2021.11.10

ファッション&ビューティ

看護師が実体験!話題のヒアルロン酸注射…ほうれい線を目立たなくするケア

髙樋沙苗

美容皮膚科看護師

マスク 肌ケア ほうれい線 ヒアルロン酸注射

マスク生活も長くなりましたが、マスクを外した生活になった時のために、日頃からのケアはとても大切になります。
例えば、マスクで隠れているほうれい線…年齢とともに気になるシワの上位にもあがります。
ほうれい線は、老けてみえる原因のシワです。
深く刻まれる前に適切なケアが大切になります。
ほうれい線の具体的な治療について。美容皮膚科看護師が実際に行った治療についてご紹介いたします。

ほうれい線はどうしてできる?

ほうれい線の原因は、たくさんあります。

加齢によって、顔の骨や筋肉の老化や脂肪の減少などだけではなく、
乾燥や表情の癖など色々な原因で、頬がたるむことによってほうれい線につながります。

 

ほうれい線予防改善のための治療とは?

①HIFU(高密度焦点式超音波治療)
HIFUは、超音波で肌に熱ダメージを与えて、コラーゲンの再生を促す治療。
皮膚を引き締めたり、頬をリフトアップすることで、ほうれい線を浅くします。
フェイスラインのたるみを良くしたい!ハリを出したい!という時に、オススメの治療です。


②スレッドリフト
時間が経つと体内に吸収される特殊な糸を皮膚の深い部分に入れ、肌の土台から引っ張り上げることで、お顔全体を引き締め、リフトアップし、ほうれい線を目立たなくします。
糸を入れたことの刺激でコラーゲンが増えていき、リフトアップだけではやく、肌のハリツヤを出す美肌効果もあります。


残念ながら、お化粧品で、ほうれい線は消えません。
ほうれい線まわりのこじわなどは、保湿や正しいスキンケアで改善できることもありますが、ほうれい線自体薄くすることは難しいです。

私が実際おこなったのは、ヒアルロン酸注入

ほうれい線のヒアルロン酸注入とは、ほうれい線部分の皮膚に注射で直接ヒアルロン酸を注入することで、皮膚にハリが戻ります。
注射によって、ほうれい線に刻まれた溝やシワを改善していきます。

先ほどお伝えしたHIFUやスレッドリフトも良いですが、ほうれい線にはやはりヒアルロン酸注入が早いのかなと思います。


よく、ヒアルロン酸を入れると顔がパンパンになる、不自然になると思われがちですが、お悩みに合わせてヒアルロン酸の種類や量を適切に注入すればそのようなことはないかなと思います。
自分のイメージを医師に伝えることはとても良いことだと思います。

 

ヒアルロン酸注入…実際にしてみました!

・痛み
注射というと痛いイメージがありますが、少しチクっと痛みはあります。
個人差はありますが、我慢できる程度です。

・時間
注入している時間自体は数分。
あっという間に終わってしまいます。
途中で、起き上がり左右の差を見たり、確認しながら注入していくので全て終わるのにはそれでも10分位だと思います。

・入れた量
私は左右合わせて1ccを注射。
その方によって、しわの深さなどによっても量は変わりますので、医師カウンセリング時にご希望をお伝えすると良いと思います。

・仕上がり
注射なので多少の痛みは伴いますが、仕上がりをみて大満足したので、痛みは忘れてしまいました。
写真は直後のものですが、全く不自然にならずに、むしろ自然に口元が若返りました。
そして、家族にも誰にも気づかれませんでした。

・持続期間
ヒアルロン酸の種類にもよりますが、昔のヒアルロン酸よりもモチは長く1年位、ものによっては1年半位もつものもあります。
 
いかがでしたか?

怖いイメージのあるヒアルロン酸注射。
今は、美容医療は非常に身近に手軽にできるものになっています。
このマスク生活の間に挑戦してみてもよいかもしれません。

口元で印象は変わります。
ほうれい線ケアの1つとして美容治療があるということを知ってもらえると嬉しいです。

ほうれい線はどうしてできる?

