2022.6.8

ファッション&ビューティ

「結婚式なに着る?」ガーデンウェディングにお呼ばれしたら?お呼ばれメイクテク紹介

伊藤さとみ

美容ライター

6月は"ジューンブライド"の季節。今月、友人の結婚式にお呼ばれした方もいらっしゃるかもしれません。

札幌でも人気の、"ガーデンウェディング"という結婚式のスタイルがあるのをご存知でしょうか。
緑に囲まれたナチュラルな雰囲気が、お洒落なセンスを持ったカップルから人気を集めています。

結婚式なのに"カジュアル"…?」と、ガーデンウェディングに初めて参列する方はメイクの仕方に戸惑いますよね。
今回は、気取らないカジュアルなスタイルの結婚式にもぴったりなお呼ばれメイクテクを紹介します。
初めてガーデンウェディングにお呼ばれした方は必見!お呼ばれメイクの参考にしてくださいね。

自然の美しさに囲まれる札幌で人気のガーデンウェディング

都会らしさがある中にも、緑豊かな自然も感じられる札幌。
札幌で挙げる結婚式は、魅力あふれるロケーションを存分に活かしたガーデンウェディングも人気です。

札幌でガーデンウェディングができる式場は、藻岩山エリア・円山エリアだけではありません!
札幌中心部のホテルにも、開放的な庭を使ったガーデンウェディングができる式場が多く点在しています。

青空の下での挙式やバーベーキューも楽しめるようなガーデンパーティなど、演出はさまざま。
気取らないアットホームな空気を作り出せるガーデンウェディングは、札幌のお洒落なカップルにも人気なのです。

結婚式お呼ばれメイクで気をつけるべき基本のポイント

まずは、結婚式にお呼ばれした時のセルフメイクについて、基本的なポイントを押さえておきましょう。

お呼ばれメイクは、衣装とのバランスが大事。
衣装とメイクがチグハグにならないように、全体のバランスに注意しましょう。
また、結婚式場の雰囲気や時間帯に合わせてコントロールすることも重要です。

メイクが派手になりすぎて花嫁より目立ってしまうのはなによりもNG!
しかし、きちんとおめかしして臨むこともマナーのひとつです。
写真撮影時には、式場のスタッフから「マスクを取ってください」とアナウンスがあることも。
いつマスクを外すことになっても良いように、写真映えを意識したメイクで参列することが大切です。

目の下のクマや口角・小鼻周りをコンシーラーでカバーするだけでも見違えますよ。
結婚式は長丁場になることが想定されます。
メイク崩れしにくい肌の土台を支えるのは、普段よりも丁寧なスキンケア

シートマスクで肌にしっかりと水分補給をさせて、事前準備もしっかりとしておきましょう。
ピーリングで化粧ノリのいい肌にしておくこともおすすめです。

ガーデンウェディングにお呼ばれした時のセルフメイクテクを紹介

【ベース】

ベースメイクは、崩れないことを最優先に考えるのがベスト!
ベースメイクアイテムは、皮脂崩れ防止やマスクプルーフ対応のものを選びましょう。
今であれば、マスクに対応したマスクプルーフアイテムもお店に並んでいますよ。

メイク崩れしにくくするため、仕上がりはツヤ肌よりもマット肌を目指すのがおすすめ。
普段、ファンデーションを指で塗っている方は、スポンジを使ってみましょう。
スポンジでしっかりフィックスさせることで密着度UP!

フィックスミストを使うと、メイクをよりキープさせることができます。
ガーデンウェディングでは、紫外線対策を忘れずに!

衣装によっては背中や肩周りが紫外線に当たってしまう場合も。
ヘアをアップスタイルにした時は、うなじや耳の裏も日に当たってしまいます。
スプレータイプの日焼け止めを使って、塗り残しがないように注意しましょう。
【チーク・ハイライト・シェーディング】

チークのカラーはコーラルを選ぶと好印象。カジュアルな雰囲気のガーデンウェディングにもぴったりです。
大きめブラシでふわっと横長に入れることで、横顔も美しく見えます。

ツヤはハイライトで作り、太陽の光を味方にツヤのある美肌を演出。
小さくポイントで入れるだけでも、見え方に差が生まれます。
肩周りが開いている衣装であれば、鎖骨にもハイライトを入れてみましょう。

立体感を演出できるシェーディングもお忘れなく!より写真映えが良くなります。
【アイメイク】

日中の屋外だと、派手すぎるアイメイクは重たく見えてしまいます。
アイメイクは、普段よりも少し華やかにさせるぐらいがベターです。

普段よりも長めにアイラインを描くだけでも、エレガントな印象になりますよ。
アイブロウはしっかりめに描くと衣装にも負けません。

感動的なシーンも多い結婚式。
涙でアイメイクがにじまないよう、アイシャドウ下地ウォータープルーフアイテムを使うと安心です。
あえて下まつ毛にマスカラを塗らないのもひとつの手!
マスカラはカラーマスカラを選ぶと、マスカラの色味が太陽の光に透けて素敵ですよ。
【リップ】

リップは、落ちにくいティントタイプのものを選ぶと安心。
ツヤのあるオイルティントリップを選べば、太陽の光を受けてより生き生きとした印象になります。

色味は、血を連想させる"真っ赤"を避け、季節に合わせてチョイスしましょう。
オレンジ系の色味を選べば、カジュアルかつお洒落でこなれた印象になりますよ。

ガーデンウェディングに合ったメイクでアットホームな雰囲気を作り出そう

カジュアルでお洒落な雰囲気のガーデンウェディング。
結婚式のスタイルによって、ふさわしいメイクは異なります。

新郎新婦の思いを汲み取り、カジュアルなガーデンウェディングを一緒に盛り上げましょう!
お洒落な新郎新婦のセンスに寄り添って、お呼ばれセルフメイクを素敵に仕上げてくださいね!

