2021.10.26

グルメ

時鮭パスタ・鮭チャーハン・映える鮭ミルフィーユ…極上おいしい鮭レシピ“食通が自炊”

井上雄彦

1級フードアナリスト・料理研究家

道産子にとっての秋冬の味覚の代表格といえばやはり鮭だと思います。近年では温暖化の影響もあって鮭が不漁になっている上に、最近では赤潮の影響が心配ですね…。

鮭の代わりに鰤(ブリ)が豊漁になっていますが、道産子にとって鮭に代わるものではありません。鮭に含まれる良質なたんぱく質は胃腸を温めて血のめぐりを促し、そのため昔から北海道では体を温める食べ物と言われてきたました。

今回は自炊で作った鮭を利用したお料理を紹介していきたいと思います。

 

脂のりのイイ『時鮭』のペペロンチーノ

フライパンにオリーブオイルを入れて、ニンニクと鷹の爪をしっかりと香りと味をし塩胡椒、そこに時鮭を皮目から入れてしっかり焼き目を付けます。

茹でたパスタを入れてしっかりと合えたら完成です。

釜揚げシラスをトッピングしてみました。

風味豊か~『塩鮭と高菜漬けの炒め飯』

ボールに焼いて身をほぐした塩鮭、ご飯と生卵を加え入れ混ぜあわせます。

フライパンを熱しオリーブオイルをひいたら刻んだ高菜漬けを入れて炒め、暫くしたら先ほどボールの材料を加え、ご飯がパラパラとなるまで炒めれば完成。余していたクルトン入れちゃっています。
塩鮭と高菜漬けから強い塩分が出るので、基本的に一切調味料は不要です。

好みで白胡麻や醤油を少々加えたら風味が出て更に、楽しめると思いますよ。塩辛くなりすぎないよう注意が必要です。

絶品!味わい濃くてホクホク~『鮭とホタテ団子』

生鮭とホタテ貝柱を包丁で叩いた後に塩を少々加え和えたら、くず粉をまぶして油で揚げるだけのものです。レモンを絞って頂きます。
単身赴任だと、料理を作るとどうして多く作りすぎちゃうことが多いのです。

結局2~3食同じ食材を食べることになってしまうのですが、まったく同じものでは飽きてしまうし、芸がないのでアレンジします。

これは鰹・アゴ出汁の中にキノコ、ネギ、白菜と一緒に団子を入れて小鍋立てにしてみました。団子の油分が加わり出汁が更に美味しくなりますよ。

『鮭ミルフィユ』は映えますよ~

白菜と鮭のスライス(スモークサーモン)を交互に挟んでミルフィユ状にします。

あとはタップリの出汁で煮込んでいけば完成です。

もてなしをイメージして大葉の千切り、卵の黄身を添えて盛り付けてみました。
 

サケはお米とも相性バツグン~『鮭の親子リゾット』

今回ご紹介する最後の自炊です。
鍋にオリーブオイルを引き、洗わない(もしくは無洗米)お米と焼いてほぐした鮭の身を炒めていきます。お米が透き通ってきたら、チキンスープを加えていきます。この時随時足していくスープ(お湯でも可)は熱々のものを加えるのがコツになります。最後に塩で味付けし、実山椒を加えて混ぜ合わせたら出来上がりです。

お皿に盛り付けてから自家製いくらの醤油漬けをたっぷりと掛けて、その上にソテーした
鮭の切り身を盛り付けたら完成です。
 
鮭にはアスタキサンチンという成分が入っていて非常に強い抗酸化力をもっています。血中脂質の活性酸素を抑え、免疫力を高める力も強く、鮭の身が赤いのはこの成分の色素の色です。

なんとこの成分を自然界で豊富に含んでいるのは鮭だけと言われています。他にも赤血球をつくるのを助け、貧血の予防に役立つビタミンB12や動脈硬化や認知症の予防に効果がある不飽和脂肪酸のEPA・DHAも含まれています。

