2022.7.22

ファッション&ビューティ

コスメおたくライター実録「滝汗でも綺麗メイク」"目元パール・ファンデはリキッド"

伊藤さとみ

美容ライター

今年の札幌の夏は、気温の高い日々が早めにやってきましたね。
崩れにくいメイクを攻略する間もなく蒸し暑い日が続き、メイクに困っている札幌女子も多いのではないでしょうか。

今、雑誌やネットなどさまざなメディアで、崩れないメイクテクニックが紹介されています。
しかし、条件によってはどうしてもメイクが崩れてしまう場合も。

それなら、崩れてもきれいでいられるメイクテクニックを習得しましょう!
今回の記事では、汗や皮脂で崩れても汚く見えないメイクテクニックを紹介します。
さっそく明日から取り入れてみてくださいね。

ベースメイクはみずみずしいテクスチャーで薄く仕上げる

暑さを感じると、どうしても汗をかき皮脂が分泌されます。
汗や皮脂で崩れることを見越してメイクを仕上げましょう!
そのためには、テクスチャー選びがとても重要です。

ファンデーションは、リキッドタイプがおすすめ。
みずみずしいテクスチャーを味方につけましょう!

パウダーファンデーションなどの"粉体"は、そもそも人間の肌には本来ない物質です。
皮脂や汗と近しい質感のものでメイクすると、崩れた時にも分かりにくくまります。
リキッドタイプの中でも、サラッと仕上がるものではなくツヤ肌に仕上がるものを選ぶのがおすすめです。
ツヤ肌に仕上げることで、メイク崩れが目立ちにくくなります。

小鼻まわりや眉間など、ツヤが"テカリ"に見えてしまうところは要注意!
ティッシュで皮脂を押さえた後に、フェイスパウダーなどでテカリをリセットすることを忘れずに。
ベースメイクは、薄づきになるように仕上げましょう。

化粧下地やファンデーション・フェイスパウダーなど、複数のアイテムを重ねるとそれだけメイク崩れが分かりやすくなります。
ベースメイクは、カバー力のある化粧下地オールインワンアイテムなどを使うのがおすすめです。

日焼け止めと化粧下地・乳液と化粧下地など、ベースメイクに欲しい機能が複数備わったアイテムは今は豊富にあります。
ひとつのアイテムでベースメイクが完結するようなアイテムがあるととても便利ですよ。

目元は繊細なパール系シャドウで仕上げると崩れてもきれい

アイシャドウは、くすみのあるベージュ系カラーを選ぶのがおすすめです。
肌馴染みの良いカラーを選べば、崩れてにじんだとしても分かりにくくなります。

また、粒の大きいラメではなく、繊細なラメパール系を選ぶのがベター。
アイメイクのヨレが目立ちにくくなります。

アイライナー・マスカラは"黒"を避けてにじみを活かす

アイライナーやマスカラの色は、""を避けたほうが無難です。
どの色よりも濃い"黒"は、崩れた時にも分かりやすい色。
ブラウン系やグレージュカラーなど、やわらかく目元を引き締めるカラーを選びましょう。

「にじみそう」と敬遠されがちな、ペンシルタイプのアイライナーだって使えますよ!
あえて"にじみ"を活かすのも手なのです。
にじんでもぼかしたアイシャドウの締め色のような印象になり、ヨレが目立ちにくくなります。

チークはミモザカラー!挑戦しにくい色に見えて実はおしゃれで万能

チークのおすすめカラーは、ミモザカラー
イエロー系のチークは勇気のいる色に見えて、実はとても使える色なのです。

ミモザカラーは、くすみも飛ばしてくれる色。
顔の広い範囲にイエローの色味が加わることで、ヘルシーな印象になります。
また、チークを塗った境目が分かりにくいのもミモザカラーならでは。
大きなサイズのチークブラシで、ぼんやりと入れるのが筆者のおすすめです。

ミモザカラーは、カジュアルにも見せてくれるおしゃれカラー。
プチプラで手に入れることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

汗や皮脂を味方につけて、崩れが気にならないメイクテクを手に入れよう

今は、長いマスク生活からヒントを得た機能的なコスメが充実しています。
アイテムの質感や色味に頼って、暑さに負けないメイクを楽しみましょう!

