2021.1.11

ファッション&ビューティ

今年のバッグは?おしゃれさんはみんな可愛い巾着バックをもっている!

山中 あみ

モデル

去年の夏頃からじわじわと流行りはじめ
すっかり定番となったミニマムサイズな巾着バック。

どんなコーディネートにでも、邪魔をせず
コロンっとした見た目が全体にかわいい印象を与えてくれるのが巾着バックの魅力です。
 

世界にひとつだけ、今選ぶならハンドメイドがかわいい

今回紹介するのは、私がInstagramで見つけた世界にひとつだけの
ハンドメイドのかわいい巾着バック

どの商品も本当にかわいくてため息がでちゃいます。

まだ巾着バックを持っていない方に是非オススメのブランドを3つご紹介します。

刺繍リボンがかわいいクラシカルな印象の巾着バック


画像提供:@a.ku.a


画像提供:@a.ku.a


画像提供:@a.ku.a

上品な色使いと刺繍リボンの組み合わせが絶妙で、
大人かわいいデザインで年齢問わず使えそうですね。

ブランド名『AkUA』
Instagram: @a.ku.a

色味がきれい。金華山織りを使った巾着

こちらは和歌山県の高野口で織られている、「金華山織り」を使った巾着。

画像提供:@pupu_laukku


画像提供:@pupu_laukku


画像提供:@pupu_laukku


画像提供:@pupu_laukku

タッセルと生地のバランスが最高にかわいい。
個人的には黄色とグレーの組み合わせがツボです!
色の綺麗さに感動してしまいました。

ブランド名『ププラウック』
Instagram: @pupu_laukku

コーディネートの主役になる持ち手もかわいい巾着バック


画像提供:@little_seeds_


画像提供:@little_seeds_


画像提供:@little_seeds_


画像提供:@little_seeds_

こんなかわいい巾着バック見たことな~い!
たくさんのフリンジがシンプルなコーディネートに華を添えてくれること間違いなしです!

ブランド名『little seeds...』
Instagram: @little_seeds_


 

ひとつ持っていると絶対使える

どのブランドも発売日には争奪戦になるくらい今大人気のようです。
私もひとつ、いやふたつ・・・
欲しいなぁ~。

2021年新しいバックでおしゃれをスタートしてみませんか?
 

画像提供:@miyaeri_pichi

世界にひとつだけ、今選ぶならハンドメイドがかわいい

今回紹介するのは、私がInstagramで見つけた世界にひとつだけの
ハンドメイドのかわいい巾着バック

どの商品も本当にかわいくてため息がでちゃいます。

まだ巾着バックを持っていない方に是非オススメのブランドを3つご紹介します。

刺繍リボンがかわいいクラシカルな印象の巾着バック


画像提供:@a.ku.a


画像提供:@a.ku.a


画像提供:@a.ku.a

上品な色使いと刺繍リボンの組み合わせが絶妙で、
大人かわいいデザインで年齢問わず使えそうですね。

ブランド名『AkUA』
Instagram: @a.ku.a

色味がきれい。金華山織りを使った巾着


画像提供:@pupu_laukku

こちらは和歌山県の高野口で織られている、「金華山織り」を使った巾着。

画像提供:@pupu_laukku


画像提供:@pupu_laukku


画像提供:@pupu_laukku

タッセルと生地のバランスが最高にかわいい。
個人的には黄色とグレーの組み合わせがツボです!
色の綺麗さに感動してしまいました。

ブランド名『ププラウック』
Instagram: @pupu_laukku

コーディネートの主役になる持ち手もかわいい巾着バック


画像提供:@little_seeds_


画像提供:@little_seeds_


画像提供:@little_seeds_


画像提供:@little_seeds_

こんなかわいい巾着バック見たことな~い!
たくさんのフリンジがシンプルなコーディネートに華を添えてくれること間違いなしです!

ブランド名『little seeds...』
Instagram: @little_seeds_


 

ひとつ持っていると絶対使える


画像提供:@miyaeri_pichi

どのブランドも発売日には争奪戦になるくらい今大人気のようです。
私もひとつ、いやふたつ・・・
欲しいなぁ~。

2021年新しいバックでおしゃれをスタートしてみませんか?
 

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

山中あみ

モデル

青文字系雑誌CUTiEのモデルとして17歳でデビュー。zipperやKERAなど原宿系雑誌を中心に活躍。また映画やCM等のタレント活動を行いながらバンドを結成し数々のユニットでの活動を経て、スタジオミュージシャンと共にアルバム『ChipTune』を発売。自身がディレクターとなりアクセサリーブランドBarreを立ち上げる。一児の母となった現在もモデルとして活躍中