2022.4.27

ファッション&ビューティ

プレ花嫁必見!自分史上最高の私になる前撮りメイクの頼み方…両家挨拶で使えるテクも

伊藤さとみ

美容ライター

コロナの影響を受け、ブライダルシーンは大きく変化。
せっかく挙げるのであれば、自分史上最高に美しい姿で結婚式を結びたいですよね。

今回は、おしゃれなブライダルフォト撮影ができる札幌のスタジオ「写真工房ぱれっと札幌中央店」を取材。
ブライダルメイクのトレンド魅力を引き出すためのメイクテクコンプレックスをカバーするためのポイントをお伺いしました。

結婚式・前撮り・両家挨拶などの一大イベントを控える"プレ花嫁"さん必見!
札幌の花嫁さんが、ヘアメイクさんに希望通りのメイクをオーダーできますように!

札幌のカップルに選ばれる人気スタジオ"写真工房ぱれっと札幌中央店"

トレンドを押さえたハイクオリティな写真撮影ができる、札幌のウェディングフォト専門店・写真工房ぱれっと札幌中央店
数々のカップルのブライダルフォトを撮影されてきた人気のスタジオです。

今回はヘアメイクの佐藤美結さんに、自分史上最高の姿を叶えるブライダルメイクのポイントを教えていただきました。

目の前で繰り広げられるメイクテクニックは圧巻!
普段のメイクでも取り入れられるようなテクニックも教えてもらいました。

今はナチュラルなブライダルメイクがトレンド

最近のブライダルメイクは、とてもナチュラル思考
"写真映え"を意識した華やかなメイクから、トレンドが変化してきています。

今回実際に見せていただいたブライダルメイクでは、アイシャドウのカラーはヌードなベージュ系。眉も、素の形が活かされています。

「トレンドのナチュラルなブライダルメイクは、韓国ウェディング人気の影響かもしれません」と佐藤さん。
自然でありながらも花嫁の魅力を十分に引き出す韓国ウェディングのメイクが、日本でも注目されているようです。
リップの塗り方にも、韓国ウェディング人気の影響は大きく反映。
きっちり輪郭に沿って塗るのではなく、濃淡がつくように塗る"グラデーションリップ"に仕上げることも多いそうです。

このグラデーションリップ、実は自分でもかんたんに出来ます!
薄めのカラーを唇全体に塗ってから、濃く赤みがあるものを内側にオン。
輪郭を指でぼかすと、よりナチュラルな印象になります。
これなら、手持ちのアイテムを使って自分でもできそうですよね。
普段とかけ離れたメイクを避けたい花嫁さんは、グラデーションリップをお願いしてみるのも良いかも知れません。

ソフトマットなリップを選べばよりナチュラルに、ツヤのあるリップを選べば可愛らしく華やかな雰囲気に。
リップひとつでも、いろいろなオーダーの仕方がありそうです。

メイクに迷ったら"どんなテイストの写真にしたいのか"で判断して

前撮り撮影は、プロの方にメイクをしてもらえる絶好のチャンス。
自分史上最高の姿にしてもらうため、どんなテイストのメイクにしたいのかだけでも上手に伝えたいですよね。

「前撮り撮影でのメイクのテイストに迷った時は、選んだ衣装やスタジオ背景に合うかどうかで判断するのがおすすめ」と佐藤さん。
"最終的にどんなテイストの写真にしたいのか"を基準にブライダルメイクを考えると、失敗が無さそうです。

メイクの色味を決める際に、パーソナルカラーを気にされる花嫁さんも多いでしょう。
佐藤さんによると、「衣装とちぐはぐになってしまう恐れもあるので、パーソナルカラーに左右されすぎないで!」とのこと。

「札幌の女性は色白さんが多いので、パーソナルカラーを気にせずどんな色味も試してもらいたい」と嬉しいアドバイスもいただきました!
撮りたい雰囲気や衣装の色味に合わせて、アイシャドウやチークの色を選んでも良さそうです。
佐藤さんは、花嫁さんのリクエストに合わせてお顔のどこにポイントを置くかを意識されているのだとか。

例えば「大人っぽいテイストにしたい」とリクエストがあった場合、ポイントになるのは目元とリップ
目の横幅や眉の長さを出したり、リップを深みのある色にしてメイクされるそうです。
佐藤さんによると、「大人っぽい雰囲気のメイクにするならアイメイクは重要!」とのこと。
大人っぽくニュアンスチェンジしたメイクと比較すると、違いは一目瞭然です!
アイラインがしっかりと長く、ぐっと大人っぽい雰囲気になっていますね。

アイシャドウは、締め色が外側にくるようなグラデーション目の下にも暗めのブラウンが入っています。
大人っぽいアイメイクに合わせてリップもマット寄りにすると、より大人っぽい印象になるそうですよ。

前撮り撮影で大人っぽいメイクに挑戦したい花嫁さんは、アイラインの長さなどにも触れて具体的にリクエストしてみましょう!

