クリスマス直前でも間に合う!小顔セルフケア法を伝授

クリスマスや忘年会など、人前に出る機会も増えているのではないでしょうか。女子力を上げて自信をもってイベントに望みたい貴女におすすめなのが「小顔セルフケア」です!

今回は、お出かけ直前でもサクッとできる小顔セルフケア法をお伝えしちゃいます!

2019.12.23

小顔セルフケア法

私が実際に施術の現場で使っている方法として、フェイスラインを境目として、頭の筋肉(側頭筋)と顔から下の首の筋肉(広頚筋)をストレッチすることで、上と下からの張力を高めて小顔にする方法を用いています。

ですので、お化粧をしたままでもできるセルフケア方法ですよ!

側頭筋の引き上げ法

(目的)
側頭筋(側頭筋)という頭の横についている筋肉を引き上げることで、小さくシャープなたまご型の頭のラインづくりを目指します。

(引き上げ法)
①両手の中指をつむじの方向に向け頭を押さえます。

②ゆっくり3回ほど後ろ回ししながら、つむじの方向に引き上げます。

③5秒引き上げたまま止め、手首からゆっくり力を抜き、最後にゆびを離します。

あごの骨の圧迫法

(目的)
あごの骨を軽く圧迫することで、スッキリと小さなあごづくりを目指します。

(圧迫法)
①両手の手のつけ根あたりで、あご下を軽く押さえます。

②パンの耳が潰れない程度の力加減で、3秒かけて圧を加えていきます。

③戻す際も、3秒かけてゆっくり戻しましょう。

(注意点)
※顎関節症のある方や、あごに違和感のある方はお控えください。

広頚筋のストレッチ法

(目的)
首の表面にある広頚筋(こうけいきん)をいう筋肉や胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)という筋肉を際立たせることで、キレイで張りのあるデコルテづくりを目指します。

(引き上げ法①)
①鎖骨の上から親指をあて、軽く押さえます。

②押さえている側に顔を向けておき、口を半開きにしたままあごを引き上げます。

③あごを引き上げたまま、反対方向に振り向きます。

(引き上げ法②)
①両方の鎖骨の上に手をクロスして親指をあて、軽く押さえます。

②口を半開きにしたままあごを前方に少し引き出します。

③あごを引き出したまま、上に向かって引き上げ3秒止めます。

【豆知識】

お顔の筋肉をリラックスさせた状態でセルフケアするには、口を半開きにしましょう。

なぜなら、口を閉じている状態というのは、あごを引き上げる筋肉を使っている状態ですので、力が抜けてはいないことになるからです。

強い力での圧力を避けて、安全なセルフケアをされてくださいね!

Facebook Instagram
佐々木憲司   
骨盤プロデューサー
Facebook Instagram
柔道整復師として15年間医療機関で治療に携わる。よさこいチーム専属トレーナー、ミスコン審査員・特別講師、プロセラピスト向け講師としても活動。現在、マジカルボディ札幌店長として勤務する傍ら、骨盤プロデューサーとして「体重より見た目を変えて姿勢美に」を提唱し、くびれもつくれる腰痛施術法や痩身セルフケア法など多数考案し提供している。スリム体型・姿勢美に導くべく普及活動中。
マジカルボディ札幌

最近の投稿

ファッション&ビューティ

デコルテがスッキリ♡血行よろしく肩こり解消法 #癒し

ファッション&ビューティ

お正月太りをなかったことに!ポッコリお腹凹ませセルフケア法

ファッション&ビューティ

クリスマス直前でも間に合う!小顔セルフケア法を伝授

ファッション&ビューティ

ヒールブーツを脱いだ夜にやるべき美脚ストレッチ【引き締め編】

ファッション&ビューティ

冬のむくみスッキリ!ヒールブーツを脱いだ夜にやるべき自宅ケア法【伸ばす編】

ファッション&ビューティ

ヒールブーツを脱いだ夜にやるべきむくみケア法【ゆるめる編】

ファッション&ビューティ

寒くなる季節だからこそ習慣にしたい。骨盤プロデューサー直伝の美脚づくり!

ファッション&ビューティ

北海道の骨盤プロデューサーが伝授!立ち姿勢を変えて簡単ヒップアップ!