2020.11.17

グルメ

この秋の新店『パン工房 ゆう』行っとかなきゃ♡道産小麦のハードパンも!

poroco編集部

10月1日、札幌に小さなパン工房がオープンしました。
朝から焼きたてのパンを求めて、老若男女を問わず多くのゲストが訪れます。
 

道産小麦100%の素朴でやさしいパン

石山通からすぐの場所に佇む建物の一角にある「パン工房 ゆう」。
手描きのかわいいキャラクターが書かれた看板が目印の、小ぢんまりとしたお店です。
種類によってブレンドを変える、道産小麦100%のパンが並びます。

店主の相馬さんは大阪出身。
学生時代に旅行で訪れた北海道に憧れて、移住を決めたのだとか。
大阪や札幌のパン屋を経験して、このお店をオープンした若い職人さんです。
店頭に並ぶのは約12種類ほどのパン。
古道具屋で出合ったという什器に並ぶパンは、小ぶりなハード系を中心に、子どもにも大人気の菓子パンなど豊富なラインナップ。
ハード系といっても道産小麦ならではのモチッとした食感も楽しめるので、固すぎるパンが苦手という人でもこちらのパンは大丈夫です。

個人的にお気に入りなのは「ハチミツカマンベール 200円(税込)」。
クルミ入りのフランスパン生地にカマンベールとクリームチーズを包んだパンで、焼き温めてワインに合わせるのもオススメです。
ラインナップは定番のものだけでなく、日によって違う種類が登場することも。
フランスパンの生地にオレンジピールとチョコチップを練りこんだ「オレンジピールとチョコチップ 150(税込)」など、パンはどれもお手ごろ価格。
朝の10時ごろにはその日のパンが全種類並び、お昼過ぎには追加分が焼き上がります。売り切れ次第終了なので、少し早めの時間に訪れるのがいいかもしれません。
 
パン工房 ゆう

TEL:011-206-8728
住所:札幌市中央区南17条西10丁目1-27 LIGHTNING S17 1階
アクセス:市電「静修学園前」停より徒歩約7分
駐車場:なし
営業時間:午前8時~午後6時(売り切れ次第終了)
     ※変更の可能性あり、詳細はSNSで確認
定休日:月曜、第1・3日曜
料金目安:500円~
クレジットカード:不可
子供の利用:OK
公式Instagram
地図はこちら

道産小麦100%の素朴でやさしいパン

石山通からすぐの場所に佇む建物の一角にある「パン工房 ゆう」。
手描きのかわいいキャラクターが書かれた看板が目印の、小ぢんまりとしたお店です。
種類によってブレンドを変える、道産小麦100%のパンが並びます。

店主の相馬さんは大阪出身。
学生時代に旅行で訪れた北海道に憧れて、移住を決めたのだとか。
大阪や札幌のパン屋を経験して、このお店をオープンした若い職人さんです。
店頭に並ぶのは約12種類ほどのパン。
古道具屋で出合ったという什器に並ぶパンは、小ぶりなハード系を中心に、子どもにも大人気の菓子パンなど豊富なラインナップ。
ハード系といっても道産小麦ならではのモチッとした食感も楽しめるので、固すぎるパンが苦手という人でもこちらのパンは大丈夫です。

個人的にお気に入りなのは「ハチミツカマンベール 200円(税込)」。
クルミ入りのフランスパン生地にカマンベールとクリームチーズを包んだパンで、焼き温めてワインに合わせるのもオススメです。
ラインナップは定番のものだけでなく、日によって違う種類が登場することも。
フランスパンの生地にオレンジピールとチョコチップを練りこんだ「オレンジピールとチョコチップ 150(税込)」など、パンはどれもお手ごろ価格。
朝の10時ごろにはその日のパンが全種類並び、お昼過ぎには追加分が焼き上がります。売り切れ次第終了なので、少し早めの時間に訪れるのがいいかもしれません。
 
パン工房 ゆう

TEL:011-206-8728
住所:札幌市中央区南17条西10丁目1-27 LIGHTNING S17 1階
アクセス:市電「静修学園前」停より徒歩約7分
駐車場:なし
営業時間:午前8時~午後6時(売り切れ次第終了)
     ※変更の可能性あり、詳細はSNSで確認
定休日:月曜、第1・3日曜
料金目安:500円~
クレジットカード:不可
子供の利用:OK
公式Instagram
地図はこちら

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

poroco編集部

札幌の街をアクティブに楽しむための情報誌「poroco(ポロコ)」。グルメ、ファッション、エンタテインメントなど、多彩な情報を詳しい記事と美しいビジュアルで毎月紹介。旬で魅力的なテーマを編集部が徹底取材。毎号を保存版にしたくなるようなクオリティの高さで、札幌女子に支持されている。