2019.11.28

ファッション&ビューティ

ヒールブーツを脱いだ夜にやるべきむくみケア法【ゆるめる編】

佐々木 憲司

骨盤プロデューサー

朝晩の冷え込みも強くなってきた北海道。足元のおしゃれにヒールブーツを履く機会も増えたのではないでしょうか。しかし、ふくらはぎのむくみや疲労などのお悩みを抱えている女性も多いものです。そこで、今回からふくらはぎの自宅セルフケア法を3回に分けて紹介していきますね!

ふくらはぎのセルフケア法①

立ちひざの姿勢で、片足を前に出します。前に出した足の踵(かかと)に体重をかけつつ、ペダルを踏むようにつま先を壁に当てます。

ふくらはぎのセルフケア法​②

両手を重ね、足首のアキレス腱あたりを包み込むように押さえます。
足首のアキレス腱を両手で押さえたまま、上下に大きくゆっくり揺すります。
※回数は、上下に10回ほどゆっくり揺すってください。

ふくらはぎのセルフケア法③

​両手の力を抜かず、ひざ下の中央(ふくらはぎの真ん中)あたりまで手の位置を移動しつつ、上下に大きくゆっくり揺すります。
​※回数は、上下に10回ほどゆっくり揺すってください。

ふくらはぎのセルフケア法④

さらに両手の力を入れたまま、ふくらはぎの上のあたりまで手の位置を移動させ、上下に大きくゆっくり揺すります。
​※回数は、上下に10回ほどゆっくり揺すってください。

ふくらはぎから手を離すときの注意点

実は、ふくらはぎがやわらかくなる裏技があるんです!今回は、プロが現場で使っている裏技を特別にお伝えしちゃいます!
まず、手首の力だけ抜きつつ、手の平の部分だけ離していきます。
最後に残った指先をゆっくりソフトに離します。
※離した部分に余韻が残るようにするのが、ふくらはぎをやわらかくするコツです!

【補足】ヒールブーツはなぜ、浮腫(むくみ)やすいの?

ヒールブーツを履くと、つま先が下がった状態で足首の動きが制限され、ふくらはぎの筋肉が伸び縮みしづらくなります。筋肉の動きが悪くなると、血流やリンパの流れが滞り、脚全体にむくみが出てしまうのです。

ヒールブーツの時に履く靴下も要注意です。なぜなら、ヒールブーツで足首の動きが制限されている上に、靴下ゴムの締め付けが強くなってしまうと、脚の血液やリンパの流れが滞り、一層むくみを強めてしまうこともあるからです。

足元のオシャレには、ご自宅でのメンテナンスがとっても大事です。

ふくらはぎの筋肉や筋膜をやわらげるためのとっておきの方法ですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

ふくらはぎのセルフケア法①

立ちひざの姿勢で、片足を前に出します。前に出した足の踵(かかと)に体重をかけつつ、ペダルを踏むようにつま先を壁に当てます。

ふくらはぎのセルフケア法​②

両手を重ね、足首のアキレス腱あたりを包み込むように押さえます。
足首のアキレス腱を両手で押さえたまま、上下に大きくゆっくり揺すります。
※回数は、上下に10回ほどゆっくり揺すってください。

ふくらはぎのセルフケア法③

​両手の力を抜かず、ひざ下の中央(ふくらはぎの真ん中)あたりまで手の位置を移動しつつ、上下に大きくゆっくり揺すります。
​※回数は、上下に10回ほどゆっくり揺すってください。

ふくらはぎのセルフケア法④

さらに両手の力を入れたまま、ふくらはぎの上のあたりまで手の位置を移動させ、上下に大きくゆっくり揺すります。
​※回数は、上下に10回ほどゆっくり揺すってください。

ふくらはぎから手を離すときの注意点

実は、ふくらはぎがやわらかくなる裏技があるんです!今回は、プロが現場で使っている裏技を特別にお伝えしちゃいます!
まず、手首の力だけ抜きつつ、手の平の部分だけ離していきます。
最後に残った指先をゆっくりソフトに離します。
※離した部分に余韻が残るようにするのが、ふくらはぎをやわらかくするコツです!

【補足】ヒールブーツはなぜ、浮腫(むくみ)やすいの?

ヒールブーツを履くと、つま先が下がった状態で足首の動きが制限され、ふくらはぎの筋肉が伸び縮みしづらくなります。筋肉の動きが悪くなると、血流やリンパの流れが滞り、脚全体にむくみが出てしまうのです。

ヒールブーツの時に履く靴下も要注意です。なぜなら、ヒールブーツで足首の動きが制限されている上に、靴下ゴムの締め付けが強くなってしまうと、脚の血液やリンパの流れが滞り、一層むくみを強めてしまうこともあるからです。

足元のオシャレには、ご自宅でのメンテナンスがとっても大事です。

ふくらはぎの筋肉や筋膜をやわらげるためのとっておきの方法ですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

RELATED WORDS 関連ワード

佐々木憲司

骨盤プロデューサー

柔道整復師として15年間医療機関で治療に携わる。よさこいチーム専属トレーナー、ミスコン審査員・特別講師、プロセラピスト向け講師としても活動。現在、マジカルボディ札幌店長として勤務する傍ら、骨盤プロデューサーとして「体重より見た目を変えて姿勢美に」を提唱し、くびれもつくれる腰痛施術法や痩身セルフケア法など多数考案し提供している。スリム体型・姿勢美に導くべく普及活動中。