2022.6.5

グルメ

"米粉カヌレにチョコ"…セレクトスイーツ「コーヒー豆の自動販売機」旭川空港そばのカフェ【旭川】

三澤恵梨子

カフェライター

珈琲 カフェ ゼリー おやつ 自動販売機

旭川空港からほど近い、緑が丘地区に店舗を構える「SAKURA珈琲本店」は、生豆から自家焙煎のコーヒーまで幅広く取り揃えている珈琲豆の専門店。
同店は珈琲豆の販売だけでなく、テイクアウトのおいしいコーヒーやスイーツにも定評があります。

コーヒー1杯350円というリーズナブルさ!自家焙煎珈琲を使用したコーヒーゼリーもあります

SAKURA珈琲自慢のコーヒー豆を使った「Hotコーヒー」は350円(税込)という、一般的なカフェと比較してもびっくりのリーズナブルさ。
コーヒーの苦味が得意ではない方は、ソフトクリームのトッピングが可能な「自家焙煎 コーヒーゼリー(350円 税込)」で自慢のコーヒーをあじわいましょう。
ソフトクリームのトッピングは+200円(税込)でOK!そのままいただいてコーヒーの風味を堪能しても良いのですが、せっかくならソフトクリームをトッピングしておいしさを2倍にしちゃいましょう!
店内では生豆から珈琲豆を焙煎しており、運が良ければ焙煎の様子を見ることができるかもしれません。
樽に入った生豆を見ていると、普段飲んでいるコーヒーがどのくらい焙煎されているのか比較することができて、個人的にとても興味深く感じました。
豆の種類も多く取り揃えており、コーヒーに関する知識がなくても、スタッフの皆さんに相談すれば好みにあう豆を選んでくれます。
ギフトにも最適なドリップパックも販売しています。まずはオリジナルブレンドのコーヒーから味わってみたい方にもおすすめです。

コーヒーのお供にいかが?こだわりセレクトの米粉カヌレとチョコレート

トレンドからの注目度も高く、いまでは人気スイーツのひとつとして君臨するカヌレ。
「SAKURA珈琲本店」では、東川町にある「Wednesday cafe&bake」の「米粉のカヌレ」を店内で販売しています。
今回はプレーン、ストロベリー、いちじく、キャラメル、ショコラオレンジの5種類をいただいてきました。
1個320円(税込)から購入することができ、その日販売されているフレーバーのラインアップはレジ横のボードに記載されています。
また、個性的なフレーバーが揃う「CACAO CAT」のチョコレートも1個156円(税込)から販売されており、好きなものを好きなだけ購入することができます。
私は特に、「チョコミント」と「ソルティミルク」が気に入りました。

旭川市内数か所で発見!北海道では珍しいコーヒー豆の自動販売機を設置

私が「SAKURA珈琲」さんのことを知るきっかけとなったのが、この珈琲豆の自動販売機。
こちらは市街地にある「プレミアムホテル-CABIN-旭川」さんに設置されているものですが、本店の入口付近をはじめ、旭川市内数か所に自動販売機が設置されています。
設置場所の詳細は公式サイトを確認してください。
 
みなさんもぜひ、初夏の行楽のお供に「SAKURA珈琲本店」を訪れてみてくださいね!
 
SAKURA珈琲本店
住所:旭川市緑が丘東3条1丁目2-11-22
電話番号:0166-76-4566
定休日:日曜日・月曜日
営業時間:午前10時~午後6時
Webサイト:https://sakurasp.jp/
Instagram:@coffee_sakura

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)
 

コーヒー1杯350円というリーズナブルさ!自家焙煎珈琲を使用したコーヒーゼリーもあります

SAKURA珈琲自慢のコーヒー豆を使った「Hotコーヒー」は350円(税込)という、一般的なカフェと比較してもびっくりのリーズナブルさ。
コーヒーの苦味が得意ではない方は、ソフトクリームのトッピングが可能な「自家焙煎 コーヒーゼリー(350円 税込)」で自慢のコーヒーをあじわいましょう。
ソフトクリームのトッピングは+200円(税込)でOK!そのままいただいてコーヒーの風味を堪能しても良いのですが、せっかくならソフトクリームをトッピングしておいしさを2倍にしちゃいましょう!
店内では生豆から珈琲豆を焙煎しており、運が良ければ焙煎の様子を見ることができるかもしれません。
樽に入った生豆を見ていると、普段飲んでいるコーヒーがどのくらい焙煎されているのか比較することができて、個人的にとても興味深く感じました。
豆の種類も多く取り揃えており、コーヒーに関する知識がなくても、スタッフの皆さんに相談すれば好みにあう豆を選んでくれます。
ギフトにも最適なドリップパックも販売しています。まずはオリジナルブレンドのコーヒーから味わってみたい方にもおすすめです。

コーヒーのお供にいかが?こだわりセレクトの米粉カヌレとチョコレート

トレンドからの注目度も高く、いまでは人気スイーツのひとつとして君臨するカヌレ。
「SAKURA珈琲本店」では、東川町にある「Wednesday cafe&bake」の「米粉のカヌレ」を店内で販売しています。
今回はプレーン、ストロベリー、いちじく、キャラメル、ショコラオレンジの5種類をいただいてきました。
1個320円(税込)から購入することができ、その日販売されているフレーバーのラインアップはレジ横のボードに記載されています。
また、個性的なフレーバーが揃う「CACAO CAT」のチョコレートも1個156円(税込)から販売されており、好きなものを好きなだけ購入することができます。
私は特に、「チョコミント」と「ソルティミルク」が気に入りました。

旭川市内数か所で発見!北海道では珍しいコーヒー豆の自動販売機を設置

私が「SAKURA珈琲」さんのことを知るきっかけとなったのが、この珈琲豆の自動販売機。
こちらは市街地にある「プレミアムホテル-CABIN-旭川」さんに設置されているものですが、本店の入口付近をはじめ、旭川市内数か所に自動販売機が設置されています。
設置場所の詳細は公式サイトを確認してください。
 
みなさんもぜひ、初夏の行楽のお供に「SAKURA珈琲本店」を訪れてみてくださいね!
 
SAKURA珈琲本店
住所:旭川市緑が丘東3条1丁目2-11-22
電話番号:0166-76-4566
定休日:日曜日・月曜日
営業時間:午前10時~午後6時
Webサイト:https://sakurasp.jp/
Instagram:@coffee_sakura

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)
 

三澤恵梨子

カフェライター

独身時代から続けている趣味のカフェめぐりでは、これまでに300軒近いカフェを訪問。気になる情報があれば、札幌のみならず、道内各地、伊豆界隈、名古屋、東京などへ「旬なカフェ」を求めて飛び立つことも。自宅でも、インテリアや料理などでカフェ気分を楽しんでいます。SASARUでは、ついつい写真が撮らさるフォトジェニックなフードの情報や、わざわざ足を運びたい素敵なカフェの情報を北海道女子に届けるべく、一緒におしゃべりする感覚で情報を発信していきます。

SHARE