2020.1.14

グルメ

札幌でここだけ?北大界隈にできた女性にうれしい「食べるほどヘルシー」な薬膳カレーのお店

上坂由香

エディター

お正月のおせち料理に飽きた頃、「無性にカレーが食べたい!」という人も多いですよね。札幌にはたくさんのカレー店がありますが、今回は、年末年始の飲み会で疲れたカラダにやさしい薬膳カレー「なみきスパイス」をご紹介します。こちらはなんと、行列ができる人気店「十割板そば なみ喜」がプロデュースした、市内では類を見ない異色のカレーを提供しています
どんな味なのか、さっそく、暖簾をくぐってみましょう♪

2019年11月にオープンした「なみきスパイス」は、北大病院のある西4丁目通りからすぐ。気持ちも安らぐ丸いフォントで、「なみき」と書かれた白い暖簾が目印です。

こちらのカレーは、いわゆる「そば屋のカレー」ではなく、むしろ「今まで食べたことのない」フレッシュなおいしさが魅力!また、ルーやライスの量も選べ、「好きなお肉まで選べる」という、とことんお客さんファースト。
その日の気分で、自分好みにカスタマイズできちゃうんです!お腹の空き具合で調整できるのがうれしいですね。

3種類のお肉から選べるのもうれしい!

この日は、「小ライス130g(100円)」と「小サイズのルー150g(320円)」に、お肉はプルプルでとろとろに煮込まれた「牛すじの大(500円)」をチョイスしました。そのほかにも、「鶏モモ(中150円、大280円)」や「豚バラ(中250円、大480円)」も選べます。3種のお肉は、ルーに合わせず別盛りで提供しています。

小ライスと小サイズのルーでも、女性にはちょうどいいボリューム。これなら、お店のすぐ向かい側にある北海道大学の留学生さんも、宗教上の理由を気にせず、安心していただけますし、グラム数を表記しているので、食事制限をしている人にもピッタリですね!

ひと口でわかる「こんなカレー食べたことない!」


しっとりとやわらかく煮込まれたヘルシーな「鶏モモ」

「お客さんの健康をいつも考えている社長と、試行錯誤して考え抜かれたカレーは、14種類以上のスパイスやハーブと、トマトやリンゴなど数種類の素材を長時間煮込んで味を凝縮しています」と話す、店長の本田篤志さん。ルーを作るときに入りがちな小麦粉、化学調味料を一切使用していないグルテンフリーのカレーは、とけ込んだ野菜や果実のうまみが際立ち、びっくりするほどフルーティー♪

にんにくは使用せず、味の主張が強いタマネギも、一般のカレールーより3分の1程度に抑え、独特のにおいを気にせず味わえます。
子どもからお年寄りまで、食べる人の年齢を選ばないマイルドなカレーは、テーブルにあるオリジナルのスパイスで辛みを調整。腹持ちのいい三種の麦(もち麦、押し麦、米粒麦)を加えたライスの、素朴なおいしさも味わってみて。

油もほとんど使ってない!究極のローオイルカレー

「オープンしてから自然に8kg体重が減ったんですよ」とほほえむ本田さん。賄いでこの薬膳カレーを食べているうちに、スリムになってきたんですって!女性やダイエット中の人にうれしい情報ですよね。
油をほとんど使わずに調理されたカレーは、食べれば食べるほど、カラダがスッキリしてくるのもうなずけます。
くち当たりのいいスプーンにお肉をのせて、絶品カレーにくぐらせてからパクッ♪もちろん、お肉をルーに混ぜあわせて食べるのもGood!
カスタマイズのおもしろさと、居心地のいい店内も素敵な、毎日通いたくなるカレー店です。
*「なみきスパイス」の全メニューは、持ち帰りができます。

店内は1階21席、2階35席。落ち着いたウッド調の広々空間

「なみきスパイス」
住所:札幌市北区北14条西4丁目1-13
営業時間:午前11時~午後9時30分(L.O.午後9時)
定休日:日曜日
電話:011-556-2266
駐車場:なし(近隣に有料パーキング各所あり)

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

上坂由香

エディター

札幌市生まれ。中央競馬所属のトウショウシロッコに魅せられ、2007年から競馬を始める。馬に関する著述を各種媒体で行うほか、観光Webサイトのライターも手掛ける。2010年に引退したトウショウシロッコを引き取り、警視庁騎馬隊へ譲渡後、引退馬支援のボランティア活動を開始。第6回週刊Gallopエッセイ大賞受賞。