2021.9.6

グルメ

「ミニ大通」にあるお店で「美しすぎる」"ふわとろ感動オム"に出会った!

SASARU編集部

「この夏、どこにも行けなかった」
「仕事を頑張った何かご褒美がほしい…」

そんな貴女におすすめなのが「パラティーノ」のオムライス。

・まず目の前に来た時の「美しさ」
・ナイフで卵に切れ目を入れた時の「ふわトロ感」
・そして食べた時の「感動」

この三段階で一瞬のうちにテンションアップしますよ!



 

2019年11月に、札幌市中央区の通称"ミニ大通"に移転オープンした「パラティーノ」は今年で10周年。札幌市民がこよなく愛する大人気の洋食店です。

アットホームで居心地の良い「町の洋食屋さん」というイメージと、実際は「こだわりの本格派」というギャップが一度に味わえます。

メニュー表の一番上に掲げられているオムライスは、デミグラス、トマト、クリームチーズ、カレーと4種のソースを選べます。

ソースの段階からとても悩ましいところですが、どれも美味しいのでその日の気分で選びましょう。

 

超有名店の総料理長という経歴のシェフがつくる極上オムレツ

卵は江別市太田ファームの「ココットレッド」を使用。
シェフの手で作られる焦げも傷もない、赤ちゃんのほっぺの様な卵はプルプル状態でチキンライスの上に鎮座。

ナイフで一筋の切れ目を入れると、そこからSNS映えする半熟ふわトロの波で皿一面を覆いつくしビューティフル~~!まさに感動の瞬間ですよ。

「パラティーノ」のシェフはあの「ミクニサッポロ」統括料理長だったという、すごい経歴の持ち主!「美しい」「ふわトロ」「感動」のオムライスになるのもうなずけますね。

これからの季節はドリアもおいしい~ワインと一緒の休日に

時にはちょっぴりリッチなランチタイムを!と思ったら「シェフのおすすめパラティーノ ランチ(1,300円)」がオススメ。

休日のランチのお供にグラスワイン白(480円)も一緒に…。

さわやかで癖のない冷えた白ワイン。ハイクオリティの季節の前菜3点と絶品スープがメインの来るまでの時間を極上に盛り上げてくれます。
 
メインはオムライス、ドリア、生パスタ、カレーからチョイス。

付け合わせの野菜は丘珠のアド・ワンファームの「サノラバ野菜」を使用。生パスタは道産小麦を使い、もちもちのおいしさです。
 
これからの季節はオムライスと二枚看板のドリアもいいですよ~。

濃厚なのに全く飽きることのなく、最後の一口までペロリと食べられます。

ディナーのグリルメニューもクオリティの高いおいしさ


ホタテと香草~この香りを届けたい~

緊急事態宣言が解除したらゆっくりとディナーも楽しみたいですよね。

センスの良いお手頃価格のボトルワインと「道産帆立の香草パン粉焼き(780円)」で乾杯し「四元豚スペアリブのガーリック焼き(1,600円)」を豪快に手づかみでかぶりつきましょう。このおいしさ、ハマります!

世の中が落ち着いたら行きたい店に、「パラティーノ」をリストに入れてみてはいかがでしょうか?
嗚呼~まだかなぁ~…。
以上、ぶらり町グルメが大好きなほりりんでした。

パラティーノ 

住所:札幌市中央区北四条西14-1-63 ミニ大通ビル1F
電話番号:011-206-6768
定休日:毎週月曜日と火曜日
ランチ:午前11時30分〜午後3時 (ラストオーダー午後2時30分)
ディナー:午後5時30分〜午後9時  (ラストオーダー午後8時30分)
(午後3時〜午後5時30分はディナーの準備のためクローズ)
*緊急事態宣言中なのでディナーは休止しています。営業時間変更の可能性あり


(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
 
2019年11月に、札幌市中央区の通称"ミニ大通"に移転オープンした「パラティーノ」は今年で10周年。札幌市民がこよなく愛する大人気の洋食店です。

アットホームで居心地の良い「町の洋食屋さん」というイメージと、実際は「こだわりの本格派」というギャップが一度に味わえます。

メニュー表の一番上に掲げられているオムライスは、デミグラス、トマト、クリームチーズ、カレーと4種のソースを選べます。

ソースの段階からとても悩ましいところですが、どれも美味しいのでその日の気分で選びましょう。

 

超有名店の総料理長という経歴のシェフがつくる極上オムレツ

卵は江別市太田ファームの「ココットレッド」を使用。
シェフの手で作られる焦げも傷もない、赤ちゃんのほっぺの様な卵はプルプル状態でチキンライスの上に鎮座。

ナイフで一筋の切れ目を入れると、そこからSNS映えする半熟ふわトロの波で皿一面を覆いつくしビューティフル~~!まさに感動の瞬間ですよ。

「パラティーノ」のシェフはあの「ミクニサッポロ」統括料理長だったという、すごい経歴の持ち主!「美しい」「ふわトロ」「感動」のオムライスになるのもうなずけますね。

これからの季節はドリアもおいしい~ワインと一緒の休日に

時にはちょっぴりリッチなランチタイムを!と思ったら「シェフのおすすめパラティーノ ランチ(1,300円)」がオススメ。

休日のランチのお供にグラスワイン白(480円)も一緒に…。

さわやかで癖のない冷えた白ワイン。ハイクオリティの季節の前菜3点と絶品スープがメインの来るまでの時間を極上に盛り上げてくれます。
 
メインはオムライス、ドリア、生パスタ、カレーからチョイス。

付け合わせの野菜は丘珠のアド・ワンファームの「サノラバ野菜」を使用。生パスタは道産小麦を使い、もちもちのおいしさです。
 
これからの季節はオムライスと二枚看板のドリアもいいですよ~。

濃厚なのに全く飽きることのなく、最後の一口までペロリと食べられます。

ディナーのグリルメニューもクオリティの高いおいしさ


ホタテと香草~この香りを届けたい~

緊急事態宣言が解除したらゆっくりとディナーも楽しみたいですよね。

センスの良いお手頃価格のボトルワインと「道産帆立の香草パン粉焼き(780円)」で乾杯し「四元豚スペアリブのガーリック焼き(1,600円)」を豪快に手づかみでかぶりつきましょう。このおいしさ、ハマります!

世の中が落ち着いたら行きたい店に、「パラティーノ」をリストに入れてみてはいかがでしょうか?
嗚呼~まだかなぁ~…。
以上、ぶらり町グルメが大好きなほりりんでした。

パラティーノ 

住所:札幌市中央区北四条西14-1-63 ミニ大通ビル1F
電話番号:011-206-6768
定休日:毎週月曜日と火曜日
ランチ:午前11時30分〜午後3時 (ラストオーダー午後2時30分)
ディナー:午後5時30分〜午後9時  (ラストオーダー午後8時30分)
(午後3時〜午後5時30分はディナーの準備のためクローズ)
*緊急事態宣言中なのでディナーは休止しています。営業時間変更の可能性あり


(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
 

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

RELATED WORDS 関連ワード

SASARU編集部

2019年初夏に誕生した「SASARU」編集部では北海道民や北海道外に住む道産子、北海道が大好きな方…多くの人の心に刺さる北海道の話題や、つい押ささってしまう情報を集めています。編集部では、読んでくれる皆さんの日常生活に「SASARU」が染み入るように、日々企画を考え取材をしています。 読まさる記事、見ささる記事が、皆さんの心にささりますように。