2022.3.17

グルメ

札幌駅北口すぐ近くに新店!新しいクラフトビール専門店「ふらりと行ける路面店」

poroco編集部

札幌市 クラフトビール ヒニニツカ HININITUKA

北海道のブルワリーのクラフトビールを揃えた専門店「HININITUKA(ヒニニツカ)」が2022年3月7日にオープンしました!
 
札幌駅北口からすぐの場所にある路面店です。
札幌駅エリアにはクラフトビールのお店が少なかったので、クラフトビール好きには朗報ですね!
 
全面ガラス張りなので、店内で楽しむ人たちの様子に思わずそそられてしまいます。

こちらで扱うクラフトビールは、北海道のブルワリーのもののみ。
店内に掲げられた北海道の地図には、取り扱いのある道内各地のブルワリーの情報が貼られていて、今後も増えていく予定だとか!
 
タップは10個あり、現在は樽替わりで7種類ですが、夏ごろには10種類のクラフトビールを楽しめるようになるそうです。
北海道のブルワリーはどんどん増えていて、今では30ほどだとか。

同店では、昨年誕生したブルワリー「余市ビール(YOICHI BEER CRAFT WORKS)」や「にきやブルワリー(NIKIYA FARM & BREWERY)」のビールも飲むことができます。

今年は6月ごろに岩内にも新しくブルワリーが誕生する予定で、北海道のクラフトビールは後志地方がアツいですね!
「飲みたいビールがたくさんある…!」となったときは、「3種飲み比べSET」1,000円をぜひ! 140mlのグラスで、少しずつ楽しめます。
 
一杯ずつの場合は、容量の違う3種類のグラスで提供。
S(250ml)750円 or 850円
M(350ml)1,000円 or 1,100円
L(480ml)1,250円 or 1,400円
ビールに合うフードも力を入れていて、中でもオススメは「フィッシュアンドチップス」S600円・M950円!

ビール好きのオーナーがイギリスで食べたフィッシュアンドチップスを元に、試行錯誤した一品だそうです。

大き目にカットしたタラは、一晩塩麴に漬けることでほのかな塩気と旨味を感じる味わいに。
クラフトビールやココナッツミルク、米粉などを加えた衣で、風味よくカラッと揚げていて、軽い食べ心地なのでついたくさん食べてしまいそうです!
 
Mサイズは容器代込み1,000円でテイクアウトOK。
店名を鳥のモチーフで表現したロゴは、
鳥=開放感と自由
仕事終わりの至福の一杯を求めて人々が集まることを意味しているそう。
 
美味しいクラフトビールとおつまみで、開放感に酔いしれて!
 
HININITUKA(ヒニニツカ)
住所:札幌市北区北7条西2丁目20 NCO札幌駅北口1F
営業時間:午後5時00分〜午後10時00分 L.O.午後9時30分
(蔓延防止等重点措置期間中は〜午後9時00分 L.O.午後8時00分)
※予約不可
休み:不定
駐車場:なし
電話番号:なし
Instagram:@hininituka

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
 
こちらで扱うクラフトビールは、北海道のブルワリーのもののみ。
店内に掲げられた北海道の地図には、取り扱いのある道内各地のブルワリーの情報が貼られていて、今後も増えていく予定だとか!
 
タップは10個あり、現在は樽替わりで7種類ですが、夏ごろには10種類のクラフトビールを楽しめるようになるそうです。
北海道のブルワリーはどんどん増えていて、今では30ほどだとか。

同店では、昨年誕生したブルワリー「余市ビール(YOICHI BEER CRAFT WORKS)」や「にきやブルワリー(NIKIYA FARM & BREWERY)」のビールも飲むことができます。

今年は6月ごろに岩内にも新しくブルワリーが誕生する予定で、北海道のクラフトビールは後志地方がアツいですね!
「飲みたいビールがたくさんある…!」となったときは、「3種飲み比べSET」1,000円をぜひ! 140mlのグラスで、少しずつ楽しめます。
 
一杯ずつの場合は、容量の違う3種類のグラスで提供。
S(250ml)750円 or 850円
M(350ml)1,000円 or 1,100円
L(480ml)1,250円 or 1,400円
ビールに合うフードも力を入れていて、中でもオススメは「フィッシュアンドチップス」S600円・M950円!

ビール好きのオーナーがイギリスで食べたフィッシュアンドチップスを元に、試行錯誤した一品だそうです。

大き目にカットしたタラは、一晩塩麴に漬けることでほのかな塩気と旨味を感じる味わいに。
クラフトビールやココナッツミルク、米粉などを加えた衣で、風味よくカラッと揚げていて、軽い食べ心地なのでついたくさん食べてしまいそうです!
 
Mサイズは容器代込み1,000円でテイクアウトOK。
店名を鳥のモチーフで表現したロゴは、
鳥=開放感と自由
仕事終わりの至福の一杯を求めて人々が集まることを意味しているそう。
 
美味しいクラフトビールとおつまみで、開放感に酔いしれて!
 
HININITUKA(ヒニニツカ)
住所:札幌市北区北7条西2丁目20 NCO札幌駅北口1F
営業時間:午後5時00分〜午後10時00分 L.O.午後9時30分
(蔓延防止等重点措置期間中は〜午後9時00分 L.O.午後8時00分)
※予約不可
休み:不定
駐車場:なし
電話番号:なし
Instagram:@hininituka

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
 

poroco編集部

札幌の街をアクティブに楽しむための情報誌「poroco(ポロコ)」。グルメ、ファッション、エンタテインメントなど、多彩な情報を詳しい記事と美しいビジュアルで毎月紹介。旬で魅力的なテーマを編集部が徹底取材。毎号を保存版にしたくなるようなクオリティの高さで、札幌女子に支持されている。

SHARE