2020.11.2

グルメ

札幌の極上のガレットはここにあり!老舗ケーキ屋さん「ププリエ」 ♡

千葉柚果

学生ライター

1978年の開店以来、長年愛され続けている札幌市北区のケーキ屋さん「ププリエ」。

今「ププリエ」のガレットが話題なんです。札幌、北海道では珍しい、食事ではなく甘いスイーツのガレット。そして、看板商品のチョコレートケーキ。お客さん想いなあたたかいお店ププリエだからこそ提供できるスイーツをご紹介します。

この記事を読めばきっとあなたもププリエに行きたくなりますよ♪

優しさの詰まったププリエのガレット

こちらは、「塩キャラメルのガレット(660円 税込)」。
見た目も可愛いとインスタグラムを中心に話題です。

ガレットとはフランスで作られたそば粉で作るクレープのこと。ガレットは多くのお店ではお食事系としてナイフとフォークで提供されることが多いですが、こちらのガレットはあま~いスイーツ系の珍しいガレット。さらにクレープのように食べやすくクルクルと巻かれているのも特徴的です。

上には塩キャラメルのアイスがトッピングされています。そば粉100パーセントのガレットはサクサク食感。そこがクレープのと違いですね♪あまくて冷た〜いアイスにサクサクの温かいガレット…最高コンビで口の中が幸せです!

こちらのガレットはププリエの人気パティシエshihoさんが東京の三ツ星レストランでの経験を活かし、試行錯誤をかさねたどり着いた優しさの詰まった作品です。
新型コロナウイルスの影響によりイートインでお客さんが食べに来れなくなった際、「お客さんに少しでも幸せに喜んでもらえるものはないか」と考え、たどり着いたのがこちらのガレット。そのためテイクアウトでも食べやすいようにクルクルと巻いたクレープのようなスタイルです。片手でも、外でも、簡単に食べやすいというお客さんのことを考えているんですよ♪

こちらのガレットは毎週木曜日から日曜日の11時20分から限定で提供されているそうです。月によって提供日や提供個数が変わるそうなので、記事の最後にご紹介するshihoさんのインスタグラムをご参考にして行ってみて下さいね〜!

長年愛されるこだわりのチョコレートケーキ

こちらは、看板商品の「チョコレートケーキ(440円 税込)」。

1978年のオープン当初に店主であるshihoさんのお父さんが考案し、それ以降ほぼ変わらない長年愛される味です。
ココアなどを使用せずにチョコレートのみを使用するというこだわりぶり。そのためププリエのチョコレートケーキは一般的なものに比べとても多くのチョコレートを使用しているそう。

チョコレートがしつこすぎず、しっとりしたまろやかな味わい♡

ひとくち味わえばもうププリエ以外のチョコレートケーキを受け付けられない口になってしまうかも?!美味しさに感動です。

ププリエが愛される理由

ププリエは多くのお客さんに愛されています。その理由は1度行けばみなさんもわかると思います♪

ケーキやガレットがおいしいのはもちろん、パティシエのshihoさんの溢れ出るほどの人柄の良さ。ププリエはshihoさん、そして創業者であるshihoさんのご両親で経営されています。お店に入った瞬間わかるぐらいとっても素敵なご家族です。それはSNS上でも話題になるほど!

1978年からの営業ということもあり、子供の頃からププリエのケーキを味わって育ってきたお客さんも、もうすっかり大人になって常連さんに。
お客さんのなかには、わざわざ遠方から走ってきたという方もいるんだとか!取材に訪ねた日も、クーラーボックスを持参してケーキを大量に買っていくお客さんが来店していましたよ。

お客さんへの愛情、お客さんの笑顔を考えて作られているからこそこの美味しい商品を長年ご提供できるのではないでしょうか。とっても素敵なお店です♡
お店は札幌駅から徒歩10分、青とピンクの外観が目印。
こちらの欧州風の可愛らしい外観に、思わずお店の前で写真を撮る方も多いそう♪

1度行けばハマってしまう素敵が詰まったププリエに是非行ってみてください!
PEUPLIER(ププリエ)
住所:札幌市北区北12条西2丁目1-7
定休日:月曜日、火曜日
営業時間:午前11時~午後7時(なくなり次第閉店)
電話番号:011-736-0079
Instagram
地図はこちら