ほうれい線の原因は、たくさんあります。

加齢によって、顔の骨や筋肉の老化や脂肪の減少などだけではなく、
乾燥や表情の癖など色々な原因で、頬がたるむことによってほうれい線につながります。

 

ほうれい線予防改善のための治療とは?

①HIFU(高密度焦点式超音波治療)
HIFUは、超音波で肌に熱ダメージを与えて、コラーゲンの再生を促す治療。
皮膚を引き締めたり、頬をリフトアップすることで、ほうれい線を浅くします。
フェイスラインのたるみを良くしたい!ハリを出したい!という時に、オススメの治療です。


②スレッドリフト
時間が経つと体内に吸収される特殊な糸を皮膚の深い部分に入れ、肌の土台から引っ張り上げることで、お顔全体を引き締め、リフトアップし、ほうれい線を目立たなくします。
糸を入れたことの刺激でコラーゲンが増えていき、リフトアップだけではやく、肌のハリツヤを出す美肌効果もあります。


残念ながら、お化粧品で、ほうれい線は消えません。
ほうれい線まわりのこじわなどは、保湿や正しいスキンケアで改善できることもありますが、ほうれい線自体薄くすることは難しいです。

私が実際おこなったのは、ヒアルロン酸注入

ほうれい線のヒアルロン酸注入とは、ほうれい線部分の皮膚に注射で直接ヒアルロン酸を注入することで、皮膚にハリが戻ります。
注射によって、ほうれい線に刻まれた溝やシワを改善していきます。

先ほどお伝えしたHIFUやスレッドリフトも良いですが、ほうれい線にはやはりヒアルロン酸注入が早いのかなと思います。


よく、ヒアルロン酸を入れると顔がパンパンになる、不自然になると思われがちですが、お悩みに合わせてヒアルロン酸の種類や量を適切に注入すればそのようなことはないかなと思います。
自分のイメージを医師に伝えることはとても良いことだと思います。

 

ヒアルロン酸注入…実際にしてみました!

・痛み
注射というと痛いイメージがありますが、少しチクっと痛みはあります。
個人差はありますが、我慢できる程度です。

・時間
注入している時間自体は数分。
あっという間に終わってしまいます。
途中で、起き上がり左右の差を見たり、確認しながら注入していくので全て終わるのにはそれでも10分位だと思います。

・入れた量
私は左右合わせて1ccを注射。
その方によって、しわの深さなどによっても量は変わりますので、医師カウンセリング時にご希望をお伝えすると良いと思います。

・仕上がり
注射なので多少の痛みは伴いますが、仕上がりをみて大満足したので、痛みは忘れてしまいました。
写真は直後のものですが、全く不自然にならずに、むしろ自然に口元が若返りました。
そして、家族にも誰にも気づかれませんでした。

・持続期間
ヒアルロン酸の種類にもよりますが、昔のヒアルロン酸よりもモチは長く1年位、ものによっては1年半位もつものもあります。
 
いかがでしたか?

怖いイメージのあるヒアルロン酸注射。
今は、美容医療は非常に身近に手軽にできるものになっています。
このマスク生活の間に挑戦してみてもよいかもしれません。

口元で印象は変わります。
ほうれい線ケアの1つとして美容治療があるということを知ってもらえると嬉しいです。

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

RELATED WORDS 関連ワード

髙樋沙苗

美容皮膚科看護師

看護師、保健師の他に、日本コスメティック協会認定インストラクターなど美容資格12個を持つ。現在は、札幌市内の皮膚科、美容皮膚科で勤務する傍ら美容講師として活動。スクール講師、道内外のセミナーやメディアを通して、医学的根拠に基づいた正しい美容知識の普及をしている。体の内側と外側からのトータルビューティーを提唱し、ヨガインストラクターとしての活動も行っている。