2021.8.1

グルメ

人気急上昇の「豆葉」"高タンパク"ヘルシーな北海道食材 どさんこプラザや空港で人気

上坂由香

エディター

健康志向の高まりやダイエットで、もはや当たり前になってきた「糖質制限」ですが、高たんぱくで糖質を抑えられるお豆腐料理が人気!

北海道は良質の大豆が生産されることもあって、お豆腐のバリエーションもたくさんあるんです。

そこで今回は、厳選した北海道産大豆100%で、水と「にがり」のみで作られたヘルシーさん御用達の万能食品「豆葉(とうよう)」をご紹介します。

「糖質制限」しているひとに大人気!"置き換え"食品として売れ行き好調

豆葉(692円)は過熱した豆乳をにがりで固め、シート状に圧縮した大豆食品。添加物は一切使用せず、大豆そのものの風味と今までにないもっちり&しこしこの「新食感」が楽しめます。


そのままでも味わい深い豆葉は、和洋中のみならず、イタリアンやフレンチなどさまざまな料理に使え、パスタなどの「置き換え」食材としても大人気! 持続力をつけるにもいいといわれ、最近ではアスリートの皆さんからも注目されています。


冷凍食品なので、お豆腐より保存がきくところも高評価。そして何より、忙しい時にチャチャっと使えるところも助かりますよね~。

いろんな料理にアレンジできるのが「豆葉」最大の魅力!

「パスタを食べたいけれどダイエット中だから…」なんて、ため息をついているひといませんか?パンや麺、パスタ、マカロニなど、おいしいものってどうして糖質が高いんでしょうね(心の声)。

そんな時こそ、豆葉の出番!置き換え食材としての本領発揮です。
とろりとおいしいカルボナーラも、パスタを豆葉に置き換えて罪悪感なし!


さらに! この暑い夏に助かるのは、自然解凍で食べられるところ。好みの太さ切りソースとからめれば完成です。

「こんなにカンタンに置き換えられるなら、ほかのものにもチャレンジしようかな」

中華風のサラダやしゃぶしゃぶ、カレーライスなどアレンジの幅も無限大。
お肉の苦手はひとやダイエット中でも、大豆由来の植物性タンパク質がしっかりととれるので一石二鳥ですよね。

提供写真:プレミアム北海道


提供写真:プレミアム北海道

豆葉は中国で1000年以上前から食べられていた「干豆腐」としてポピュラーな食材ですが、こんなにたくさんのレパートリーに変身!炒めものからスープ、パスタなど、工夫しだいでさまざまな料理に使えます。

「豆葉1パックで約3丁分のお豆腐なんですよ」と、商品開発をしたプレミアム北海道専務取締役の神林さんは胸を張ります。

おいしさと栄養がぎゅっと圧縮されているので、食の細いひとにも好評なのだとか。子どもからお年寄りまで幅広い年代に食べてほしいですよね。豆腐はタンパク質のほかに、大豆イソフラボンやサポニン、ビタミンEなどが豊富。毎日率先して食べたい食材です。

豆葉の栄養成分表示(100gあたり)
熱量:309kcal
たんぱく質:28.3g
脂質:18.0g
炭水化物:6.9g
食塩相当量:0.4g
(七訂日本食品標準成分表に基づく推定値)

北海道の大豆加工食品界がアツい!これからも続々登場

「北海道産の大豆はとても品質がよく、この大豆で中国でも人気の干豆腐(豆葉)を作ったら、もっとおいしくなって、皆さんに喜ばれるかもしれないと思い商品化しました」と張社長。

「これからその大豆でさらにおいしい商品がでますよ」と紹介してくれたのが、こちらの「麻辣味噌」。北海道の大豆を生かし、夏にピッタリのピリ辛味噌も8月に発売されるんですって!豆葉の味付けにも使えますし、スタミナもつきそう!

提供写真:プレミアム北海道

大豆を「まるごと」使った豆乳も近日発売


提供写真:プレミアム北海道

さらにお水にさっと溶ける豆乳も開発したのだとか!

「栄養価の高い大豆の皮の部分もまるごと使って豆乳を作り、お腹の健康を考えオリゴ糖と甜菜糖を加えました。夏休みの子どもたちも、水で作るところから楽しめていいですよ」と張社長。

北海道の大豆がこうしたおいしい進化をしているなんて、道産子の筆者も胸熱です。食が細く、お肉の苦手な友人に送ってあげようかしら?

