2021.6.2

グルメ

ソフトクリームの傑作 公園前にオープン初日から行列 ル・パティシエ・フルタ

上坂由香

エディター

ル・パティシエ・フルタ~グラシエ~ ソフトクリーム 札幌

北区百合が原公園第2駐車場の向かいに、5月25日にオープンした「ル・パティシエ・フルタ~グラシエ~」は、東区にあるル・パティシエ・フルタが手掛けるソフトクリーム専門店。
ウイングボディーのトラックが店舗になっていて、本店と同じ鮮やかな黄色の看板が通りからよく見えます。
オープン当日は最高の青空に恵まれ、お客さんがいっぱい!
店主の古田義和さんが、「素材からこだわりぬいた」という渾身のソフトクリームのおいしさに迫ります。

素材がまったく違う!低温殺菌のハイグレードな牛乳が原料

「絶対においしいソフトを作るんだという意気込みで、採算度外視(笑)。牛乳にこだわって作りました」と、古田社長。
グラシエのソフトクリームは、北海道千歳産の生乳100%で"低温殺菌30分"のものを使用。
「うちのソフトは、低温殺菌牛乳を使うところが最大の特徴ですね。コストがかかるのでほかのお店ではほとんど使ってないと思いますよ。普段皆さんが飲まれている牛乳とはまったく味が違うんです」
 
長年、北海道各地のソフトクリーム取材を続け、その味にはちとうるさい筆者も、ひと口食べた瞬間「素材の違い」がわかるほど!
生乳ならではの雑味のないフレッシュな風味に、低温殺菌牛乳にしか出せない牛乳本来の香りとまろやかなコク。思わず「おかわりをあと2本!」と言いたくなるほどのおいしさです。
 
またソフトクリームの名脇役コーンにもこだわっていて、コーン界の最高峰ともいえる香り高い「メープルコーン」を使用。
やわらかくなりやすいコーンの先は二重のペーパーで包まれています。

そんなさりげない配慮にほっこり。カップもありますが、ぜひこの芳醇なおいしさのコーンを味わってみて。

ソフトクリーム専門店
ル・パティシエ・フルタ~グラシエ~

住所:札幌市北区百合が原5(北区百合が原公園第2駐車場向かい)
営業時間:午前10時~
定休日:毎週火曜、第3水曜
駐車場:3台(路上駐車はご遠慮ください)
Twitter:https://twitter.com/tFovRVq6oGyDK25

価値あるおいしさ!1本380円(バニラのみ)インスタ映えする撮影スポットもあります




 

いつもお客さんでにぎわう本店の1番人気は、その名も「オム」

ここで、本店のル・パティシエ・フルタの1番人気も紹介しちゃいましょう!
地元のお客さんはもちろん、札幌市民が「フルタさんのオムでしょ?大好き!」というほど熱愛スイーツなのが、こちらの「オムレツフレール(420円)」。

たまごをたっぷり使ったふわっふわのスポンジに、甘さ控えめの生クリームを挟んだオムレツ型のケーキです。クリームの中に入っているイチゴとカスタードクリームが、バランスよく包まれています。

見た目は可愛らしくても、ずっしりボリューミーな「オム」は、土日になると1日150個以上売れるんですって~!

まもなく人気の「オムの月」!輝かしい賞をとった焼き菓子の数々も

ル・パティシエ・フルタでは、クッキーなど焼き菓子の種類も豊富。なかでも金賞を受賞したミルクヌーボーや、大福やべこ餅などの和菓子も充実しています。

「7月から"オムの月"が始まります。オムレツフレールを3~4種ご用意しますので、楽しみにしていてください」と、声が弾むパティシエの加野さん。
これから少しずつそういった催しもするそうですよ~。ル・パティシエ・フルタのHPで確認してみてくださいね。

