2022.1.1

グルメ

【2021年話題の新店】"味もビジュアルも話題"の3店…SNSでバズった缶ケーキに魚パフェ、猫パン

SASARU編集部

2021年はさまざまなグルメが登場し話題となりました。そのなかでも今回は、味・見た目ともにインパクトが強く、SNSで拡散されたグルメをご紹介します!

全国でも有名なショートケーキ缶や、キラキラした海鮮のパフェ、可愛らしい猫パンなど…。話題性抜群な人気のお店をまとめましたよ~。

全国でも話題のスイーツ自販機「ショートケーキ缶」

アイデアがすごい!見た目が可愛い!と東京で話題になったスイーツ自販機の「ショートケーキ缶」が、札幌にも上陸しました。

手がけるのは、本格的なパティスリーのスイーツを提供する「pâtisserie OKASHI GAKU」。店舗前に設置された自販機で、同商品を販売しています。

中身は330mlとボリュームがありますが、実際に持ってみると重くはありませんでしたよ。
クリームは甘さ控えめで、スポンジのふわふわとした食感との相性が抜群。いちごがたっぷりと入っていて、贅沢感が感じられます。クリームのなかに隠されたアーモンドも、ケーキのアクセントとして楽しめましたよ~。

また、ショートケーキ缶のほかに、自販機では生クリームと果物のコンフィチュール、フルーツピューレ、シフォンケーキを詰めた「ふわ缶」も購入できます。訪れた際は、あわせてチェックしてみてくださいね。

patisserie OKASHI GAKU
住所:札幌市中央区南4条西2丁目10-1 南4西2ビル 1F
電話番号:011-252-9911
営業時間:正午12時~午後11時
定休日:毎週水曜日、第一火曜日、第三火曜日
Instagram:@okashigaku
オンラインショップ:https://okashigaku.official.ec/

リツイート1万超え!連日完売『ショートケーキ缶』札幌上陸…"スイーツの自販機"登場!
https://sasaru.media/article/gourmet/20210723_004/
(2021.7.23公開)

見た目のインパクト抜群「海鮮×パフェ」

「パフェ=スイーツ」という概念を壊したのが「お魚ぱふぇ カサナル」です。ここで提供されるのは、カラフルな海鮮を盛り合わせた映えるパフェ。

食べられる花の「エディブルフラワー」や、海藻で作られた「海藻ビーズ」がふんだんに使われ、華やかな見た目へのこだわりが欠かせません。
注文した「大海老付きお魚いっぱいぱふぇ」は、ビッグサイズのエビが乗ったインパクトの強い見た目が特徴的。イクラや真ダイ、本マグロなど、ほかにも豪華な海鮮がたくさん乗せられています。

大海老以外の海鮮はその日の仕入れによって決まるため、鮮度が抜群なのも魅力です。味・見た目の両方で楽しめる海鮮丼を味わいたいなら、お魚ぱふぇ カサナルで決まりでしょう~。

お魚ぱふぇ カサナル
住所:札幌市東区北22条東17丁目3-17 齋藤館1F
電話番号:080-4899-2258
営業時間:正午12時~午後4時
定休日:月曜日
Instagram:@kasa.naru
ウェブサイト:https://kasanaru.amebaownd.com/

“海鮮パフェ”爆盛り1,000円以下…斬新+映え「お魚ぱふぇカサナル」オープン
https://sasaru.media/article/gourmet/20210608_003/
(2021.6.8公開)

ふわふわで可愛い「高級にゃんこ食パン」

2021年3月、「魔法洋菓子店 ほしみ堂」が星置にオープンしました。高級食パンといえばすでにいろいろなお店で販売されていますが、同店では猫の形をした可愛らしい形の食パンが手に入るんです!

蜂蜜とクリームチーズ、北海道産生クリームが使われ、ふわふわもちもちの食感がたまりません。甘さが感じられるため、何もつけずそのままでもおいしく味わえますよ。
また、不定期・数量限定ですが、店頭にミニサイズの高級にゃんこ食パンが並ぶことも。来店時に出会えた人は、ラッキーですね~。

そのほかにも、ほしみ堂にはグルテンフリーのクッキーや、ここでしか手に入らない厚田プリンなど魅力的な商品がたくさんあるので要チェックです。

魔法洋菓子店 ほしみ堂
住所:札幌市手稲区星置2条8丁目3-1
電話番号:011-600-1540
営業時間:午前10時~午後6時
定休日:不定休
Instagram:@hosihmido
Webサイト:http://hosimidou.com
高級にゃんこ食パンの予約フォーム:https://select-type.com/e/?id=7EgnZODmnD4

店長は"占い師"「高級にゃんこ食パン」…2万個売れた「ねこ道楽プリン」注目の新店
https://sasaru.media/article/gourmet/20210615_003/
(2021.6.15公開)

