめん体験』

お料理を一通り堪能した後は…お待ちかねの『流しそうめん体験』スタートです。
テーブルの目の前にある竹の筒。勢いよく流れる水の上をそうめんが一つずつ、流れてきます。

幼いころに流しそうめんを体験したことのある筆者。
その頃の思い出が蘇りながら、久々の流しそうめんに思わずテンションがあがりました。



 
思っていたよりも、かなり早いスピードで流れてくるそうめん。
流れてきたそうめんを箸ですくうのが、これまた難しい。
「よいしょ~」と思わず声を出しながら、すくっていた筆者。必死でした。(笑)

日常の生活ではなかなかできない体験に、ワクワクと楽しさと爽快さを感じました。
 
最後の1玉はなんと可愛らしいピンク色。
「最後の1玉は、ピンク色のおそうめんを流します。梅味のそうめんで珍しいですよ」とスタッフの阿妻さん。

さっぱりとした梅味のそうめんは、シメにぴったりです。
 

ついつい写真を撮りたくなる…『風鈴小径』お願い事も叶うかも

888個もの色鮮やかな風鈴が並んでいる『風鈴小径』
888個の風鈴の理由は「末広がり」にちなんだ縁起の良い数字だから。

津軽びいどろや篠原風鈴本舗(江戸風鈴)など様々な種類の風鈴が並び、その涼しげな音色に癒されます。

陽の光を浴び、キラキラと輝く風鈴に思わず見とれてしまう筆者。
どの角度から撮っても、必ずと言ってもよいほど美しい写真が撮れる風鈴小径。
"インスタ映え"スポットとしてはずせません!
 
風鈴の短冊にはお願い事が書けるんです。
ペンで短冊に叶えたいこと、夢を書くと…叶うかもしれませんね。

「実際に願いが叶ったという人もいらっしゃいましたよ」とスタッフの阿妻さん。
風鈴小径で写真を撮った後は、お願い事を書いてみてはいかがでしょうか。
 

至福のひとときが詰まった場所

穏やかで静かな時間の中で堪能するお料理と流しそうめん。
美しい日本庭園を眺めていると、流れる小川のせせらぎや、風鈴の音色が聞こえてきて、"日本の夏"を感じます。
大切な人、友人、家族連れで"何度も足を運びたい"と思わせてくれる癒しの空間です。

『流しそうめん会席2022』は8月31日まで。
是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 
エルムガーデン
住所:札幌市中央区南13条西23丁目5-10
営業時間:午前11時30分~午後3時(L.O. 午後1時30分)
     午後6時~午後10時30分(L.O.午後8時)
電話番号:011-551-0707
Instagram:@elm_garden

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

野口愛未

ライター

北海道千歳市出身。趣味は、Instagramで札幌のおいしいグルメ、おしゃれな空間を探すこと。また、ボクササイズやスキーとアクティブなこともすき。スキー検定は1級を持っています!トレンドのファッションやメイク、美容も研究することもすき。好きなものだらけで好奇心旺盛な20代女子が、心躍る札幌のおしゃれな情報な発信していきます。

SHARE