2021.7.4

グルメ

「解禁」夏の和スイーツ 塩豆大福"アユ"限定販売"水ようかん"…あんこ好きたまらない

上坂由香

エディター

和スイーツ 夏の和菓子 水ようかん 塩豆大福 鮎 栗白玉ぜんざい 新倉屋札幌本店

SNSで流れてくる涼し気な和菓子の数々…
そうです!夏は「和菓子の季節」でもあるんですよね。
冷たい水ようかんに白玉ぜんざい、そして「解禁になりました!」と、人気和菓子"アユ"のシーズンも到来。
和スイーツといえば…「コーヒーに合う花園だんご」で有名な、新倉屋札幌本店に向かいお話を伺ってきました!

口当たりのよさと小豆の風味がおいしい「日本の夏」といえば水ようかん

札幌の狸小路6丁目にある新倉屋札幌本店では、期間限定で「夏においしい和菓子」を販売中。
なかでも、口当たりが爽やかで、ひんやりおいしい「水ようかん(216円)」は、お菓子で夏を感じられる代表格。お菓子の「旬」があるとすれば、まさしく「夏は水ようかん」ですよ~。
北海道十勝産の小豆を使い、甘さを抑えた上品な風味は、幅広い年代に親しまれています。
また、和菓子のなかでも水分が多く"寒天"を使っていることもあってとってもヘルシー
暑さで食欲が落ちた時でも、するする~と食べられそう。
こちらの水ようかんは数量限定で販売されているので、早めの来店をオススメします。

かわいい「鮎、解禁しました!」

期間限定の和菓子のなかでも、可愛らしいフォルムとおいしさで人気の「鮎(194円)」は、"解禁"(販売)を待ちわびているファンが多いひと品。
「もらってうれしい!」「食べてほっこり~」の鮎は、夏の贈り物にも喜ばれているそう。
「地方発送もできますよ」と新倉屋札幌本店の山本さん。
北海道のお菓子って、本州の方に人気ですよね!
この日筆者は、さっそく東京の友人に発送をお願いしちゃいました~
「鮎」のなかは、なめらかでモチモチの求肥が入っていて、食べ応えもあります。和スイーツって、見た目の華やかさはないかもしれませんが、食べるとなぜか心が落ち着くんですよね~。30日ほど日持ちもするそうで、まとめ買いにもピッタリ。

アリオ札幌のわくわく広場でも、毎週、金土日に販売しているそうですよ。

あんこのおいしさを存分に味わうなら「塩豆大福」がオススメ

新倉屋札幌本店で今1番人気がこの「塩豆大福(140円)」!
お餅のおいしさと夏向けに仕上げたあんこのおいしさは、創業60年以上の老舗ならでは。ほんのりと感じる塩と黒豆のアクセントは、アイスコーヒーなどにも合いそうです。

つめた~く冷やしてめしあがれ!

夏の和スイーツをたっぷり食べたいひとにイチオシなのがこちらの「栗白玉ぜんざい(432円)」。十勝産の小豆100%の甘さ控えめあんこと、モチモチの大きめな白玉と栗が入っています。ずっしりとボリュームがあって、これひとつでお腹いっぱい(幸せ)!

夏の和菓子は「日本人に生まれてよかったな~」と、しみじみ感じる雅なおいしさのものばかり。
小豆に含まれているポリフェノールも女性に優しい栄養価ということもあって、和菓子が見直され話題になっているのも頷けました!


 
札幌新倉屋本店

住所:札幌市中央区南2条西6丁目3番地(狸小路内)
営業時間:
月曜~土曜
売店午前9時~午後6時30分
喫茶午前10時~午後6時
日曜・祝日
売店午前9時~6時
喫茶午前10時~5時30分(L.O.午後5時)

定休日:12月31日・1月1日のみ休業 その他は毎日営業
電話: 011-281-5191 
公式HP :http://www.niikuraya.co.jp/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)
 

口当たりのよさと小豆の風味がおいしい「日本の夏」といえば水ようかん

札幌の狸小路6丁目にある新倉屋札幌本店では、期間限定で「夏においしい和菓子」を販売中。
なかでも、口当たりが爽やかで、ひんやりおいしい「水ようかん(216円)」は、お菓子で夏を感じられる代表格。お菓子の「旬」があるとすれば、まさしく「夏は水ようかん」ですよ~。
北海道十勝産の小豆を使い、甘さを抑えた上品な風味は、幅広い年代に親しまれています。
また、和菓子のなかでも水分が多く"寒天"を使っていることもあってとってもヘルシー
暑さで食欲が落ちた時でも、するする~と食べられそう。
こちらの水ようかんは数量限定で販売されているので、早めの来店をオススメします。

かわいい「鮎、解禁しました!」

期間限定の和菓子のなかでも、可愛らしいフォルムとおいしさで人気の「鮎(194円)」は、"解禁"(販売)を待ちわびているファンが多いひと品。
「もらってうれしい!」「食べてほっこり~」の鮎は、夏の贈り物にも喜ばれているそう。
「地方発送もできますよ」と新倉屋札幌本店の山本さん。
北海道のお菓子って、本州の方に人気ですよね!
この日筆者は、さっそく東京の友人に発送をお願いしちゃいました~
「鮎」のなかは、なめらかでモチモチの求肥が入っていて、食べ応えもあります。和スイーツって、見た目の華やかさはないかもしれませんが、食べるとなぜか心が落ち着くんですよね~。30日ほど日持ちもするそうで、まとめ買いにもピッタリ。

アリオ札幌のわくわく広場でも、毎週、金土日に販売しているそうですよ。

あんこのおいしさを存分に味わうなら「塩豆大福」がオススメ

新倉屋札幌本店で今1番人気がこの「塩豆大福(140円)」!
お餅のおいしさと夏向けに仕上げたあんこのおいしさは、創業60年以上の老舗ならでは。ほんのりと感じる塩と黒豆のアクセントは、アイスコーヒーなどにも合いそうです。

つめた~く冷やしてめしあがれ!

夏の和スイーツをたっぷり食べたいひとにイチオシなのがこちらの「栗白玉ぜんざい(432円)」。十勝産の小豆100%の甘さ控えめあんこと、モチモチの大きめな白玉と栗が入っています。ずっしりとボリュームがあって、これひとつでお腹いっぱい(幸せ)!

夏の和菓子は「日本人に生まれてよかったな~」と、しみじみ感じる雅なおいしさのものばかり。
小豆に含まれているポリフェノールも女性に優しい栄養価ということもあって、和菓子が見直され話題になっているのも頷けました!


 
札幌新倉屋本店

住所:札幌市中央区南2条西6丁目3番地(狸小路内)
営業時間:
月曜~土曜
売店午前9時~午後6時30分
喫茶午前10時~午後6時
日曜・祝日
売店午前9時~6時
喫茶午前10時~5時30分(L.O.午後5時)

定休日:12月31日・1月1日のみ休業 その他は毎日営業
電話: 011-281-5191 
公式HP :http://www.niikuraya.co.jp/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)
 

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

上坂由香

エディター

札幌市生まれ。中央競馬所属のトウショウシロッコに魅せられ、2007年から競馬を始める。馬に関する著述を各種媒体で行うほか、観光Webサイトのライターも手掛ける。2010年に引退したトウショウシロッコを引き取り、警視庁騎馬隊へ譲渡後、引退馬支援のボランティア活動を開始。第6回週刊Gallopエッセイ大賞受賞。