豆葉は、北海道どさんこプラザ札幌店、有楽町店(東京都)、手稲区の豆太、中央区のフーズバラエティすぎはらなどで販売しています。

10月~12月まで、羽田空港でも購入できます!空港の利用時、関東の方はお見逃しなく。また、ネットでも購入できるのでぜひ利用してみて。


株式会社プレミアム北海道

住所:札幌市中央区北2条西3丁目1番地 敷島ビル6階
Webサイト:https://www.premium-hokkaido.com/
豆葉Webサイト:https://www.h-toyo.com/

製造元 豆太

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)








 

「糖質制限」しているひとに大人気!"置き換え"食品として売れ行き好調

豆葉(692円)は過熱した豆乳をにがりで固め、シート状に圧縮した大豆食品。添加物は一切使用せず、大豆そのものの風味と今までにないもっちり&しこしこの「新食感」が楽しめます。


そのままでも味わい深い豆葉は、和洋中のみならず、イタリアンやフレンチなどさまざまな料理に使え、パスタなどの「置き換え」食材としても大人気! 持続力をつけるにもいいといわれ、最近ではアスリートの皆さんからも注目されています。


冷凍食品なので、お豆腐より保存がきくところも高評価。そして何より、忙しい時にチャチャっと使えるところも助かりますよね~。

いろんな料理にアレンジできるのが「豆葉」最大の魅力!


提供写真:プレミアム北海道

「パスタを食べたいけれどダイエット中だから…」なんて、ため息をついているひといませんか?パンや麺、パスタ、マカロニなど、おいしいものってどうして糖質が高いんでしょうね(心の声)。

そんな時こそ、豆葉の出番!置き換え食材としての本領発揮です。
とろりとおいしいカルボナーラも、パスタを豆葉に置き換えて罪悪感なし!


さらに! この暑い夏に助かるのは、自然解凍で食べられるところ。好みの太さ切りソースとからめれば完成です。

「こんなにカンタンに置き換えられるなら、ほかのものにもチャレンジしようかな」

中華風のサラダやしゃぶしゃぶ、カレーライスなどアレンジの幅も無限大。
お肉の苦手はひとやダイエット中でも、大豆由来の植物性タンパク質がしっかりととれるので一石二鳥ですよね。

提供写真:プレミアム北海道

豆葉は中国で1000年以上前から食べられていた「干豆腐」としてポピュラーな食材ですが、こんなにたくさんのレパートリーに変身!炒めものからスープ、パスタなど、工夫しだいでさまざまな料理に使えます。

「豆葉1パックで約3丁分のお豆腐なんですよ」と、商品開発をしたプレミアム北海道専務取締役の神林さんは胸を張ります。

おいしさと栄養がぎゅっと圧縮されているので、食の細いひとにも好評なのだとか。子どもからお年寄りまで幅広い年代に食べてほしいですよね。豆腐はタンパク質のほかに、大豆イソフラボンやサポニン、ビタミンEなどが豊富。毎日率先して食べたい食材です。

豆葉の栄養成分表示(100gあたり)
熱量:309kcal
たんぱく質:28.3g
脂質:18.0g
炭水化物:6.9g
食塩相当量:0.4g
(七訂日本食品標準成分表に基づく推定値)

北海道の大豆加工食品界がアツい!これからも続々登場


提供写真:プレミアム北海道

「北海道産の大豆はとても品質がよく、この大豆で中国でも人気の干豆腐(豆葉)を作ったら、もっとおいしくなって、皆さんに喜ばれるかもしれないと思い商品化しました」と張社長。

「これからその大豆でさらにおいしい商品がでますよ」と紹介してくれたのが、こちらの「麻辣味噌」。北海道の大豆を生かし、夏にピッタリのピリ辛味噌も8月に発売されるんですって!豆葉の味付けにも使えますし、スタミナもつきそう!

大豆を「まるごと」使った豆乳も近日発売


提供写真:プレミアム北海道

さらにお水にさっと溶ける豆乳も開発したのだとか!

「栄養価の高い大豆の皮の部分もまるごと使って豆乳を作り、お腹の健康を考えオリゴ糖と甜菜糖を加えました。夏休みの子どもたちも、水で作るところから楽しめていいですよ」と張社長。

北海道の大豆がこうしたおいしい進化をしているなんて、道産子の筆者も胸熱です。食が細く、お肉の苦手な友人に送ってあげようかしら?

豆葉は、北海道どさんこプラザ札幌店、有楽町店(東京都)、手稲区の豆太、中央区のフーズバラエティすぎはらなどで販売しています。

10月~12月まで、羽田空港でも購入できます!空港の利用時、関東の方はお見逃しなく。また、ネットでも購入できるのでぜひ利用してみて。


株式会社プレミアム北海道

住所:札幌市中央区北2条西3丁目1番地 敷島ビル6階
Webサイト:https://www.premium-hokkaido.com/
豆葉Webサイト:https://www.h-toyo.com/

製造元 豆太

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)








 

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

上坂由香

エディター

札幌市生まれ。中央競馬所属のトウショウシロッコに魅せられ、2007年から競馬を始める。馬に関する著述を各種媒体で行うほか、観光Webサイトのライターも手掛ける。2010年に引退したトウショウシロッコを引き取り、警視庁騎馬隊へ譲渡後、引退馬支援のボランティア活動を開始。第6回週刊Gallopエッセイ大賞受賞。