牛乳も卵も小麦粉も不使用のビジュアルスイーツ、円山issue


写真提供:issue

この美味しそうなケーキ、牛乳も卵も小麦粉も使っていないと言ったら、ちょっとビックリしませんか?アレルギー体質やビーガンなどの人はもちろん、体に負担をかけない食生活を意識した、ヘルシー派にも注目されているスイーツ店が札幌の円山エリアにあります。

「社会を考えるお菓子屋さんissue(イシュー)」の柴田アリサさんは、大学で物理を専攻していた「リケジョ」。計算式で日々工夫しながら、体にやさしく見た目もうれしいお菓子の数々を生み出しています!甘いものを我慢していたあなたも、美味しいissueのスイーツはいかが?

2019.6.11

焼き菓子からケーキまで、見た目も味も満足できるスイーツ

地下鉄円山公園駅から歩いて10分ほど、道路から少し奥まった場所にあるissue。普通は卵や牛乳、小麦粉に白砂糖も不使用のスイーツといえば、“見た目や味はちょっと仕方ないかな”と思ってしまうところ。でも、「issueのお菓子はきれいだし、何より美味しい。いつも楽しみに来るんですよ」と、リピーターの人が話してくれました。


写真提供:issue

スイーツは、クッキーやフィナンシェなど15種類。お店は基本的に週5日営業していますが、イベントでお休みになる可能性もあるので、お店のInstagramで確認を。


写真提供:issue

ビジュアルが映えるケーキやタルトなどの生菓子は、土日限定で販売しています。

不思議?生クリームを使わないふわふわホイップ


写真提供:issue

issueさんで目を引くのが、「シュレーディンガーのねこ」をモチーフにしたという、可愛らしいロゴ。でも、シュレーディンガーって科学者ですよね?


写真提供:issue

店主の柴田アリサさんは、大学で物理学を専攻していた経歴の持ち主。「できるだけ多くの人が安心して食べられるお菓子を通して、<おいしい>の共通体験を増やしたい」と、2018年にissueをオープンしました。

このホイップクリーム、見た目は生クリームのようですが、乳製品は一切使っていません。「ひよこ豆+豆乳+レモン果汁+てんさい糖」などで作った特製のクリームです。ほかにも、薄力粉は「米粉+レモン果汁+ベーキングパウダー」、バターは「菜種油+豆乳+アーモンド」など置き換えることで、充実感のあるスイーツを作っています。

店内の本棚には、レシピ本だけでなく科学の本も並んでいます。本の販売はしていませんが、自由に見ることができますよ。

自分でもヘルシーに作れる!お菓子学教室も

issueさんでは、定期的にお菓子学教室も開催しています。「ひとりでレシピを見ても分からないコツを、丁寧に教えてくれるから家でも作れる!」と何回も通う人も。参加者の皆さん、とても熱心にメモを取っていました。

この日のレシピは「桜のマフィン」。乳製品も卵も小麦粉も、そして砂糖も不使用!

「正しい知識を正しく入れてもらいたい」と、後半はレクチャーの時間です。この日のテーマは「お砂糖について学ぼう」。目からウロコの情報がたくさんありました。

美味しくてからだにやさしい、ともなれば、リピートするお客さんが多いのも納得。豆乳や米粉がNGの人も、相談に応じてオリジナルに作ってもらえるそうです。“よりいっそう美味しく”を研究、開発し続けるissueさんのスイーツ。あなたも試してみてはいかが?


店舗情報
issue(イシュー)
住所:札幌市中央区南6条西23丁目4-26
定休日:基本は月曜日、火曜日 ※水曜日などイベントなどでお休みになる日もあるため、Instagramで確認を。
営業時間:木曜、金曜 12:00~17:00/土曜、日曜 11:00~17:00 
駐車場:あり(1台)
Instagram:https://www.instagram.com/arisa_no_gohan
公式サイト、オンラインショップ: https://issue-sweets-lab.shop

(ライター・校正 高橋明子)

高橋明子   
ライター・校正
関東から札幌に移住して20年、亜熱帯の血を持つ寒がりライター。東京時代は編集・TVプロダクションや特撮事務所などを浮遊した後、業界紙で校正や編集アシスタントを務める。移住後はフリーとして「北のおいしいもの」「観光・注目スポット」「人物」「住宅」「健康」などを手掛けています。性格は小心者だが、興味を持ったことには突っ込んでいき相手をビビらせるのが得意。クライアントからもらった称号は「ほめ殺しライター」

最近の投稿

おでかけ&天気

夏が来る前に“キレイ”を見つけに行こう!トータルビューティーフェス

グルメ

牛乳も卵も小麦粉も不使用のビジュアルスイーツ、円山issue

おでかけ&天気

南3条でひとりで泣いて笑えるカフェ谷川俊太郎公認