2021.3.11

グルメ

札幌のおいしい朝活!朝から食べられるカフェのサンドイッチ3選

poroco編集部

一日を充実させるにはスタートが肝心! 特に片手でも食べられるサンドイッチは忙しい朝にぴったりです。今回、美味しいサンドイッチを提供している駅チカのカフェを厳選してご紹介します。
春も近づくこの時期、早起きしてカフェの美味しいサンドイッチ・モーニングで一日を始めてみませんか?

モチモチのベーグルサンドで 手早くパワーチャージ!


提供写真:POP/iN

朝の8時からオープンしているこちらは、地下鉄西18丁目駅直近のスタイリッシュなカフェ。道産小麦のパンを使ったベーグルサンドやホットドッグなど、片手でさっと食べられる手軽なモーニングを提供しています。写真の「ハムチーズサンド」は、焦がしたチーズに、隠し味のマスタードがポイント。無添加のベーグルもしっかりとトーストして、外はカリッと、中はモチモチの食感です。
”街のロビー”をテーマにした広々とした店内は、Wi-Fiや電源も完備。出勤前の会社員や、休日を朝から充実させたい人など、早い時間帯から多くのゲストが集います。コールドプレスジュースとアーモンドミルクをミックスした「POP/iNベジラテ」、ボリュームたっぷりの「サラダボウル」なども朝の時間帯から提供していて、美容や健康が気になる人もヘルシーにパワーチャージできますよ。

提供写真:POP/iN

POP/iN

住所:札幌市中央区大通西18丁目1
電話:なし
営業時間:午前8時~午後9時30分(L.O.午後9時)
定休日:なし
駐車場:なし
Webサイト:https://pop-in.jp/
 

全粒粉パンで作るサンドイッチを 美味しいコーヒーとともに


提供写真:サッポロ珈琲館

札幌の街に根ざした「サッポロ珈琲館」。こちらのサンドイッチの魅力はなんといっても、全粒粉入りのオリジナル高級食パン。小麦の香ばしい香りと、モチモチした食感がたまりません! 具もたっぷりサンドされて食べごたえがあり、セットのコーヒーは日替わりのシングルオリジンなので、その日ごとに違う味わいを楽しめます。また、モーニング限定セット以外にも、6種類のデリサンドイッチを終日提供。朝から豊富なメニューから選べるのがうれしいですね。
時計台の鐘の音が時間を教えてくれるのが贅沢! 昨今にはめずらしく、新聞や雑誌も用意されていて、平日も多くのゲストが思いおもいに朝の時間を過ごしています。天気のいい日はテラス席でモーニングを楽しむのもオススメです。

提供写真:サッポロ珈琲館

サッポロ珈琲館 時計台ガーデンテラス店

住所:札幌市中央区北1条西2丁目1 札幌時計台ビルB1
電話:011-207-5889
営業時間:午前8時~午後8時(L.O.午後7時30分)、土日曜祝 午前10時~午後7時(L.O.午後6時30分) ※短縮営業中、営業時間変更の可能性あり
定休日:なし
駐車場:なし
Webサイト:https://sapporocoffeekan.co.jp/
 

「MORIHICO.」のコーヒーが香る 朝限定クリームサンド

'市電通り沿いに立つ、「MORIHICO.」系列店。人気のモーニングは、'20年11月から土・日曜、祝日も楽しめるようになりました。3種類のサンドイッチメニューのうち、ぜひとも味わってほしいのは、コーヒーの風味が香ばしいクリームサンド。ふわふわの食パンでサンドしたコーヒークリームはまろやかながら軽い後味で、どんなフルーツともよく合います。内容は季節によって変わるのも楽しみです。
※写真は、秋の「栗とぶどう」
店舗ごとに異なるコンセプトをもつ「MORIHICO.」ですが、こちらのお店のテーマは「コーヒーの美術館」。店内には、入口近くに創業当時の焙煎機が飾られているほか、歴史を感じる機器があちこちに飾られています。長い時を経た古い物が醸し出す落ち着いた雰囲気の中、ゆっくりと朝の時間を過ごせそうです。
ATELIER Morihiko

住所:札幌市中央区南1条西12丁目4-182 札幌ASビル1F
電話:0800-222-4883
営業時間:モーニング午前9時~午前11時/ティータイム午前11時~午後7時(L.O.午後6時30分)※短縮営業中、営業時間変更の可能性あり
定休日:不定
駐車場:あり(4台・無料)
Webサイト:https://www.morihico.com/

モチモチのベーグルサンドで 手早くパワーチャージ!


