2022.3.9

グルメ

ドキドキ絶景のヌン活!フレンチ名店アフタヌーンティー"予約いっぱい"【赤れんがテラス】

千葉柚果

学生ライター

「ヌン活」とも呼ばれさらに注目を集めているアフタヌーンティー。札幌市内でもアフタヌーンティーを楽しめるお店が増えつつあります。

フレンチの名店でもティースタンドを開始したとの情報が…。

北海道の厳選食材で作るフレンチ

グルメサイトで全国の「フレンチ百名店」に選ばれるなど札幌が誇るフレンチレストラン『LA BRIQUE(ラ・ブリック)』。
北海道産の厳選された高級食材を用いたフレンチ料理は絶品。北海道外から足を運ぶ方も。

「生産者から直接仕入れたこだわりの北海道産の食材を使用しています」と野菜は北海道音更産や美瑛産のもの。さらにワインカーヴが併設されてます。エントランスには1,000本ほどのワインが…。

フレンチの名店が作るティースタンド

フレンチの名店『LA BRIQUE 』がランチタイム限定で「ティースタンド(3,190円 税込)」を始めました。シェフ手作りのフィンガーフードが3段のティースタンドに飾られています。

始めたきっかけはお客さんからの要望だったと支配人は話します。
「フレンチのコースで最後に出す“ミニャルディーズでティースタンドを作ってほしい”という要望にお応えして作りました」

コースの最後に出している「プティフール」と呼ばれる小さめのお菓子などを用いてティースタンドを完成させました。3段のティースタンドにお飲み物がセットになっています。

「ティースタンド(3,190円 税込)」

1段目にはカヌレやマドレーヌなどのお菓子が飾られています。
2段目にはパスタなどが並びます。
3段目にはガトーショコラなどスイーツが並びます。
セットのドリンクは「徳光珈琲×ラブリックオリジナルブレンド」のコーヒーや紅茶などから選ぶことができます。
追加料金がかかりますがワインなどにも変更も可能です。

今回は「フルーツティー」をいただきました。セイロンティーにオレンジやクランベリーなどがざく切りに入っています。

絶景と共に食事

店内からは北海道庁が一望でき、景色を眺めながら絶品のお食事…素敵な空間に包まれます。

「開始してから予約でいっぱい」と話す支配人。SNSなどで話題となり、 サービスを開始した2月はすぐに予約で満席に。

「ティースタンド(3,190円 税込)」は季節ごとに一部を変化させるとのこと。おひとり様用から注文可能で、事前予約(午前11時半〜or午後2時〜)が必要です。
LA BRIQUE (ラ・ブリック)
住所:札幌市中央区北2条西4丁目1番地赤れんが テラス3階
営業時間:
ランチ 午前11時半〜午後3時(L.O.午後1時半)
ディナー 午後5時半〜午後9時(L.O.午後7時)
定休日:なし
電話番号:011‐596-0868
公式ホームページ:https://aoyamawinemarket.jp/laburique/
Instagram:@labrique_sapporo

(上記の情報は記事作成時点でのものです。価格や最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
 

北海道の厳選食材で作るフレンチ

グルメサイトで全国の「フレンチ百名店」に選ばれるなど札幌が誇るフレンチレストラン『LA BRIQUE(ラ・ブリック)』。
北海道産の厳選された高級食材を用いたフレンチ料理は絶品。北海道外から足を運ぶ方も。

「生産者から直接仕入れたこだわりの北海道産の食材を使用しています」と野菜は北海道音更産や美瑛産のもの。さらにワインカーヴが併設されてます。エントランスには1,000本ほどのワインが…。

フレンチの名店が作るティースタンド


「ティースタンド(3,190円 税込)」

フレンチの名店『LA BRIQUE 』がランチタイム限定で「ティースタンド(3,190円 税込)」を始めました。シェフ手作りのフィンガーフードが3段のティースタンドに飾られています。

始めたきっかけはお客さんからの要望だったと支配人は話します。
「フレンチのコースで最後に出す“ミニャルディーズでティースタンドを作ってほしい”という要望にお応えして作りました」

コースの最後に出している「プティフール」と呼ばれる小さめのお菓子などを用いてティースタンドを完成させました。3段のティースタンドにお飲み物がセットになっています。
1段目にはカヌレやマドレーヌなどのお菓子が飾られています。
2段目にはパスタなどが並びます。
3段目にはガトーショコラなどスイーツが並びます。
セットのドリンクは「徳光珈琲×ラブリックオリジナルブレンド」のコーヒーや紅茶などから選ぶことができます。
追加料金がかかりますがワインなどにも変更も可能です。

今回は「フルーツティー」をいただきました。セイロンティーにオレンジやクランベリーなどがざく切りに入っています。

絶景と共に食事

店内からは北海道庁が一望でき、景色を眺めながら絶品のお食事…素敵な空間に包まれます。

「開始してから予約でいっぱい」と話す支配人。SNSなどで話題となり、 サービスを開始した2月はすぐに予約で満席に。

「ティースタンド(3,190円 税込)」は季節ごとに一部を変化させるとのこと。おひとり様用から注文可能で、事前予約(午前11時半〜or午後2時〜)が必要です。
LA BRIQUE (ラ・ブリック)
住所:札幌市中央区北2条西4丁目1番地赤れんが テラス3階
営業時間:
ランチ 午前11時半〜午後3時(L.O.午後1時半)
ディナー 午後5時半〜午後9時(L.O.午後7時)
定休日:なし
電話番号:011‐596-0868
公式ホームページ:https://aoyamawinemarket.jp/laburique/
Instagram:@labrique_sapporo

(上記の情報は記事作成時点でのものです。価格や最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
 

千葉柚果

学生ライター

札幌在住の大学生。よく笑い、よく食べ、よく喋ります!カフェ巡り、カメラで写真を 撮る時間が大好き。流行りのもの面白いものを見つけると飛んでいきます。新しい場所、流行りそうなものを、いち早く体験取材をし、テレビSASARUでもナビゲートしています。

SHARE