2021.8.10

ファッション&ビューティ

"北海道産てんさい糖"のシュガースクラブ 肌にバリア機能と保湿力を!しっとり感UP

若森あんり

ライター・イラストレータ

夏は日焼け対策に力を入れても、保湿ケアは怠りがち。汗でベタついていても肌の奥では乾燥が進んでいることもあります。
 
そこで今回ご紹介するのは、株式会社アビサル・ジャパンが開発したシュガースクラブの「シュクレ」。保湿力、抗菌力が高く、「シュクレ」で洗顔を続けていくと肌のバリア機能もアップしてくる優れもの。
夏の乾燥による肌荒れやマスクニキビ、アルコール消毒で手荒れをおこしている方にもおススメです。
 
さらにうれしいのは防腐剤、合成香料、着色料などは一切使用せず、遺伝子組み換えをしていない北海道産のてんさい糖を中心に作られていること。
何かと敬遠されがちな砂糖ですが、なぜ肌にはいいのか、開発者の幟立真理(のぼりたてまり)さんにお話をうかがいました。

なぜ砂糖は肌によいのでしょう?


画像出典:アビサル・ジャパン 「シュクレ」に使われているてんさい糖

日焼け対策はもちろんですが、夏は意外にも肌が乾燥しやすく、保湿も大切なケアのひとつ。

ややこしい名前が続きますが、本来肌にはNMF(天然保湿因子)や細胞間脂質などのバリア機能が働いているので、潤いを保ち、乾燥から肌を守ってくれています。その他にも汗と皮脂がまじりあってできた皮脂膜は外部の刺激から肌を守る役割をしています。
 
頑張ってくれているバリア機能と皮脂膜ですが、夏は汗で皮脂が流れやすく、紫外線ダメージも加わり、うるおいを守ってくれているバリア機能は低下。肌荒れやニキビ、乾燥による小じわの原因になることも。
 
そんなバリア機能の低下と乾燥肌を助けてくれるのが“砂糖の力”。砂糖の持つ吸湿性と高浸透圧の吸収作用で、乾燥を防ぎバリア機能をサポート。水分と皮脂のバランスも整い、肌のリズムも正常に。うるおいに満ちたしっとり肌になるそうです。
 
「バリア機能がある肌に変えていくのはとても大事なことです。だいたい1ヵ月くらい『シュクレ』で洗うと、平均30パーセント水分が上がるというデータもあります」と幟立さん。これはもう使ってみたくなりますよね。

「シュクレ」の特徴

「シュクレ」は遺伝子組み換えがされていない北海道の「てんさい糖」が80%、オイル(食用原料)20%で作られています。肌を傷めないよう1粒ずつ砂糖をオイルコーティングし、肌にのせたときオイルがクッションの役目をしてくれます。100%食品由来の天然成分でできているので、赤ちゃんにも使えるそうです。
 
幟立さんのオフィスで使わせていただくと、水と「シュクレ」をつけた手を軽くこすっているだけでフッと砂糖のつぶつぶがなくなり、その後しっとりとした感触に。砂糖がとけるのも早いので不思議な感覚です。

砂糖をコーティングしていたオイルは水と一緒に流れ、砂糖だけが肌に残るそう。しっとりした感触になるのはオイルではなく、やはり砂糖の力なのですね。
 
毎日無理なく使う方法として教えていただいたのは、歯磨き前に「シュクレ」を顔にのせ、いつものように歯を磨き、磨き終わったら「シュクレ」を洗い流す方法。夜はお化粧を落としてから使うとよいそうですよ。

画像出典:アビサル・ジャパン ボディ用シュガースクラブ200g 3300円(税込み)

香りはシトラス、ラベンダー、ローズマリー、ハッカ、バニラの5種類。どの香りもふんわりしているので、匂いに敏感な方でも使いやすくなっています。

顔だけではなく頭皮にも使え、抗菌作用が高いので外出後の手洗いにも便利。石鹸の泡立てがうまくできないお子さんにもぴったりですね。フェイス用とボディ用で粒の大きさを変えているので、ニキビ肌や乾燥で荒れている肌にもしみにくいそう。
はじまりは娘さんのアトピーを治すために研究をはじめた幟立さん。20数年にわたって病院や大学でさまざまな研究や試験を重ねてきました。動物実験に反対派のアビサル・ジャパンでは国際承認を取得し、人口角膜で試験を行っています。
 
オンラインショップからも購入できますが、「札幌スタイルショップ」「どさんこプラザ」「東急ハンズ」「新千歳空港」「定山渓ビューホテル」でも購入可能です。

画像出典:アビサル・ジャパン  有機栽培されている和ハッカを使用

株式会社アビサル・ジャパン
住所:札幌市中央区南4条西12丁目1304-4
営業時間:午前10時~午後7時
定休日:不定
電話番号:011-530-6500
公式HP:https://abyssal.jp/
Instagram:@abyssaljapan
Facebook:アビサル・ジャパン Abyssal Japan
公式LINE: アビサル・ジャパン

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

なぜ砂糖は肌によいのでしょう?