コンプレックスはメイクでカバーできる

今回実際にメイクされる様子を拝見し、お顔のパーツなどのお悩みはほとんどメイクでカバーできることを知りました。

せっかくドレス姿になるのに、コンプレックスで自信が持てなくなってしまうのはとてももったいないこと!
気になるお悩みはプロの手でカバーしてもらいましょう。
肌トラブルなどのお悩みは、ファンデーションやコンシーラーでカバーできます。
ニキビの赤みはグリーンのコントロールカラーで、目の下のクマはオレンジカラーのコンシーラーで隠してもらいましょう。

撮影前日にニキビができても、どうか落ち込まないで!
笑顔で撮影に臨めるよう、恥ずかしがらずにヘアメイクさんに伝えるのが良さそうです。
佐藤さんによると、「丸顔・面長などお顔の輪郭を気にされる方が多い」とのこと。
メイクの仕方で自然に輪郭カバーができるので、コンプレックスはどんどん伝えましょう!

チーク・シェーディングの入れ方次第で、輪郭の見え方をコントロールすることができるそうです。

丸顔さんは、頬骨の高い位置からこめかみに向かって楕円を描くように入れてもらうとシャープで引き締まった印象に。
 面長さんは、顔幅が出るよう頬骨の少し下に横広に入れてもらうのが良いそうですよ。
佐藤さんによれば、リップの塗り方でも唇の形を補正できるのだとか。

薄い唇が気になる花嫁さんは、輪郭よりもオーバーに塗ってもらうことでぷっくりした唇にしてもらいましょう。

ハイライトを唇の上に乗せてもらうと、よりぷっくりした唇になるそうです。普段のメイクでも自分でできそうですね!
眉の太さをお顔の上下どちら側に太くするかによっても、お顔の印象は大きく変わるって知っていましたか?

おでこの広さが気になる花嫁さんなら、眉を前髪生え際側に太くしてもらうことでおでこを狭く見せられます。

これなら、ドレスに合わせてヘアがアップスタイルになっても自信が持てそうですね!
眉は、コンシーラーを使って輪郭を消すことで形を整えることができます。
あえて自然体の眉のまま撮影に臨めば、トレンドのナチュラルなメイクに近づけるかも知れませんね。

気になる花嫁さんは、眉毛サロンで整えてから撮影に臨みましょう!
ブライダルエステのように、事前準備を楽しみながら当日を迎えるのもおすすめです。

自分でもできるメイクテクで両家挨拶でも好印象

プレ花嫁さんにとっては両家挨拶も大事なイベント。メイクにもちょっと気合が入りますよね。
せっかくなので、自分でもできる好印象UPメイクテクも佐藤さんに教えてもらいました。

ちなみに今回の取材で実際に使われたコスメは、韓国コスメの登場率高し!
照明の光によって色が飛んでしまうため、発色が良く色味も豊富な韓国コスメは現場での出番が多いそうです。

普段お店でもよく見るようなコスメのラインナップに、筆者もモデルも興味津々。(笑)
自分でも手が届くようなアイテムで、メイクのテクニックが上がるなら嬉しいですよね。

自分でできる好印象UPテク①ベース作りにこだわる

今何かと話題の"ツヤ肌"。ツヤが出る化粧下地で、肌の土台からツヤを仕込むのがおすすめです。

大事なのは、ナチュラルで健康的なツヤ肌に仕上げること!
ファンデーションは水を含ませたスポンジで薄く塗り、色ムラや肌トラブルはコントロールカラーでカバー。
素肌感を演出することを意識し、ツヤツヤすぎない健康的なツヤ肌にすると好印象な肌に仕上がります。