崩れにくくするためのメイクテクニックが難しく感じたら、崩れを受け入れたテクニックを試してみてくださいね。
Instagram:@itst0913
 

ベースメイクはみずみずしいテクスチャーで薄く仕上げる

暑さを感じると、どうしても汗をかき皮脂が分泌されます。
汗や皮脂で崩れることを見越してメイクを仕上げましょう!
そのためには、テクスチャー選びがとても重要です。

ファンデーションは、リキッドタイプがおすすめ。
みずみずしいテクスチャーを味方につけましょう!

パウダーファンデーションなどの"粉体"は、そもそも人間の肌には本来ない物質です。
皮脂や汗と近しい質感のものでメイクすると、崩れた時にも分かりにくくまります。
リキッドタイプの中でも、サラッと仕上がるものではなくツヤ肌に仕上がるものを選ぶのがおすすめです。
ツヤ肌に仕上げることで、メイク崩れが目立ちにくくなります。

小鼻まわりや眉間など、ツヤが"テカリ"に見えてしまうところは要注意!
ティッシュで皮脂を押さえた後に、フェイスパウダーなどでテカリをリセットすることを忘れずに。
ベースメイクは、薄づきになるように仕上げましょう。

化粧下地やファンデーション・フェイスパウダーなど、複数のアイテムを重ねるとそれだけメイク崩れが分かりやすくなります。
ベースメイクは、カバー力のある化粧下地オールインワンアイテムなどを使うのがおすすめです。

日焼け止めと化粧下地・乳液と化粧下地など、ベースメイクに欲しい機能が複数備わったアイテムは今は豊富にあります。
ひとつのアイテムでベースメイクが完結するようなアイテムがあるととても便利ですよ。

目元は繊細なパール系シャドウで仕上げると崩れてもきれい

アイシャドウは、くすみのあるベージュ系カラーを選ぶのがおすすめです。
肌馴染みの良いカラーを選べば、崩れてにじんだとしても分かりにくくなります。

また、粒の大きいラメではなく、繊細なラメパール系を選ぶのがベター。
アイメイクのヨレが目立ちにくくなります。

アイライナー・マスカラは"黒"を避けてにじみを活かす

アイライナーやマスカラの色は、""を避けたほうが無難です。
どの色よりも濃い"黒"は、崩れた時にも分かりやすい色。
ブラウン系やグレージュカラーなど、やわらかく目元を引き締めるカラーを選びましょう。

「にじみそう」と敬遠されがちな、ペンシルタイプのアイライナーだって使えますよ!
あえて"にじみ"を活かすのも手なのです。
にじんでもぼかしたアイシャドウの締め色のような印象になり、ヨレが目立ちにくくなります。

チークはミモザカラー!挑戦しにくい色に見えて実はおしゃれで万能

チークのおすすめカラーは、ミモザカラー
イエロー系のチークは勇気のいる色に見えて、実はとても使える色なのです。

ミモザカラーは、くすみも飛ばしてくれる色。
顔の広い範囲にイエローの色味が加わることで、ヘルシーな印象になります。
また、チークを塗った境目が分かりにくいのもミモザカラーならでは。
大きなサイズのチークブラシで、ぼんやりと入れるのが筆者のおすすめです。

ミモザカラーは、カジュアルにも見せてくれるおしゃれカラー。
プチプラで手に入れることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

汗や皮脂を味方につけて、崩れが気にならないメイクテクを手に入れよう

今は、長いマスク生活からヒントを得た機能的なコスメが充実しています。
アイテムの質感や色味に頼って、暑さに負けないメイクを楽しみましょう!

崩れにくくするためのメイクテクニックが難しく感じたら、崩れを受け入れたテクニックを試してみてくださいね。
Instagram:@itst0913
 

伊藤さとみ

美容ライター

札幌在住の美容大好き主婦。美容・コスメのほか、サウナやヨガも大好き。札幌市内のコスメ売り場をくまなく歩き回り、プチプラで優秀なコスメがないか日々パトロールしています。小さい頃から美白命で、成分表示を見て化粧水を選ぶのがマイルール。札幌の美容シーンを盛り上げるべく、"札幌ならでは"の美容情報を発信していきます。日本化粧品検定2級。

SHARE

RELATED WORDS 関連ワード