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

全国でも話題のスイーツ自販機「ショートケーキ缶」

アイデアがすごい!見た目が可愛い!と東京で話題になったスイーツ自販機の「ショートケーキ缶」が、札幌にも上陸しました。

手がけるのは、本格的なパティスリーのスイーツを提供する「pâtisserie OKASHI GAKU」。店舗前に設置された自販機で、同商品を販売しています。

中身は330mlとボリュームがありますが、実際に持ってみると重くはありませんでしたよ。
クリームは甘さ控えめで、スポンジのふわふわとした食感との相性が抜群。いちごがたっぷりと入っていて、贅沢感が感じられます。クリームのなかに隠されたアーモンドも、ケーキのアクセントとして楽しめましたよ~。

また、ショートケーキ缶のほかに、自販機では生クリームと果物のコンフィチュール、フルーツピューレ、シフォンケーキを詰めた「ふわ缶」も購入できます。訪れた際は、あわせてチェックしてみてくださいね。

patisserie OKASHI GAKU
住所:札幌市中央区南4条西2丁目10-1 南4西2ビル 1F
電話番号:011-252-9911
営業時間:正午12時~午後11時
定休日:毎週水曜日、第一火曜日、第三火曜日
Instagram:@okashigaku
オンラインショップ:https://okashigaku.official.ec/

リツイート1万超え!連日完売『ショートケーキ缶』札幌上陸…"スイーツの自販機"登場!
https://sasaru.media/article/gourmet/20210723_004/
(2021.7.23公開)

見た目のインパクト抜群「海鮮×パフェ」

「パフェ=スイーツ」という概念を壊したのが「お魚ぱふぇ カサナル」です。ここで提供されるのは、カラフルな海鮮を盛り合わせた映えるパフェ。

食べられる花の「エディブルフラワー」や、海藻で作られた「海藻ビーズ」がふんだんに使われ、華やかな見た目へのこだわりが欠かせません。
注文した「大海老付きお魚いっぱいぱふぇ」は、ビッグサイズのエビが乗ったインパクトの強い見た目が特徴的。イクラや真ダイ、本マグロなど、ほかにも豪華な海鮮がたくさん乗せられています。

大海老以外の海鮮はその日の仕入れによって決まるため、鮮度が抜群なのも魅力です。味・見た目の両方で楽しめる海鮮丼を味わいたいなら、お魚ぱふぇ カサナルで決まりでしょう~。

お魚ぱふぇ カサナル
住所:札幌市東区北22条東17丁目3-17 齋藤館1F
電話番号:080-4899-2258
営業時間:正午12時~午後4時
定休日:月曜日
Instagram:@kasa.naru
ウェブサイト:https://kasanaru.amebaownd.com/

“海鮮パフェ”爆盛り1,000円以下…斬新+映え「お魚ぱふぇカサナル」オープン
https://sasaru.media/article/gourmet/20210608_003/
(2021.6.8公開)

ふわふわで可愛い「高級にゃんこ食パン」

2021年3月、「魔法洋菓子店 ほしみ堂」が星置にオープンしました。高級食パンといえばすでにいろいろなお店で販売されていますが、同店では猫の形をした可愛らしい形の食パンが手に入るんです!

蜂蜜とクリームチーズ、北海道産生クリームが使われ、ふわふわもちもちの食感がたまりません。甘さが感じられるため、何もつけずそのままでもおいしく味わえますよ。
また、不定期・数量限定ですが、店頭にミニサイズの高級にゃんこ食パンが並ぶことも。来店時に出会えた人は、ラッキーですね~。

そのほかにも、ほしみ堂にはグルテンフリーのクッキーや、ここでしか手に入らない厚田プリンなど魅力的な商品がたくさんあるので要チェックです。

魔法洋菓子店 ほしみ堂
住所:札幌市手稲区星置2条8丁目3-1
電話番号:011-600-1540
営業時間:午前10時~午後6時
定休日:不定休
Instagram:@hosihmido
Webサイト:http://hosimidou.com
高級にゃんこ食パンの予約フォーム:https://select-type.com/e/?id=7EgnZODmnD4

店長は"占い師"「高級にゃんこ食パン」…2万個売れた「ねこ道楽プリン」注目の新店
https://sasaru.media/article/gourmet/20210615_003/
(2021.6.15公開)

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

SHARE

SASARU編集部

2019年初夏に誕生した「SASARU」編集部では北海道民や北海道外に住む道産子、北海道が大好きな方…多くの人の心に刺さる北海道の話題や、つい押ささってしまう情報を集めています。編集部では、読んでくれる皆さんの日常生活に「SASARU」が染み入るように、日々企画を考え取材をしています。 読まさる記事、見ささる記事が、皆さんの心にささりますように。