2021.8.27

グルメ

コーヒー専門店の“濃ゆいソフトクリーム”エスプレッソ×脂肪分4.0%のミルク

SASARU編集部

地下鉄さっぽろ駅より、チカホを歩いて2分ほどの場所にある「MARUMI COFFEE STAND sitatte sapporo(丸美珈琲スタンド シタッテ札幌)」。世界の5%しかないとされる、スペシャルティコーヒーのテイクアウト限定コーヒーショップです。

朝は通勤、お昼はランチ休憩、夜は仕事おわりの方と、朝から晩までお客さんが絶えません。

そんなリピーターの多い丸美珈琲シタッテ札幌店で、限定メニューや人気メニュー、コーヒーへのこだわりについて伺ってきました。

シタッテ札幌店 限定メニュー『スペシャルティコーヒーソフト』


『スペシャルティコーヒーソフト(410円 税込)』

丸美珈琲シタッテ札幌店で食べていただきたのが『スペシャルティコーヒーソフト』。北海道内で4店舗を展開する丸美珈琲店ですが、このソフトをいただけるのはシタッテ札幌店だけです。

こちらのコーヒーソフト、抽出したエスプレッソと脂肪分4.0%の濃ゆいソフトミックスを混ぜて作っているんですって。その味は濃厚そのもの。ひとくち食べるとコーヒーの芳しい香りを感じ、さらに濃厚なミルクのコクを味わえます。

まさに“ホンモノ”のコーヒーソフトという言葉がぴったり。
ソフトクリームに使うコーヒーは、2週間に1度変わるとのこと。今回はグアテマラの浅煎りで、さっぱりとフルーティーな香りでした。

エスプレッソによって風味が変わるので、その都度ちがう味わいを楽しんでいただけますよ」と話すのは、丸美珈琲シタッテ札幌店の店長・長岡さん。たとえばチョコのような風味のコーヒーだと、ビター風のコーヒーソフトになるそうです。

これは2週間ごとに通いたくなってしまいますよね。

カフェラテのフタを開けたらサプライズ!


『カフェラテ(432円 税込)』


丸美珈琲シタッテ札幌店の人気メニューのひとつが『カフェラテ』。カップのフタを開けると、そこにはとってもキュートなラテアートが! これは素敵なサプライズです。

提供時にはフタをしてしまうため、気づかない方も多いそう。こんなにかわいいラテアートに気づかないなんてもったいない! 丸美珈琲でカフェラテをテイクアウトした際は、ぜひフタをあけて素敵なラテアートを楽しんでくださいね。
カフェラテもソフトクリームと同様に、北海道浜中町の脂肪4.0%牛乳を使っているとのこと。エスプレッソの芳醇な香りに、深いコクのミルク。

レギュラーカップ2杯分のたっぷり贅沢なカフェラテを432円(税込)という価格でいただけるのは、丸美珈琲だからこそのおもてなしです。

月ごとに変わるおすすめコーヒー


『ニカラグア(テイクアウトコーヒー:518円 税込/コーヒー豆 200g 1,836円 税込)』

3月のおすすめコーヒーは『ニカラグア』。果肉をつけたまま天日乾燥させる製法で、果肉の甘みをそのまま楽しめるコーヒーです。口に含むとオレンジのような香りがします。

「おすすめコーヒーは毎月変わりますが、4月はケニアの予定です」と、長岡さんがこっそり教えてくださいました。
丸美珈琲シタッテ札幌店では、数々のコーヒー豆を取り扱っています。「どれを選べば良いかわからない…」という方もご安心を。店頭には各コーヒー豆のサンプルが置いてあり、香りを嗅がせていただけます。

「丸美珈琲は伝えることを大切にしているので、コーヒーの説明はしっかりと行います」と長岡さん。店内にいらっしゃるスタッフさんは、全員コーヒー豆の説明ができるそうですよ(ラテアートも全員できるんだとか!)。

自分好みのコーヒーを見つけられるのも、丸美珈琲の魅力。

チカホで道行く方から愛されるスペシャルティコーヒー

取材中も一切お客さんが絶えない丸美珈琲シタッテ札幌店。常連さんも多く「あら、取材を受けてるの?」と気さくに長岡さんに声をかけられていました。コーヒーのおいしさはもちろん、長岡さんをはじめとするスタッフさんたちが魅力的なことも、リピーターが絶えない理由のひとつです。

コーヒー豆の栽培からコーヒーカップでの提供に至るまで、すべてにベストを尽くしたスペシャルティコーヒー。まだ飲んだことがないという方も、はじめの一歩として丸美珈琲のスペシャルティコーヒーを味わってみて。
(ライター・徳田菜摘)

2021.3.26 公開

MARUMI COFFEE STAND sitatte sapporo
(丸美珈琲スタンド シタッテ札幌)
住所:札幌市中央区北2条西3丁目1-20 札幌フコク生命越山ビル sitatte sapporo B1F(チカホ直結)
TEL:  011-596-7133
営業時間:午前7時30分〜午後8時
公式HP:https://www.marumi-coffee.com/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