ベースメイクの段階で上手にツヤ肌が作れたら、ハイライトはなくても良し!入れる場合は、パウダータイプのハイライトを少量だけ乗せるのがおすすめです。

長時間のお出かけで化粧崩れが気になる場合は、最後に少量の粉を乗せましょう。少量にすることで、ツヤを消しすぎることがありません。

自分でできる好印象UPテク②まつ毛はしっかりカールさせてぱっちりとした目元に

たくさんの花嫁さんにブライダルメイクをされてきた佐藤さん。花嫁さんから「まつ毛が上がらない」というお悩みもよく聞くそうです。

まつ毛は、ビューラーで根元から上げることが重要!
マスカラ下地を塗ってからマスカラを塗ることで、カールキープ力もアップします。
佐藤さんからは、「ビューラーが苦手であればホットビューラーを使うという手もあります」とアドバイスも。

まつげパーマやエクステをお願いするなら、バサバサになりすぎないようあくまでも自然に仕上げてもらいましょう!
自まつげのようにナチュラルなほうが、より両家挨拶に向いています。

すべては一生の思い出のため!どんどんわがままを伝えて自分史上最高の私になろう

自分史上最高の姿にしてもらうために、コンプレックスや気になることはどんどん伝えましょう
お顔の輪郭やパーツの形は、補正することも活かすことも可能
正直に打ち明けることで、より自分に合ったメイクを提案してもらえるかも知れません。

見せていただいたメイクには、普段のメイクでも使えるようなテクニックもたくさん!
お店でよく見かけるようなコスメでできることにも驚きでした。
テクニックを真似して、"自分史上最高の姿"を自分で再現できたら嬉しいですね。

コロナ禍で思い通りの結婚式を挙げられるか、不安な花嫁さんもいらっしゃるでしょう。
札幌の花嫁さんが、自分史上最高の姿で一生の思い出を残せますように。
この記事が札幌の花嫁さんの参考になれば、これほど嬉しいことはありません。
写真工房ぱれっと 札幌中央店
住所:札幌市中央区南2条西3丁目11−1 k-23ビル B1F
営業時間:午前10時〜午後6時30分
電話番号: 011-596-8155
Webサイト:https://www.studio-palette.com
写真工房ぱれっと札幌中央店Instagram:@studiopalette
佐藤美結さんInstagram:@_miyu_palette_

model:@myammm_

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

札幌のカップルに選ばれる人気スタジオ"写真工房ぱれっと札幌中央店"

トレンドを押さえたハイクオリティな写真撮影ができる、札幌のウェディングフォト専門店・写真工房ぱれっと札幌中央店
数々のカップルのブライダルフォトを撮影されてきた人気のスタジオです。

今回はヘアメイクの佐藤美結さんに、自分史上最高の姿を叶えるブライダルメイクのポイントを教えていただきました。

目の前で繰り広げられるメイクテクニックは圧巻!
普段のメイクでも取り入れられるようなテクニックも教えてもらいました。

今はナチュラルなブライダルメイクがトレンド

最近のブライダルメイクは、とてもナチュラル思考
"写真映え"を意識した華やかなメイクから、トレンドが変化してきています。

今回実際に見せていただいたブライダルメイクでは、アイシャドウのカラーはヌードなベージュ系。眉も、素の形が活かされています。

「トレンドのナチュラルなブライダルメイクは、韓国ウェディング人気の影響かもしれません」と佐藤さん。
自然でありながらも花嫁の魅力を十分に引き出す韓国ウェディングのメイクが、日本でも注目されているようです。
リップの塗り方にも、韓国ウェディング人気の影響は大きく反映。
きっちり輪郭に沿って塗るのではなく、濃淡がつくように塗る"グラデーションリップ"に仕上げることも多いそうです。

このグラデーションリップ、実は自分でもかんたんに出来ます!
薄めのカラーを唇全体に塗ってから、濃く赤みがあるものを内側にオン。
輪郭を指でぼかすと、よりナチュラルな印象になります。
これなら、手持ちのアイテムを使って自分でもできそうですよね。
普段とかけ離れたメイクを避けたい花嫁さんは、グラデーションリップをお願いしてみるのも良いかも知れません。