北海道を代表する食材の鮭をしっかり食べて、寒い時期は身体を温めましょう。

脂のりのイイ『時鮭』のペペロンチーノ

フライパンにオリーブオイルを入れて、ニンニクと鷹の爪をしっかりと香りと味をし塩胡椒、そこに時鮭を皮目から入れてしっかり焼き目を付けます。

茹でたパスタを入れてしっかりと合えたら完成です。

釜揚げシラスをトッピングしてみました。

風味豊か~『塩鮭と高菜漬けの炒め飯』

ボールに焼いて身をほぐした塩鮭、ご飯と生卵を加え入れ混ぜあわせます。

フライパンを熱しオリーブオイルをひいたら刻んだ高菜漬けを入れて炒め、暫くしたら先ほどボールの材料を加え、ご飯がパラパラとなるまで炒めれば完成。余していたクルトン入れちゃっています。
塩鮭と高菜漬けから強い塩分が出るので、基本的に一切調味料は不要です。

好みで白胡麻や醤油を少々加えたら風味が出て更に、楽しめると思いますよ。塩辛くなりすぎないよう注意が必要です。

絶品!味わい濃くてホクホク~『鮭とホタテ団子』

生鮭とホタテ貝柱を包丁で叩いた後に塩を少々加え和えたら、くず粉をまぶして油で揚げるだけのものです。レモンを絞って頂きます。
単身赴任だと、料理を作るとどうして多く作りすぎちゃうことが多いのです。

結局2~3食同じ食材を食べることになってしまうのですが、まったく同じものでは飽きてしまうし、芸がないのでアレンジします。

これは鰹・アゴ出汁の中にキノコ、ネギ、白菜と一緒に団子を入れて小鍋立てにしてみました。団子の油分が加わり出汁が更に美味しくなりますよ。

『鮭ミルフィユ』は映えますよ~

白菜と鮭のスライス(スモークサーモン)を交互に挟んでミルフィユ状にします。

あとはタップリの出汁で煮込んでいけば完成です。

もてなしをイメージして大葉の千切り、卵の黄身を添えて盛り付けてみました。
 

サケはお米とも相性バツグン~『鮭の親子リゾット』

今回ご紹介する最後の自炊です。
鍋にオリーブオイルを引き、洗わない(もしくは無洗米)お米と焼いてほぐした鮭の身を炒めていきます。お米が透き通ってきたら、チキンスープを加えていきます。この時随時足していくスープ(お湯でも可)は熱々のものを加えるのがコツになります。最後に塩で味付けし、実山椒を加えて混ぜ合わせたら出来上がりです。

お皿に盛り付けてから自家製いくらの醤油漬けをたっぷりと掛けて、その上にソテーした
鮭の切り身を盛り付けたら完成です。
 
鮭にはアスタキサンチンという成分が入っていて非常に強い抗酸化力をもっています。血中脂質の活性酸素を抑え、免疫力を高める力も強く、鮭の身が赤いのはこの成分の色素の色です。

なんとこの成分を自然界で豊富に含んでいるのは鮭だけと言われています。他にも赤血球をつくるのを助け、貧血の予防に役立つビタミンB12や動脈硬化や認知症の予防に効果がある不飽和脂肪酸のEPA・DHAも含まれています。

北海道を代表する食材の鮭をしっかり食べて、寒い時期は身体を温めましょう。

井上雄彦

1級フードアナリスト・料理研究家

普段は食に全く関係のないメーカーのサラリーマン。生来の食いしん坊が高じて1級フードアナリスト、1級だしソムリエ、唎酒師、調理師と次々に食に纏わる資格を取得。12年間で食べ歩いたお店は日本全国でのべ1800軒以上。休日余暇には趣味の一環として講師、講演会を通じ尊命敬食、日本人の食の精神(神人共食)、日本人とお米について伝えることをライフワークとしつつ今日も美味しいお店を探す日々を過ごしています。

SHARE