お正月太りをなかったことに!ポッコリお腹凹ませセルフケア法

お正月帰省で、親御さんやお姑さんのおもてなし?を断れず、不本意な体重増加になってしまったあなたに朗報です!

今回は、お正月太り対策として、ポッコリになったお腹を凹ます最新のトレンドセルフケアをお伝えしますね。

2020.1.10

くびれを作るならこのストレッチ法!

お腹まわりにスッキリしたくびれをつくるには、2つの筋肉を引き締める必要があります。

お腹の斜め前にある腹斜筋(ふくしゃきん)と、斜め後ろにある腰方形筋(ようほうけいきん)という筋肉です。

腹斜筋と腰方形筋を引き締めることで、ウエストにキレイなくびれが完成します。

腹斜筋ストレッチ

①片足を一歩前に出し、軽く膝を曲げて立ちます。

②前に出した足と同じ側の腕を天井に向かって伸ばし、反対の手で手首を押さえます。

③天井に向けた手を、手首を押さえている手を使って天井に突き上げます。

④同時に前に出している足の膝を曲げつつ、腹斜筋(お腹の斜め前の筋肉)を伸ばします。

※戻していく時は、ゆっくり戻しましょう。

腰方形筋ストレッチ

①片足を後ろに一歩下げ、下げた足の膝を軽く曲げます。

②後ろに下げた足と同じ側の腕を天井に伸ばします。

③手の平も天井に向くように伸ばしつつ、反対の手で手首を押さえます。

④反対の手で手首を正面方向にゆっくり引っ張ります。

⑤同時に、後ろ足の膝を曲げて腰方形筋(腰の斜め後ろの筋肉)を伸ばします。

※戻していく時は、ゆっくり戻しましょう。

トレンドの「ハーフプランク」でキュッ!と引き締め

くびれストレッチでしっかり筋肉の伸びしろを増やしたら、筋肉を引き締めていきます。

今回ご紹介する引き締め法は、ハーフプランクという方法です。最近の筋トレブームで「プランク」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

ハーフプランクは、筋トレに苦手意識がある方でも、ノリで出来てしまう簡単な引き締め法ですよ!

①うつ伏せの状態で、脇を締め肘から手首を床に当てます。膝も曲げておきましょう。

②お尻に軽く力を入れつつ、身体のラインが一直線になるように意識してお腹を持ち上げましょう。

③持ち上げた状態で5秒キープし、5秒かけてゆっくり戻していきます。

 

セルフケアの考え方

私の提唱するセルフケア法は、ストイックに運動する方法ではありません。

基本、楽しみながら取り組むことが大前提。いつでもどこでもスキマ時間を見つけてセルフケアすることで、キレイな体型になる習慣づくりを目指してもらっています。

ですので、回数に制限をかけず『楽しみながらできる回数』を毎日繰り返してみてくださいね。

Facebook Instagram
佐々木憲司   
骨盤プロデューサー
Facebook Instagram
柔道整復師として15年間医療機関で治療に携わる。よさこいチーム専属トレーナー、ミスコン審査員・特別講師、プロセラピスト向け講師としても活動。現在、マジカルボディ札幌店長として勤務する傍ら、骨盤プロデューサーとして「体重より見た目を変えて姿勢美に」を提唱し、くびれもつくれる腰痛施術法や痩身セルフケア法など多数考案し提供している。スリム体型・姿勢美に導くべく普及活動中。
マジカルボディ札幌

最近の投稿

ファッション&ビューティ

デコルテがスッキリ♡血行よろしく肩こり解消法 #癒し

ファッション&ビューティ

お正月太りをなかったことに!ポッコリお腹凹ませセルフケア法

ファッション&ビューティ

クリスマス直前でも間に合う!小顔セルフケア法を伝授

ファッション&ビューティ

ヒールブーツを脱いだ夜にやるべき美脚ストレッチ【引き締め編】

ファッション&ビューティ

冬のむくみスッキリ!ヒールブーツを脱いだ夜にやるべき自宅ケア法【伸ばす編】

ファッション&ビューティ

ヒールブーツを脱いだ夜にやるべきむくみケア法【ゆるめる編】

ファッション&ビューティ

寒くなる季節だからこそ習慣にしたい。骨盤プロデューサー直伝の美脚づくり!

ファッション&ビューティ

北海道の骨盤プロデューサーが伝授!立ち姿勢を変えて簡単ヒップアップ!