2022.6.28

ファッション&ビューティ

コスメ大好きライター"ラクして日焼けも乾燥もカバー”夏のグランピング"に持っていきたいコスメ

伊藤さとみ

美容ライター

テントなどのキャンプ用品を持って行かなくても、気軽にキャンプが楽しめるグランピング
近頃は札幌からもアクセスしやすいグランピング施設が増え、アウトドアがより身近な存在になってきています。
今年の夏、お友達からグランピングに誘われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、グランピングに持っていってもらいたいおすすめのコスメを紹介!
初めてのグランピングでも困らないアイテムの選び方を解説します。

アウトドアは肌に負担がかかるシーンが多い

キャンプほど開放的ではないけど、ホテルよりもアウトドアに近い"グランピング"。
スキンケアやメイクアップアイテムは、どんな準備をすれば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

スキンケアアイテムは、施設のアメニティに頼れない場合もあります。
メイクアップアイテムも、普段使っているコスメを全部持参するのはスマートではありませんよね。

屋外で過ごすことが多いアウトドアは、紫外線乾燥など肌に負担がかかる要因がたくさんあります。
手ぶらでキャンプとは言っても、コスメはそうはいきません!
グランピングには、アウトドアシーンに合ったコスメを厳選して持って行くのがおすすめです。

紫外線は肌の大敵!UVカット効果のあるものを揃えよう

屋外で過ごすとなれば、忘れてほしくないのが"日焼け止め"です。
紫外線対策は、いつもよりも念入りに行いましょう。

筆者のおすすめは、UVカット効果がある乳液です。
乳液自体にUVカット効果があるので、スキンケア後に日焼け止めを重ねて塗る手間がかかりません。
持ち物を減らせるだけでなく、時短にもなります。

さらに、からだ用としてスプレータイプの日焼け止めがあるとベスト!
手で広げて塗るよりも手早く塗ることができるので、こまめに紫外線対策ができます。

忘れがちな"保湿"!アウトドアは肌が乾燥しやすい場面がたくさん

紫外線対策のほかにも大切なのは、意外と忘れがちな"保湿対策"です。
焚き火やBBQ台の前にいるだけで、肌は乾燥しやすくなります。

メイクの上からでも使えるスプレータイプの化粧水で、こまめに保湿対策をしましょう。

乾燥しやすいのは、肌だけでなく髪も同じ。
髪がパサパサになってしまわないよう、オイルでしっかり保湿するのもおすすめです。
肌にも体にも使えるオイルがあれば、ポーチの中でもかさばりません。

お湯OFFコスメならクレンジング楽チン!夜の焚き火タイムをもっと長く

メイクアップアイテムは、最小限に抑えるとスマートです。
2in1アイテムマルチコスメなどに活躍してもらいましょう。

水やお湯で落とせるコスメであれば、夜のスキンケアが楽になります。
短時間で済ませることができれば、焚き火を囲んだおしゃべりタイムをより長く楽しめるかもしれません。

塗ったまま寝てもOKな24時間使えるフェイスクリームも便利です。

洗面台に置くスキンケアアイテムは時短&シンプルを優先して

お友達と泊まれば、朝は洗面台が混み合ってしまう場合も考えられます。

スキンケアアイテムは、短い時間で済ませられるものを選びましょう。
洗顔後のスキンケアがひとつのアイテムで完結できる、オールインワンクリームなどがおすすめです。
洗面台で場所を取らないような、コンパクトなものを選ぶことも大事な気遣い。
使う分だけを持っていけば、持ち物がかさばらずに済みますよ。
パウチになったサンプル少量ボトルなどもおすすめです。

筆者のおすすめは、コンタクトレンズのケース
1回分の保湿クリームやファンデーションを入れるのに最適です。

コスメを賢く選んでグランピングをもっと有意義に!

