2021.5.6

グルメ

話題の「マリトッツォ」札幌で買えるお店はここ!…"人気ベーカリー"で続々販売開始

伊藤はるな

ライター

イタリアのローマ発祥のパン「マリトッツォ」。クリームがみっちりと詰まった魅惑的なビジュアルに、「食べてみたい」と思っていた方も多いのでは?

今回は、スイーツに詳しく“マリトッツォ巡り”も多数行うスイーツインスタグラマー、敬さん(@607keih)ご協力のもと、札幌でマリトッツォを買えるお店を3店紹介します!

BAKERY Coneru( ベーカリー コネル)


マリトッツォ (オレンジ・いちご 各280円 税込)

4月1日に月寒店・厚別店の両方がリニューアルし、プリンやサンドイッチの種類が増えたという「ベーカリーコネル」。
コネルならではのパンで挟むスタイルのマリトッツォで、「もちもちのパンがシンプルにうまい! 軽めのクリームフルーツの相性が抜群です」と敬さんもパン生地についてコメントしています(※オレンジは厚別店限定)。

北海道産の食材や天然酵母にこだわっているお店なので、小さいお子さんがいる家庭にも支持されているそうですよ。

ベーカリー コネル 月寒店
住所:札幌市豊平区月寒東3条11-30 ブランチ札幌月寒
電話: 011-827-6812
営業時間:午前8時~午後7時30分
Instagram:@bakery_coneru

厚別店
住所:札幌市厚別区厚別東2条3丁目7-1アクティブヒルズ1階
電話: 011-557-0708
営業時間:午前8時〜午後5時

あすかベーカリー

リーズナブルな価格がうれしい「あすかベーカリー」のマリトッツォ。敬さんは「まんまるな見た目がかわいく、プラスチックのケース付きで持ち帰る際も型崩れがしにくいのがうれしいです」と話します。

ふわふわのクリームは、見た目も春らしい抹茶味も好評。低価格なので複数個買ってお土産にしても喜ばれそう!

あすかベーカリー
住所:札幌市中央区南3条西14丁目1-1
電話: 011-209-8005
営業時間:午前8時30分~午後6時
定休日:月曜日(臨時営業あり)・日曜日・祝日
Instagram:@asuka_bakery

マリトッツォ (200円〜 税込)

boulangerie Mure.(ブーランジェリーミュール)


マリトッツォ (216円〜 税込)

ミュール風にアレンジを加えたしっとり甘いブリオッシュ生地に、しっかりとした特製クリームがた〜っぷり!プレーンの他、いちごやチョコレートなども販売している「ブーランジェリーミュール」。

敬さんによると、珍しいチョコレートのマリトッツォは甘さが控えめなのだそう。
行列ができることも珍しくない人気店で、水分量の配合にこだわったふわふわの「西野ブレッド」という食パンも有名です。

boulangerie Mure.
住所:札幌市西区西野4条7丁目11-7
電話: 011-577-7608
営業時間:午前8時~午後5時(なくなり次第閉店)
Instagram:@boulangerie_mure
札幌でもどんどんマリトッツォを取り扱うお店が増え、SNSでの投稿も目立つようになりましたね。敬さんの情報を参考に、自分好みのマリトッツォを探してみるのはいかがでしょうか。

敬さんInstagram:@607keih 
【敬さんについてもっと詳しく知りたい方はこちら】
https://sasaru.media/article/gourmet/20200710_001/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

BAKERY Coneru( ベーカリー コネル)


マリトッツォ (オレンジ・いちご 各280円 税込)

4月1日に月寒店・厚別店の両方がリニューアルし、プリンやサンドイッチの種類が増えたという「ベーカリーコネル」。
コネルならではのパンで挟むスタイルのマリトッツォで、「もちもちのパンがシンプルにうまい! 軽めのクリームフルーツの相性が抜群です」と敬さんもパン生地についてコメントしています(※オレンジは厚別店限定)。

北海道産の食材や天然酵母にこだわっているお店なので、小さいお子さんがいる家庭にも支持されているそうですよ。

ベーカリー コネル 月寒店
住所:札幌市豊平区月寒東3条11-30 ブランチ札幌月寒
電話: 011-827-6812
営業時間:午前8時~午後7時30分
Instagram:@bakery_coneru

厚別店
住所:札幌市厚別区厚別東2条3丁目7-1アクティブヒルズ1階
電話: 011-557-0708
営業時間:午前8時〜午後5時

あすかベーカリー


マリトッツォ (200円〜 税込)

リーズナブルな価格がうれしい「あすかベーカリー」のマリトッツォ。敬さんは「まんまるな見た目がかわいく、プラスチックのケース付きで持ち帰る際も型崩れがしにくいのがうれしいです」と話します。

ふわふわのクリームは、見た目も春らしい抹茶味も好評。低価格なので複数個買ってお土産にしても喜ばれそう!

あすかベーカリー
住所:札幌市中央区南3条西14丁目1-1
電話: 011-209-8005
営業時間:午前8時30分~午後6時
定休日:月曜日(臨時営業あり)・日曜日・祝日
Instagram:@asuka_bakery

boulangerie Mure.(ブーランジェリーミュール)


マリトッツォ (216円〜 税込)

ミュール風にアレンジを加えたしっとり甘いブリオッシュ生地に、しっかりとした特製クリームがた〜っぷり!プレーンの他、いちごやチョコレートなども販売している「ブーランジェリーミュール」。

敬さんによると、珍しいチョコレートのマリトッツォは甘さが控えめなのだそう。
行列ができることも珍しくない人気店で、水分量の配合にこだわったふわふわの「西野ブレッド」という食パンも有名です。

boulangerie Mure.
住所:札幌市西区西野4条7丁目11-7
電話: 011-577-7608
営業時間:午前8時~午後5時(なくなり次第閉店)
Instagram:@boulangerie_mure
札幌でもどんどんマリトッツォを取り扱うお店が増え、SNSでの投稿も目立つようになりましたね。敬さんの情報を参考に、自分好みのマリトッツォを探してみるのはいかがでしょうか。

敬さんInstagram:@607keih 
【敬さんについてもっと詳しく知りたい方はこちら】
https://sasaru.media/article/gourmet/20200710_001/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

伊藤はるな

ライター

札幌生まれの札幌育ち。北海道の魅力的なスポットや経済など、Web媒体をメインにライター・エディターとして活動。また、子育て世代に北海道の魅力を伝えたいという想いから2018年より「tencoro blog」の運営を開始、公園や遊び場・役立つ育児情報などを紹介中。アウトドアで家族とゆったり過ごす時間を大切にしています。