ル・パティシエ・フルタ
住所:札幌市東区本町1条2丁目1-10
営業時間:午前10時~午後6時30分
電話:011-790-8424 
日曜営業
定休日:毎週火曜、第3水曜日
Webサイト:http://le-pattissier-furuta.com/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
 

素材がまったく違う!低温殺菌のハイグレードな牛乳が原料

「絶対においしいソフトを作るんだという意気込みで、採算度外視(笑)。牛乳にこだわって作りました」と、古田社長。
グラシエのソフトクリームは、北海道千歳産の生乳100%で"低温殺菌30分"のものを使用。
「うちのソフトは、低温殺菌牛乳を使うところが最大の特徴ですね。コストがかかるのでほかのお店ではほとんど使ってないと思いますよ。普段皆さんが飲まれている牛乳とはまったく味が違うんです」
 
長年、北海道各地のソフトクリーム取材を続け、その味にはちとうるさい筆者も、ひと口食べた瞬間「素材の違い」がわかるほど!
生乳ならではの雑味のないフレッシュな風味に、低温殺菌牛乳にしか出せない牛乳本来の香りとまろやかなコク。思わず「おかわりをあと2本!」と言いたくなるほどのおいしさです。
 

価値あるおいしさ!1本380円(バニラのみ)インスタ映えする撮影スポットもあります

またソフトクリームの名脇役コーンにもこだわっていて、コーン界の最高峰ともいえる香り高い「メープルコーン」を使用。
やわらかくなりやすいコーンの先は二重のペーパーで包まれています。

そんなさりげない配慮にほっこり。カップもありますが、ぜひこの芳醇なおいしさのコーンを味わってみて。

ソフトクリーム専門店
ル・パティシエ・フルタ~グラシエ~

住所:札幌市北区百合が原5(北区百合が原公園第2駐車場向かい)
営業時間:午前10時~
定休日:毎週火曜、第3水曜
駐車場:3台(路上駐車はご遠慮ください)
Twitter:https://twitter.com/tFovRVq6oGyDK25



 

いつもお客さんでにぎわう本店の1番人気は、その名も「オム」

ここで、本店のル・パティシエ・フルタの1番人気も紹介しちゃいましょう!
地元のお客さんはもちろん、札幌市民が「フルタさんのオムでしょ?大好き!」というほど熱愛スイーツなのが、こちらの「オムレツフレール(420円)」。

たまごをたっぷり使ったふわっふわのスポンジに、甘さ控えめの生クリームを挟んだオムレツ型のケーキです。クリームの中に入っているイチゴとカスタードクリームが、バランスよく包まれています。

見た目は可愛らしくても、ずっしりボリューミーな「オム」は、土日になると1日150個以上売れるんですって~!

まもなく人気の「オムの月」!輝かしい賞をとった焼き菓子の数々も

ル・パティシエ・フルタでは、クッキーなど焼き菓子の種類も豊富。なかでも金賞を受賞したミルクヌーボーや、大福やべこ餅などの和菓子も充実しています。

「7月から"オムの月"が始まります。オムレツフレールを3~4種ご用意しますので、楽しみにしていてください」と、声が弾むパティシエの加野さん。
これから少しずつそういった催しもするそうですよ~。ル・パティシエ・フルタのHPで確認してみてくださいね。

ル・パティシエ・フルタ
住所:札幌市東区本町1条2丁目1-10
営業時間:午前10時~午後6時30分
電話:011-790-8424 
日曜営業
定休日:毎週火曜、第3水曜日
Webサイト:http://le-pattissier-furuta.com/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
 

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

上坂由香

エディター

札幌市生まれ。中央競馬所属のトウショウシロッコに魅せられ、2007年から競馬を始める。馬に関する著述を各種媒体で行うほか、観光Webサイトのライターも手掛ける。2010年に引退したトウショウシロッコを引き取り、警視庁騎馬隊へ譲渡後、引退馬支援のボランティア活動を開始。第6回週刊Gallopエッセイ大賞受賞。