シタッテ札幌店 限定メニュー『スペシャルティコーヒーソフト』


『スペシャルティコーヒーソフト(410円 税込)』

丸美珈琲シタッテ札幌店で食べていただきたのが『スペシャルティコーヒーソフト』。北海道内で4店舗を展開する丸美珈琲店ですが、このソフトをいただけるのはシタッテ札幌店だけです。

こちらのコーヒーソフト、抽出したエスプレッソと脂肪分4.0%の濃ゆいソフトミックスを混ぜて作っているんですって。その味は濃厚そのもの。ひとくち食べるとコーヒーの芳しい香りを感じ、さらに濃厚なミルクのコクを味わえます。

まさに“ホンモノ”のコーヒーソフトという言葉がぴったり。
ソフトクリームに使うコーヒーは、2週間に1度変わるとのこと。今回はグアテマラの浅煎りで、さっぱりとフルーティーな香りでした。

エスプレッソによって風味が変わるので、その都度ちがう味わいを楽しんでいただけますよ」と話すのは、丸美珈琲シタッテ札幌店の店長・長岡さん。たとえばチョコのような風味のコーヒーだと、ビター風のコーヒーソフトになるそうです。

これは2週間ごとに通いたくなってしまいますよね。

カフェラテのフタを開けたらサプライズ!


『カフェラテ(432円 税込)』


丸美珈琲シタッテ札幌店の人気メニューのひとつが『カフェラテ』。カップのフタを開けると、そこにはとってもキュートなラテアートが! これは素敵なサプライズです。

提供時にはフタをしてしまうため、気づかない方も多いそう。こんなにかわいいラテアートに気づかないなんてもったいない! 丸美珈琲でカフェラテをテイクアウトした際は、ぜひフタをあけて素敵なラテアートを楽しんでくださいね。
カフェラテもソフトクリームと同様に、北海道浜中町の脂肪4.0%牛乳を使っているとのこと。エスプレッソの芳醇な香りに、深いコクのミルク。

レギュラーカップ2杯分のたっぷり贅沢なカフェラテを432円(税込)という価格でいただけるのは、丸美珈琲だからこそのおもてなしです。

月ごとに変わるおすすめコーヒー


『ニカラグア(テイクアウトコーヒー:518円 税込/コーヒー豆 200g 1,836円 税込)』

3月のおすすめコーヒーは『ニカラグア』。果肉をつけたまま天日乾燥させる製法で、果肉の甘みをそのまま楽しめるコーヒーです。口に含むとオレンジのような香りがします。

「おすすめコーヒーは毎月変わりますが、4月はケニアの予定です」と、長岡さんがこっそり教えてくださいました。
丸美珈琲シタッテ札幌店では、数々のコーヒー豆を取り扱っています。「どれを選べば良いかわからない…」という方もご安心を。店頭には各コーヒー豆のサンプルが置いてあり、香りを嗅がせていただけます。

「丸美珈琲は伝えることを大切にしているので、コーヒーの説明はしっかりと行います」と長岡さん。店内にいらっしゃるスタッフさんは、全員コーヒー豆の説明ができるそうですよ(ラテアートも全員できるんだとか!)。

自分好みのコーヒーを見つけられるのも、丸美珈琲の魅力。

チカホで道行く方から愛されるスペシャルティコーヒー

取材中も一切お客さんが絶えない丸美珈琲シタッテ札幌店。常連さんも多く「あら、取材を受けてるの?」と気さくに長岡さんに声をかけられていました。コーヒーのおいしさはもちろん、長岡さんをはじめとするスタッフさんたちが魅力的なことも、リピーターが絶えない理由のひとつです。

コーヒー豆の栽培からコーヒーカップでの提供に至るまで、すべてにベストを尽くしたスペシャルティコーヒー。まだ飲んだことがないという方も、はじめの一歩として丸美珈琲のスペシャルティコーヒーを味わってみて。
(ライター・徳田菜摘)

2021.3.26 公開

MARUMI COFFEE STAND sitatte sapporo
(丸美珈琲スタンド シタッテ札幌)
住所:札幌市中央区北2条西3丁目1-20 札幌フコク生命越山ビル sitatte sapporo B1F(チカホ直結)
TEL:  011-596-7133
営業時間:午前7時30分〜午後8時
公式HP:https://www.marumi-coffee.com/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

SASARU編集部

2019年初夏に誕生した「SASARU」編集部では北海道民や北海道外に住む道産子、北海道が大好きな方…多くの人の心に刺さる北海道の話題や、つい押ささってしまう情報を集めています。編集部では、読んでくれる皆さんの日常生活に「SASARU」が染み入るように、日々企画を考え取材をしています。 読まさる記事、見ささる記事が、皆さんの心にささりますように。