グランピングに持っていくコスメは、アウトドアシーンに合わせた機能とスマートさがカギ。

持ち物をシンプルにしても、紫外線・乾燥対策はできます!
コスメを賢く選んで、初めてのグランピングを思いっきり楽しんでくださいね。

Instagram:@itst0913

アウトドアは肌に負担がかかるシーンが多い

キャンプほど開放的ではないけど、ホテルよりもアウトドアに近い"グランピング"。
スキンケアやメイクアップアイテムは、どんな準備をすれば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

スキンケアアイテムは、施設のアメニティに頼れない場合もあります。
メイクアップアイテムも、普段使っているコスメを全部持参するのはスマートではありませんよね。

屋外で過ごすことが多いアウトドアは、紫外線乾燥など肌に負担がかかる要因がたくさんあります。
手ぶらでキャンプとは言っても、コスメはそうはいきません!
グランピングには、アウトドアシーンに合ったコスメを厳選して持って行くのがおすすめです。

紫外線は肌の大敵!UVカット効果のあるものを揃えよう

屋外で過ごすとなれば、忘れてほしくないのが"日焼け止め"です。
紫外線対策は、いつもよりも念入りに行いましょう。

筆者のおすすめは、UVカット効果がある乳液です。
乳液自体にUVカット効果があるので、スキンケア後に日焼け止めを重ねて塗る手間がかかりません。
持ち物を減らせるだけでなく、時短にもなります。

さらに、からだ用としてスプレータイプの日焼け止めがあるとベスト!
手で広げて塗るよりも手早く塗ることができるので、こまめに紫外線対策ができます。

忘れがちな"保湿"!アウトドアは肌が乾燥しやすい場面がたくさん

紫外線対策のほかにも大切なのは、意外と忘れがちな"保湿対策"です。
焚き火やBBQ台の前にいるだけで、肌は乾燥しやすくなります。

メイクの上からでも使えるスプレータイプの化粧水で、こまめに保湿対策をしましょう。

乾燥しやすいのは、肌だけでなく髪も同じ。
髪がパサパサになってしまわないよう、オイルでしっかり保湿するのもおすすめです。
肌にも体にも使えるオイルがあれば、ポーチの中でもかさばりません。

お湯OFFコスメならクレンジング楽チン!夜の焚き火タイムをもっと長く

メイクアップアイテムは、最小限に抑えるとスマートです。
2in1アイテムマルチコスメなどに活躍してもらいましょう。

水やお湯で落とせるコスメであれば、夜のスキンケアが楽になります。
短時間で済ませることができれば、焚き火を囲んだおしゃべりタイムをより長く楽しめるかもしれません。

塗ったまま寝てもOKな24時間使えるフェイスクリームも便利です。

洗面台に置くスキンケアアイテムは時短&シンプルを優先して

お友達と泊まれば、朝は洗面台が混み合ってしまう場合も考えられます。

スキンケアアイテムは、短い時間で済ませられるものを選びましょう。
洗顔後のスキンケアがひとつのアイテムで完結できる、オールインワンクリームなどがおすすめです。
洗面台で場所を取らないような、コンパクトなものを選ぶことも大事な気遣い。
使う分だけを持っていけば、持ち物がかさばらずに済みますよ。
パウチになったサンプル少量ボトルなどもおすすめです。

筆者のおすすめは、コンタクトレンズのケース
1回分の保湿クリームやファンデーションを入れるのに最適です。

コスメを賢く選んでグランピングをもっと有意義に!

グランピングに持っていくコスメは、アウトドアシーンに合わせた機能とスマートさがカギ。

持ち物をシンプルにしても、紫外線・乾燥対策はできます!
コスメを賢く選んで、初めてのグランピングを思いっきり楽しんでくださいね。

Instagram:@itst0913

伊藤さとみ

美容ライター

札幌在住の美容大好き主婦。美容・コスメのほか、サウナやヨガも大好き。札幌市内のコスメ売り場をくまなく歩き回り、プチプラで優秀なコスメがないか日々パトロールしています。小さい頃から美白命で、成分表示を見て化粧水を選ぶのがマイルール。札幌の美容シーンを盛り上げるべく、"札幌ならでは"の美容情報を発信していきます。日本化粧品検定2級。

SHARE