ソフトマットなリップを選べばよりナチュラルに、ツヤのあるリップを選べば可愛らしく華やかな雰囲気に。
リップひとつでも、いろいろなオーダーの仕方がありそうです。

メイクに迷ったら"どんなテイストの写真にしたいのか"で判断して

前撮り撮影は、プロの方にメイクをしてもらえる絶好のチャンス。
自分史上最高の姿にしてもらうため、どんなテイストのメイクにしたいのかだけでも上手に伝えたいですよね。

「前撮り撮影でのメイクのテイストに迷った時は、選んだ衣装やスタジオ背景に合うかどうかで判断するのがおすすめ」と佐藤さん。
"最終的にどんなテイストの写真にしたいのか"を基準にブライダルメイクを考えると、失敗が無さそうです。

メイクの色味を決める際に、パーソナルカラーを気にされる花嫁さんも多いでしょう。
佐藤さんによると、「衣装とちぐはぐになってしまう恐れもあるので、パーソナルカラーに左右されすぎないで!」とのこと。

「札幌の女性は色白さんが多いので、パーソナルカラーを気にせずどんな色味も試してもらいたい」と嬉しいアドバイスもいただきました!
撮りたい雰囲気や衣装の色味に合わせて、アイシャドウやチークの色を選んでも良さそうです。
佐藤さんは、花嫁さんのリクエストに合わせてお顔のどこにポイントを置くかを意識されているのだとか。

例えば「大人っぽいテイストにしたい」とリクエストがあった場合、ポイントになるのは目元とリップ
目の横幅や眉の長さを出したり、リップを深みのある色にしてメイクされるそうです。
佐藤さんによると、「大人っぽい雰囲気のメイクにするならアイメイクは重要!」とのこと。
大人っぽくニュアンスチェンジしたメイクと比較すると、違いは一目瞭然です!
アイラインがしっかりと長く、ぐっと大人っぽい雰囲気になっていますね。

アイシャドウは、締め色が外側にくるようなグラデーション目の下にも暗めのブラウンが入っています。
大人っぽいアイメイクに合わせてリップもマット寄りにすると、より大人っぽい印象になるそうですよ。

前撮り撮影で大人っぽいメイクに挑戦したい花嫁さんは、アイラインの長さなどにも触れて具体的にリクエストしてみましょう!

コンプレックスはメイクでカバーできる

今回実際にメイクされる様子を拝見し、お顔のパーツなどのお悩みはほとんどメイクでカバーできることを知りました。

せっかくドレス姿になるのに、コンプレックスで自信が持てなくなってしまうのはとてももったいないこと!
気になるお悩みはプロの手でカバーしてもらいましょう。
肌トラブルなどのお悩みは、ファンデーションやコンシーラーでカバーできます。
ニキビの赤みはグリーンのコントロールカラーで、目の下のクマはオレンジカラーのコンシーラーで隠してもらいましょう。

撮影前日にニキビができても、どうか落ち込まないで!
笑顔で撮影に臨めるよう、恥ずかしがらずにヘアメイクさんに伝えるのが良さそうです。
佐藤さんによると、「丸顔・面長などお顔の輪郭を気にされる方が多い」とのこと。
メイクの仕方で自然に輪郭カバーができるので、コンプレックスはどんどん伝えましょう!

チーク・シェーディングの入れ方次第で、輪郭の見え方をコントロールすることができるそうです。

丸顔さんは、頬骨の高い位置からこめかみに向かって楕円を描くように入れてもらうとシャープで引き締まった印象に。
 面長さんは、顔幅が出るよう頬骨の少し下に横広に入れてもらうのが良いそうですよ。
佐藤さんによれば、リップの塗り方でも唇の形を補正できるのだとか。

薄い唇が気になる花嫁さんは、輪郭よりもオーバーに塗ってもらうことでぷっくりした唇にしてもらいましょう。

ハイライトを唇の上に乗せてもらうと、よりぷっくりした唇になるそうです。普段のメイクでも自分でできそうですね!
眉の太さをお顔の上下どちら側に太くするかによっても、お顔の印象は大きく変わるって知っていましたか?

