2020.9.3

グルメ

誰でも簡単!おうちBARごっこできちゃいます。シェーカーいらずのカクテル

中西まゆみ

テーブル&フードコーディネーター

こんにちは。
テーブル&フードコーディネーターの中西まゆみです。

すっかり飲みに行く機会が減ってしまって、自宅でお酒を飲むことが増えましたよね。

バーに飲みに行きたい!たまにはカクテルが飲みたい!と思うことはありませんか。

カクテルと聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、少ない材料で、自宅でも簡単にできてしまう方法があるんです。そのカクテルの作り方とは?
 

カクテルの作り方は4種類

カクテルの作り方にはいくつかの技法があって、それに合わせて様々な道具があります。

シェーカーは、材料と氷を入れて振って混ぜ合わせる時の道具。
バーテンダーがシェーカーを振る姿はとっても素敵、カクテルづくりの花形の技法です。

ステアという技法では、材料と氷を入れてバースプーンで混ぜ合わせるのに、ミキシンググラスと呼ばれる筒型のグラスを使います。

ミキサーなどを使って氷を砕き、シャーベット状のカクテルを作ったりもします。

そしてもうひとつ、グラスに直接材料を入れていくだけで簡単にできてしまうのが、ビルドと呼ばれる技法で、道具いらずなので誰にでも簡単に、そして少ない材料で作れちゃいます。

その作り方をいくつかご紹介しますね。

ジンジャーエールで作るモスコミュール

【材料】
1.ウオッカ 45ml
2.ライム1/4個
3.ジンジャーエール 適量

氷を入れたグラスにウオッカを注いでライムを絞り、ジンジャーエールで満たしたら、あとはスプーンで軽く混ぜるだけ。
ライムを飾ると本格的に見えます。

簡単すぎてびっくりですよね。

オレンジジュースで作るスクリュードライバー

【材料】
1.ウオッカ 45ml
2.オレンジジュース(果汁100%)適量

氷を入れたグラスにウオッカを注ぎ、オレンジジュースを注いで満たすだけ。
オレンジジュースはウオッカの2~3倍が適量なので、甘さはお好みで調節してください。

カットしたオレンジを飾ると雰囲気が出ますね。

スノースタイルに挑戦!ソルティドッグ

【材料】
1.ウオッカ 30~45ml
2.グレープフルーツジュース(果汁100%)適量
3.レモン
4.塩

氷を入れたグラスにウオッカを注ぎ、グレープフルーツジュースで満たして軽く混ぜる。

カクテル自体はこれで完成ですが、ソルティドッグと言えばスノースタイルというグラスの縁についた塩を舐めながら飲むのが楽しみのひとつ。

このスノースタイル、難しそうに見えて意外と簡単!見た目も味も本格的になるのでマスターしてみませんか。
グラスより一回り大きな皿に平らに塩を盛っておく(1cmくらい)。
カットしたレモンをグラスの縁につけて1周させる。
グラスの縁全体が濡れたら、塩を盛った皿にグラスを逆さにして置くとスノースタイルに。軽くグラスをはたいて余分な塩を落とすだけ。

本格派ソルティドッグの完成です!

意外と簡単にできちゃいましたね。

ミントを使ってモヒート

【材料】

1.ホワイトラム 45ml
2.フレッシュミント(葉のみ)10~15枚
3.ライム 1/1個
4.炭酸水 適量
5.ガムシロップ お好みで

グラスにミントの葉を入れ、スプーンなどで軽く押しつぶして香りを立たせ、ライムを絞り入れる。氷を入れてホワイトラム、炭酸水を注いて軽く混ぜ合わせれば完成。
ガムシロップで味を調整してくださいね。
 

おつまみを並べておうちでBAR気分♪

つまみを準備して、照明を落としたり間接照明だけにしてみたり。
お気に入りの音楽をかけたら、自宅にいながらBARにいるような気分に♪

見た目もおしゃれなカクテルはリモート飲みにも重宝しそうですよね。

シェーカーが振れなくても簡単に作れるカクテル、ぜひ作ってみてくださいね。

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

RELATED WORDS 関連ワード

中西まゆみ

テーブル&フードコーディネーター

美味しいものが好き!おしゃれが好き!器が好き!そんな私が30代の時に出会ったテーブルコーディネートは日々の暮らしを心豊かなものにしてくれました。「おいしい!うれしい!楽しい!」の声が響く食卓のコーディネート術や、美味しいグルメ情報をお届けいたします。
テーブルコーディネート教室・おもてなしサロンCamarade.キャマラード主宰。
空間コーディネート、ディスプレイ。専門誌掲載・コンテスト受賞歴多数。