提供写真:POP/iN

朝の8時からオープンしているこちらは、地下鉄西18丁目駅直近のスタイリッシュなカフェ。道産小麦のパンを使ったベーグルサンドやホットドッグなど、片手でさっと食べられる手軽なモーニングを提供しています。写真の「ハムチーズサンド」は、焦がしたチーズに、隠し味のマスタードがポイント。無添加のベーグルもしっかりとトーストして、外はカリッと、中はモチモチの食感です。

提供写真:POP/iN

”街のロビー”をテーマにした広々とした店内は、Wi-Fiや電源も完備。出勤前の会社員や、休日を朝から充実させたい人など、早い時間帯から多くのゲストが集います。コールドプレスジュースとアーモンドミルクをミックスした「POP/iNベジラテ」、ボリュームたっぷりの「サラダボウル」なども朝の時間帯から提供していて、美容や健康が気になる人もヘルシーにパワーチャージできますよ。
POP/iN

住所:札幌市中央区大通西18丁目1
電話:なし
営業時間:午前8時~午後9時30分(L.O.午後9時)
定休日:なし
駐車場:なし
Webサイト:https://pop-in.jp/
 

全粒粉パンで作るサンドイッチを 美味しいコーヒーとともに


提供写真:サッポロ珈琲館

札幌の街に根ざした「サッポロ珈琲館」。こちらのサンドイッチの魅力はなんといっても、全粒粉入りのオリジナル高級食パン。小麦の香ばしい香りと、モチモチした食感がたまりません! 具もたっぷりサンドされて食べごたえがあり、セットのコーヒーは日替わりのシングルオリジンなので、その日ごとに違う味わいを楽しめます。また、モーニング限定セット以外にも、6種類のデリサンドイッチを終日提供。朝から豊富なメニューから選べるのがうれしいですね。

提供写真:サッポロ珈琲館

時計台の鐘の音が時間を教えてくれるのが贅沢! 昨今にはめずらしく、新聞や雑誌も用意されていて、平日も多くのゲストが思いおもいに朝の時間を過ごしています。天気のいい日はテラス席でモーニングを楽しむのもオススメです。
サッポロ珈琲館 時計台ガーデンテラス店

住所:札幌市中央区北1条西2丁目1 札幌時計台ビルB1
電話:011-207-5889
営業時間:午前8時~午後8時(L.O.午後7時30分)、土日曜祝 午前10時~午後7時(L.O.午後6時30分) ※短縮営業中、営業時間変更の可能性あり
定休日:なし
駐車場:なし
Webサイト:https://sapporocoffeekan.co.jp/
 

「MORIHICO.」のコーヒーが香る 朝限定クリームサンド

'市電通り沿いに立つ、「MORIHICO.」系列店。人気のモーニングは、'20年11月から土・日曜、祝日も楽しめるようになりました。3種類のサンドイッチメニューのうち、ぜひとも味わってほしいのは、コーヒーの風味が香ばしいクリームサンド。ふわふわの食パンでサンドしたコーヒークリームはまろやかながら軽い後味で、どんなフルーツともよく合います。内容は季節によって変わるのも楽しみです。
※写真は、秋の「栗とぶどう」
店舗ごとに異なるコンセプトをもつ「MORIHICO.」ですが、こちらのお店のテーマは「コーヒーの美術館」。店内には、入口近くに創業当時の焙煎機が飾られているほか、歴史を感じる機器があちこちに飾られています。長い時を経た古い物が醸し出す落ち着いた雰囲気の中、ゆっくりと朝の時間を過ごせそうです。
ATELIER Morihiko

住所:札幌市中央区南1条西12丁目4-182 札幌ASビル1F
電話:0800-222-4883
営業時間:モーニング午前9時~午前11時/ティータイム午前11時~午後7時(L.O.午後6時30分)※短縮営業中、営業時間変更の可能性あり
定休日:不定
駐車場:あり(4台・無料)
Webサイト:https://www.morihico.com/

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

poroco編集部

札幌の街をアクティブに楽しむための情報誌「poroco(ポロコ)」。グルメ、ファッション、エンタテインメントなど、多彩な情報を詳しい記事と美しいビジュアルで毎月紹介。旬で魅力的なテーマを編集部が徹底取材。毎号を保存版にしたくなるようなクオリティの高さで、札幌女子に支持されている。