2020.8.25

グルメ

オープンエアが気持ちいい♪「テラス席のある」札幌のカフェ2軒

poroco編集部

今年は札幌も、まだまだ気温の高い日が続きそうな残暑。
天気がいい日には、カフェのテラス席でのんびりスイーツを楽しむのもいいですね!

のんびりできるテラスのある、2020年にできた新しいカフェを2軒ご紹介します。
札幌の短い夏を最後まで思い切り満喫しよう♪

藻岩山麓通のハワイアンカフェ/CAFE De CLAMP

円山西町の藻岩山麓通沿いに、2020年6月ハワイアンスタイルの一軒家カフェがオープン。
建築面積だけでも500平米という贅沢な空間で、非日常感を味わえます!
広々としたオープンテラスが設けられ、まるでリゾートに来たかのような気分に浸れますよ。
ハワイとゆかりのある建築会社オーナーがプロデュースしたお店で、南国テイストを随所にちりばめながら、ゆるりと力の抜けた居心地のいい空間を演出しています。
様々なインテリアが配され、座る場所ごとに違った雰囲気を楽しめるもいいですね。
提供しているのはハワイのコナコーヒーをはじめ、オーダーを受けてからメレンゲを立てて焼き上げるパンケーキ、サクサク食感のクッキーシューなどのスイーツ。
そして新しく登場したパスタメニューなど!

写真はぜひ食べてほしい、深入りのハワイアンコーヒーを使った自家製の「コーヒーソフト 400円(税込)」。しっかりとコーヒーの風味を感じられ、甘さやミルク感とのバランスが抜群です!
CAFE De CLAMP/カフェ ド クランプ

住所:札幌市中央区円山西町6丁目2-38
アクセス:JR北海道バス「円山西町3丁目」停より徒歩約3分
駐車場:あり(20台・無料)
営業時間:午前11時〜午後6時
定休日:水曜日
料金目安:コーヒー450円、ソフトクリーム400円
クレジットカード:可
席数:25席(夏期テラス席50席)
子ども:OK
TEL:011-676-9244 
Instagram
地図はこちら

屋上テラスから市内を一望!穴場のカフェ/cafe KITANO

山の手エリアの閑静な住宅街の一角に、隠れ家的なカフェがオープン!
店主の自宅兼お店は、入口の扉を開けて階段を上がると、2階にカフェスペースがあり、天候がいい日限定で屋上のテラス席があります(強風や雨の日はクローズ)。
ランチなど食事メニューは、2階でゆっくりと。パスタやカレー、自家デミハンバーグプレートなど提供しています。

この日いただいたのは季節のパフェ

この日は天気が良かったので、早速テラス席へ。
近くに高い建物がないため、テラス席に座ると琴似方面を一望できます。
早速、夏限定の「ピーチジェラートの桃パフェ」をいただきました。
大きくカットされた瑞々しい桃が盛り付けられ、豪華!
クリームやピーチジェラートなど、全体のバランスもいいパフェでテンションがあがりました。
その時折の仕入れの状況でパフェの内容が変わるそうで、
つぎに訪れた時はどんなパフェに出合えるか、楽しみです。
 

夕焼けや夜景を楽しめる日も。空が広いのでキレイ!

見晴らしが西に向いているため、夕焼けスポットでもあるそう。
週末、風があまりなく晴れた日限定で、午後6時~9時の夜カフェ営業も。
オープンエアの中、刻々と変わる空を眺めながら、夏の夜を過ごせる貴重なスポットです。

※お店のオープン状況はinstagramでチェックを。
 
cafe KITANO

住所:札幌市西区山の手7条8丁目1-20
アクセス:JR北海道バス「山の手7条7丁目」停よりすぐ、地下鉄「発寒南」駅より徒歩約15分
駐車場:あり(4台・無料)
営業時間:午前9時〜午後6時 ※週末夜カフェ営業の日もあり
定休日:第1・3週/水曜日、日曜日、第2・4週/火曜日、日曜日
TEL:011-215-6910
instagram
 地図はこちら

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

poroco編集部

札幌の街をアクティブに楽しむための情報誌「poroco(ポロコ)」。グルメ、ファッション、エンタテインメントなど、多彩な情報を詳しい記事と美しいビジュアルで毎月紹介。旬で魅力的なテーマを編集部が徹底取材。毎号を保存版にしたくなるようなクオリティの高さで、札幌女子に支持されている。