おでこの広さが気になる花嫁さんなら、眉を前髪生え際側に太くしてもらうことでおでこを狭く見せられます。

これなら、ドレスに合わせてヘアがアップスタイルになっても自信が持てそうですね!
眉は、コンシーラーを使って輪郭を消すことで形を整えることができます。
あえて自然体の眉のまま撮影に臨めば、トレンドのナチュラルなメイクに近づけるかも知れませんね。

気になる花嫁さんは、眉毛サロンで整えてから撮影に臨みましょう!
ブライダルエステのように、事前準備を楽しみながら当日を迎えるのもおすすめです。

自分でもできるメイクテクで両家挨拶でも好印象

プレ花嫁さんにとっては両家挨拶も大事なイベント。メイクにもちょっと気合が入りますよね。
せっかくなので、自分でもできる好印象UPメイクテクも佐藤さんに教えてもらいました。

ちなみに今回の取材で実際に使われたコスメは、韓国コスメの登場率高し!
照明の光によって色が飛んでしまうため、発色が良く色味も豊富な韓国コスメは現場での出番が多いそうです。

普段お店でもよく見るようなコスメのラインナップに、筆者もモデルも興味津々。(笑)
自分でも手が届くようなアイテムで、メイクのテクニックが上がるなら嬉しいですよね。

自分でできる好印象UPテク①ベース作りにこだわる

今何かと話題の"ツヤ肌"。ツヤが出る化粧下地で、肌の土台からツヤを仕込むのがおすすめです。

大事なのは、ナチュラルで健康的なツヤ肌に仕上げること!
ファンデーションは水を含ませたスポンジで薄く塗り、色ムラや肌トラブルはコントロールカラーでカバー。
素肌感を演出することを意識し、ツヤツヤすぎない健康的なツヤ肌にすると好印象な肌に仕上がります。

ベースメイクの段階で上手にツヤ肌が作れたら、ハイライトはなくても良し!入れる場合は、パウダータイプのハイライトを少量だけ乗せるのがおすすめです。

長時間のお出かけで化粧崩れが気になる場合は、最後に少量の粉を乗せましょう。少量にすることで、ツヤを消しすぎることがありません。

自分でできる好印象UPテク②まつ毛はしっかりカールさせてぱっちりとした目元に

たくさんの花嫁さんにブライダルメイクをされてきた佐藤さん。花嫁さんから「まつ毛が上がらない」というお悩みもよく聞くそうです。

まつ毛は、ビューラーで根元から上げることが重要!
マスカラ下地を塗ってからマスカラを塗ることで、カールキープ力もアップします。
佐藤さんからは、「ビューラーが苦手であればホットビューラーを使うという手もあります」とアドバイスも。

まつげパーマやエクステをお願いするなら、バサバサになりすぎないようあくまでも自然に仕上げてもらいましょう!
自まつげのようにナチュラルなほうが、より両家挨拶に向いています。

すべては一生の思い出のため!どんどんわがままを伝えて自分史上最高の私になろう

自分史上最高の姿にしてもらうために、コンプレックスや気になることはどんどん伝えましょう
お顔の輪郭やパーツの形は、補正することも活かすことも可能
正直に打ち明けることで、より自分に合ったメイクを提案してもらえるかも知れません。

見せていただいたメイクには、普段のメイクでも使えるようなテクニックもたくさん!
お店でよく見かけるようなコスメでできることにも驚きでした。
テクニックを真似して、"自分史上最高の姿"を自分で再現できたら嬉しいですね。

コロナ禍で思い通りの結婚式を挙げられるか、不安な花嫁さんもいらっしゃるでしょう。
札幌の花嫁さんが、自分史上最高の姿で一生の思い出を残せますように。
この記事が札幌の花嫁さんの参考になれば、これほど嬉しいことはありません。
写真工房ぱれっと 札幌中央店
住所:札幌市中央区南2条西3丁目11−1 k-23ビル B1F
営業時間:午前10時〜午後6時30分
電話番号: 011-596-8155
Webサイト:https://www.studio-palette.com
写真工房ぱれっと札幌中央店Instagram:@studiopalette
佐藤美結さんInstagram:@_miyu_palette_

model:@myammm_

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

伊藤さとみ

美容ライター

札幌在住の美容大好き主婦。美容・コスメのほか、サウナやヨガも大好き。札幌市内のコスメ売り場をくまなく歩き回り、プチプラで優秀なコスメがないか日々パトロールしています。小さい頃から美白命で、成分表示を見て化粧水を選ぶのがマイルール。札幌の美容シーンを盛り上げるべく、"札幌ならでは"の美容情報を発信していきます。日本化粧品検定2級。

SHARE

RELATED WORDS 関連ワード