2021.6.3

グルメ

1日70本売れた新商品 "テイクアウト限定"「缶シーリングボトル」…SNSで注目!

徳田 菜摘

フリーライター

自宅やお店の看板を背景に、何やらおしゃれなボトルの写真をインスタにアップする道産子ガール。「これはなんだ?」と思い調べて見ると、札幌の新川にお店を構えるカフェ・boiler(ボイラー)の新作テイクアウト容器なんですって!

その正体が気になった筆者は、boilerの五十嵐さんに新しくなったテイクアウト容器について伺ってきました。テイクアウトできる自家製ケーキについても聞いてきましたよ。

テイクアウト限定「缶シーリングボトル」

インスタを見てきたという方が多いですね」とboilerの五十嵐さんが話すのは、見た目は缶・素材はプラスチックの缶シーリングボトル。お店のインスタに載せたところ、投稿を見た方が続々とそのおしゃれなボトルを求めにboilerを訪れたとのこと。

「缶シーリングボトルを販売してからテイクアウトが増えました。土日は70本売れた日もありましたね」と、その人気ぶりに驚いたようです。

提供写真:boiler


『チョコミントラテ(750円 税込)』

人気のドリンクは、カフェラテとチョコミント。特にチョコミントラテは見た目にもこだわり、あえて缶シーリングボトルにチョコソースでラインを書いているんですって。さわやかなミントグリーンが夏らしさを感じますよね。

ちなみに全28種類あるテイクアウトのコールドドリンクは、すべて缶シーリングボトルに入れていただけるそうですよ。

ムービーに収めたい"密閉の瞬間"

缶シーリングボトルは、boilerの店内で封をします。ドリンクを入れて、青く蛍光色に光るスタイリッシュなマシンにセット。ボタンを押すとマシンの上部がくるくると回って、ものの数秒で密閉されます。
 
「この瞬間をムービーに撮る方も多いですね。要望があればマシンのボタンを押す体験もできますよ」と五十嵐さん。実際に取材中にも高校生がムービーを撮り、缶シーリングボトルを大切そうにテイクアウトしていました。

遊び心溢れる「ぼ」のデザイン

印象的な「ぼ」のデザインは、boilerのグラフィックデザイナーの方が考えたそう。「容器にインパクトがあるので、デザインもインパクトのあるものにしたかったんです」と、グラフィックデザイナーの方の遊び心を伺えました。

よく見ると「ぼ」の周りにはboilerの住所や電話番号が描かれており、その細やかなデザインにクリエイティブさを感じます。

自家製ケーキもテイクアウトOK

毎日お店で作っているという自家製ケーキもテイクアウト可能。平均で3種類ほど店頭に並んでいるそうで、必ず出しているのがバスクチーズケーキ。その他はレモンケーキやガトーショコラなどが日替わりで並んでいるとのことでした。

土日は売り切れることも多く、遅い時間だとお目当てのケーキがないことも。早めにお店へ来ていただくのがおすすめ」とのことなので早起き必須ですね。

『バスクチーズケーキ(650円 税込)』

boilerではポップコーンのテイクアウトもしていますが、近々おしゃれな缶タイプの容器に変わることもこっそり教えていただきました(ポップコーンもお店で密閉するそうです)。

次々とテイクアウトメニューを編みだすboilerは、夏に向けて新作のドリンクも開発中とのこと。暗くなりがちなおうち時間もboilerのテイクアウトがあればおしゃれなひとときを過ごせそうです。

boiler(ボイラー)
住所:札幌市北区新川7条16丁目709-1
TEL: 011-792-1010
営業時間:午前11時〜午後6時(L.O.午後5時30分)
定休日:水曜・木曜
公式HP:http://boiler.work/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)
 

テイクアウト限定「缶シーリングボトル」


提供写真:boiler

インスタを見てきたという方が多いですね」とboilerの五十嵐さんが話すのは、見た目は缶・素材はプラスチックの缶シーリングボトル。お店のインスタに載せたところ、投稿を見た方が続々とそのおしゃれなボトルを求めにboilerを訪れたとのこと。

「缶シーリングボトルを販売してからテイクアウトが増えました。土日は70本売れた日もありましたね」と、その人気ぶりに驚いたようです。

『チョコミントラテ(750円 税込)』

人気のドリンクは、カフェラテとチョコミント。特にチョコミントラテは見た目にもこだわり、あえて缶シーリングボトルにチョコソースでラインを書いているんですって。さわやかなミントグリーンが夏らしさを感じますよね。

ちなみに全28種類あるテイクアウトのコールドドリンクは、すべて缶シーリングボトルに入れていただけるそうですよ。

ムービーに収めたい"密閉の瞬間"

缶シーリングボトルは、boilerの店内で封をします。ドリンクを入れて、青く蛍光色に光るスタイリッシュなマシンにセット。ボタンを押すとマシンの上部がくるくると回って、ものの数秒で密閉されます。
 
「この瞬間をムービーに撮る方も多いですね。要望があればマシンのボタンを押す体験もできますよ」と五十嵐さん。実際に取材中にも高校生がムービーを撮り、缶シーリングボトルを大切そうにテイクアウトしていました。

遊び心溢れる「ぼ」のデザイン

印象的な「ぼ」のデザインは、boilerのグラフィックデザイナーの方が考えたそう。「容器にインパクトがあるので、デザインもインパクトのあるものにしたかったんです」と、グラフィックデザイナーの方の遊び心を伺えました。

よく見ると「ぼ」の周りにはboilerの住所や電話番号が描かれており、その細やかなデザインにクリエイティブさを感じます。

自家製ケーキもテイクアウトOK


『バスクチーズケーキ(650円 税込)』

毎日お店で作っているという自家製ケーキもテイクアウト可能。平均で3種類ほど店頭に並んでいるそうで、必ず出しているのがバスクチーズケーキ。その他はレモンケーキやガトーショコラなどが日替わりで並んでいるとのことでした。

土日は売り切れることも多く、遅い時間だとお目当てのケーキがないことも。早めにお店へ来ていただくのがおすすめ」とのことなので早起き必須ですね。
boilerではポップコーンのテイクアウトもしていますが、近々おしゃれな缶タイプの容器に変わることもこっそり教えていただきました(ポップコーンもお店で密閉するそうです)。

次々とテイクアウトメニューを編みだすboilerは、夏に向けて新作のドリンクも開発中とのこと。暗くなりがちなおうち時間もboilerのテイクアウトがあればおしゃれなひとときを過ごせそうです。

boiler(ボイラー)
住所:札幌市北区新川7条16丁目709-1
TEL: 011-792-1010
営業時間:午前11時〜午後6時(L.O.午後5時30分)
定休日:水曜・木曜
公式HP:http://boiler.work/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)
 

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

徳田菜摘

フリーライター

札幌在住のフリーライター。おいしいグルメや素敵なスポットに魅せられて、北海道の情報をお伝えするブログ「北海道Life」の運営をはじめました。好きなものはコーヒーとチーズケーキ。趣味はカフェ巡り。SASARUでは自身の趣味と好きを生かして、みなさんの心トキメク場所を紹介していきます。