画像出典:アビサル・ジャパン 「シュクレ」に使われているてんさい糖

日焼け対策はもちろんですが、夏は意外にも肌が乾燥しやすく、保湿も大切なケアのひとつ。

ややこしい名前が続きますが、本来肌にはNMF(天然保湿因子)や細胞間脂質などのバリア機能が働いているので、潤いを保ち、乾燥から肌を守ってくれています。その他にも汗と皮脂がまじりあってできた皮脂膜は外部の刺激から肌を守る役割をしています。
 
頑張ってくれているバリア機能と皮脂膜ですが、夏は汗で皮脂が流れやすく、紫外線ダメージも加わり、うるおいを守ってくれているバリア機能は低下。肌荒れやニキビ、乾燥による小じわの原因になることも。
 
そんなバリア機能の低下と乾燥肌を助けてくれるのが“砂糖の力”。砂糖の持つ吸湿性と高浸透圧の吸収作用で、乾燥を防ぎバリア機能をサポート。水分と皮脂のバランスも整い、肌のリズムも正常に。うるおいに満ちたしっとり肌になるそうです。
 
「バリア機能がある肌に変えていくのはとても大事なことです。だいたい1ヵ月くらい『シュクレ』で洗うと、平均30パーセント水分が上がるというデータもあります」と幟立さん。これはもう使ってみたくなりますよね。

「シュクレ」の特徴

「シュクレ」は遺伝子組み換えがされていない北海道の「てんさい糖」が80%、オイル(食用原料)20%で作られています。肌を傷めないよう1粒ずつ砂糖をオイルコーティングし、肌にのせたときオイルがクッションの役目をしてくれます。100%食品由来の天然成分でできているので、赤ちゃんにも使えるそうです。
 
幟立さんのオフィスで使わせていただくと、水と「シュクレ」をつけた手を軽くこすっているだけでフッと砂糖のつぶつぶがなくなり、その後しっとりとした感触に。砂糖がとけるのも早いので不思議な感覚です。

砂糖をコーティングしていたオイルは水と一緒に流れ、砂糖だけが肌に残るそう。しっとりした感触になるのはオイルではなく、やはり砂糖の力なのですね。
 
毎日無理なく使う方法として教えていただいたのは、歯磨き前に「シュクレ」を顔にのせ、いつものように歯を磨き、磨き終わったら「シュクレ」を洗い流す方法。夜はお化粧を落としてから使うとよいそうですよ。

画像出典:アビサル・ジャパン ボディ用シュガースクラブ200g 3300円(税込み)

香りはシトラス、ラベンダー、ローズマリー、ハッカ、バニラの5種類。どの香りもふんわりしているので、匂いに敏感な方でも使いやすくなっています。

顔だけではなく頭皮にも使え、抗菌作用が高いので外出後の手洗いにも便利。石鹸の泡立てがうまくできないお子さんにもぴったりですね。フェイス用とボディ用で粒の大きさを変えているので、ニキビ肌や乾燥で荒れている肌にもしみにくいそう。

画像出典:アビサル・ジャパン  有機栽培されている和ハッカを使用

はじまりは娘さんのアトピーを治すために研究をはじめた幟立さん。20数年にわたって病院や大学でさまざまな研究や試験を重ねてきました。動物実験に反対派のアビサル・ジャパンでは国際承認を取得し、人口角膜で試験を行っています。
 
オンラインショップからも購入できますが、「札幌スタイルショップ」「どさんこプラザ」「東急ハンズ」「新千歳空港」「定山渓ビューホテル」でも購入可能です。
株式会社アビサル・ジャパン
住所:札幌市中央区南4条西12丁目1304-4
営業時間:午前10時~午後7時
定休日:不定
電話番号:011-530-6500
公式HP:https://abyssal.jp/
Instagram:@abyssaljapan
Facebook:アビサル・ジャパン Abyssal Japan
公式LINE: アビサル・ジャパン

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

若森あんり

ライター・イラストレータ

輸入雑貨や化粧品。それに服飾にグルメ…幅広く取材し、記事を発信していきます。恵庭千歳のカフェなどはもちろん、SASARUでは数少ないアート記事も挑戦していきます。食べるだけじゃない、店内のインテリアなどもじっくり取材していますで皆さんの心にSASARUと嬉しいです。