Instagram:@itst0913
 

自然の美しさに囲まれる札幌で人気のガーデンウェディング

都会らしさがある中にも、緑豊かな自然も感じられる札幌。
札幌で挙げる結婚式は、魅力あふれるロケーションを存分に活かしたガーデンウェディングも人気です。

札幌でガーデンウェディングができる式場は、藻岩山エリア・円山エリアだけではありません!
札幌中心部のホテルにも、開放的な庭を使ったガーデンウェディングができる式場が多く点在しています。

青空の下での挙式やバーベーキューも楽しめるようなガーデンパーティなど、演出はさまざま。
気取らないアットホームな空気を作り出せるガーデンウェディングは、札幌のお洒落なカップルにも人気なのです。

結婚式お呼ばれメイクで気をつけるべき基本のポイント

まずは、結婚式にお呼ばれした時のセルフメイクについて、基本的なポイントを押さえておきましょう。

お呼ばれメイクは、衣装とのバランスが大事。
衣装とメイクがチグハグにならないように、全体のバランスに注意しましょう。
また、結婚式場の雰囲気や時間帯に合わせてコントロールすることも重要です。

メイクが派手になりすぎて花嫁より目立ってしまうのはなによりもNG!
しかし、きちんとおめかしして臨むこともマナーのひとつです。
写真撮影時には、式場のスタッフから「マスクを取ってください」とアナウンスがあることも。
いつマスクを外すことになっても良いように、写真映えを意識したメイクで参列することが大切です。

目の下のクマや口角・小鼻周りをコンシーラーでカバーするだけでも見違えますよ。
結婚式は長丁場になることが想定されます。
メイク崩れしにくい肌の土台を支えるのは、普段よりも丁寧なスキンケア

シートマスクで肌にしっかりと水分補給をさせて、事前準備もしっかりとしておきましょう。
ピーリングで化粧ノリのいい肌にしておくこともおすすめです。

ガーデンウェディングにお呼ばれした時のセルフメイクテクを紹介

【ベース】

ベースメイクは、崩れないことを最優先に考えるのがベスト!
ベースメイクアイテムは、皮脂崩れ防止やマスクプルーフ対応のものを選びましょう。
今であれば、マスクに対応したマスクプルーフアイテムもお店に並んでいますよ。

メイク崩れしにくくするため、仕上がりはツヤ肌よりもマット肌を目指すのがおすすめ。
普段、ファンデーションを指で塗っている方は、スポンジを使ってみましょう。
スポンジでしっかりフィックスさせることで密着度UP!

フィックスミストを使うと、メイクをよりキープさせることができます。
ガーデンウェディングでは、紫外線対策を忘れずに!

衣装によっては背中や肩周りが紫外線に当たってしまう場合も。
ヘアをアップスタイルにした時は、うなじや耳の裏も日に当たってしまいます。
スプレータイプの日焼け止めを使って、塗り残しがないように注意しましょう。
【チーク・ハイライト・シェーディング】

チークのカラーはコーラルを選ぶと好印象。カジュアルな雰囲気のガーデンウェディングにもぴったりです。
大きめブラシでふわっと横長に入れることで、横顔も美しく見えます。

ツヤはハイライトで作り、太陽の光を味方にツヤのある美肌を演出。
小さくポイントで入れるだけでも、見え方に差が生まれます。
肩周りが開いている衣装であれば、鎖骨にもハイライトを入れてみましょう。

立体感を演出できるシェーディングもお忘れなく!より写真映えが良くなります。
【アイメイク】

日中の屋外だと、派手すぎるアイメイクは重たく見えてしまいます。
アイメイクは、普段よりも少し華やかにさせるぐらいがベターです。

普段よりも長めにアイラインを描くだけでも、エレガントな印象になりますよ。
アイブロウはしっかりめに描くと衣装にも負けません。

感動的なシーンも多い結婚式。
涙でアイメイクがにじまないよう、アイシャドウ下地ウォータープルーフアイテムを使うと安心です。
あえて下まつ毛にマスカラを塗らないのもひとつの手!
マスカラはカラーマスカラを選ぶと、マスカラの色味が太陽の光に透けて素敵ですよ。
【リップ】

リップは、落ちにくいティントタイプのものを選ぶと安心。
ツヤのあるオイルティントリップを選べば、太陽の光を受けてより生き生きとした印象になります。

色味は、血を連想させる"真っ赤"を避け、季節に合わせてチョイスしましょう。
オレンジ系の色味を選べば、カジュアルかつお洒落でこなれた印象になりますよ。

ガーデンウェディングに合ったメイクでアットホームな雰囲気を作り出そう

カジュアルでお洒落な雰囲気のガーデンウェディング。
結婚式のスタイルによって、ふさわしいメイクは異なります。

新郎新婦の思いを汲み取り、カジュアルなガーデンウェディングを一緒に盛り上げましょう!
お洒落な新郎新婦のセンスに寄り添って、お呼ばれセルフメイクを素敵に仕上げてくださいね!

Instagram:@itst0913
 

伊藤さとみ

美容ライター

札幌在住の美容大好き主婦。美容・コスメのほか、サウナやヨガも大好き。札幌市内のコスメ売り場をくまなく歩き回り、プチプラで優秀なコスメがないか日々パトロールしています。小さい頃から美白命で、成分表示を見て化粧水を選ぶのがマイルール。札幌の美容シーンを盛り上げるべく、"札幌ならでは"の美容情報を発信していきます。日本化粧品検定2級。

SHARE