優しさの詰まったププリエのガレット

こちらは、「塩キャラメルのガレット(660円 税込)」。
見た目も可愛いとインスタグラムを中心に話題です。

ガレットとはフランスで作られたそば粉で作るクレープのこと。ガレットは多くのお店ではお食事系としてナイフとフォークで提供されることが多いですが、こちらのガレットはあま~いスイーツ系の珍しいガレット。さらにクレープのように食べやすくクルクルと巻かれているのも特徴的です。

上には塩キャラメルのアイスがトッピングされています。そば粉100パーセントのガレットはサクサク食感。そこがクレープのと違いですね♪あまくて冷た〜いアイスにサクサクの温かいガレット…最高コンビで口の中が幸せです!

こちらのガレットはププリエの人気パティシエshihoさんが東京の三ツ星レストランでの経験を活かし、試行錯誤をかさねたどり着いた優しさの詰まった作品です。
新型コロナウイルスの影響によりイートインでお客さんが食べに来れなくなった際、「お客さんに少しでも幸せに喜んでもらえるものはないか」と考え、たどり着いたのがこちらのガレット。そのためテイクアウトでも食べやすいようにクルクルと巻いたクレープのようなスタイルです。片手でも、外でも、簡単に食べやすいというお客さんのことを考えているんですよ♪

こちらのガレットは毎週木曜日から日曜日の11時20分から限定で提供されているそうです。月によって提供日や提供個数が変わるそうなので、記事の最後にご紹介するshihoさんのインスタグラムをご参考にして行ってみて下さいね〜!

長年愛されるこだわりのチョコレートケーキ

こちらは、看板商品の「チョコレートケーキ(440円 税込)」。

1978年のオープン当初に店主であるshihoさんのお父さんが考案し、それ以降ほぼ変わらない長年愛される味です。
ココアなどを使用せずにチョコレートのみを使用するというこだわりぶり。そのためププリエのチョコレートケーキは一般的なものに比べとても多くのチョコレートを使用しているそう。

チョコレートがしつこすぎず、しっとりしたまろやかな味わい♡

ひとくち味わえばもうププリエ以外のチョコレートケーキを受け付けられない口になってしまうかも?!美味しさに感動です。

ププリエが愛される理由

ププリエは多くのお客さんに愛されています。その理由は1度行けばみなさんもわかると思います♪

ケーキやガレットがおいしいのはもちろん、パティシエのshihoさんの溢れ出るほどの人柄の良さ。ププリエはshihoさん、そして創業者であるshihoさんのご両親で経営されています。お店に入った瞬間わかるぐらいとっても素敵なご家族です。それはSNS上でも話題になるほど!

1978年からの営業ということもあり、子供の頃からププリエのケーキを味わって育ってきたお客さんも、もうすっかり大人になって常連さんに。
お客さんのなかには、わざわざ遠方から走ってきたという方もいるんだとか!取材に訪ねた日も、クーラーボックスを持参してケーキを大量に買っていくお客さんが来店していましたよ。

お客さんへの愛情、お客さんの笑顔を考えて作られているからこそこの美味しい商品を長年ご提供できるのではないでしょうか。とっても素敵なお店です♡
お店は札幌駅から徒歩10分、青とピンクの外観が目印。
こちらの欧州風の可愛らしい外観に、思わずお店の前で写真を撮る方も多いそう♪

1度行けばハマってしまう素敵が詰まったププリエに是非行ってみてください!
PEUPLIER(ププリエ)
住所:札幌市北区北12条西2丁目1-7
定休日:月曜日、火曜日
営業時間:午前11時~午後7時(なくなり次第閉店)
電話番号:011-736-0079
Instagram
地図はこちら

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

千葉柚果

学生ライター

札幌在住の大学1年生。札幌ドームで売り子をやっていた経験もありアクティブ。趣味はアクセサリー作りとカメラで写真を撮ること。そしてカフェ巡りとファッション、旅も好き!女子大生ならではの目線で北海道の魅力、情報を元気いっぱい発信していきます!