「自分磨き女子」におすすめスポット!~②知識ひろがる・気分高まるあたらしい図書館~

自分磨きにはお金がかかる、と思っていませんか?実はそんなことはありません。気軽に利用できるスペースで、自分の魅力を磨いたり仕事のパフォーマンスを高めたりすることは十分可能です。そんなスポットのひとつとして今回は、<はたらくをらくにする>がコンセプトの知的空間、「札幌市図書・情報館」をくわしく紹介します!自分を磨きたい女性にとって、知れば知るほどうれしい魅力がたくさんつまった施設なんです!

2019.6.13

何時間でも滞在していたくなる、おしゃれな空間

「札幌市図書・情報館」は、札幌市の文化芸術の拠点として2018年10月7日にオープンした「札幌市民交流プラザ」の1・2階にあります。札幌市民交流プラザは、複数のオフィス等が入居している大型複合施設「さっぽろ創世スクエア」内の一部にあり、「札幌文化芸術劇場 hitaru」「札幌文化芸術交流センター SCARTS」そして「札幌市図書・情報館」の3つから成り立っています。

建物自体がガラス張りで、高い天井には芸術的なオブジェが展示されていたりと洗練された雰囲気を漂わせていますが、その中にある図書・情報館ですから、一般的な図書館とはまず空間から違います。

おしゃれなペンダントライトや、窓ガラスから差し込む陽射しで光あふれる館内は、軽やかな内装色にカラフルなソファが印象的。従来の図書館のイメージとは一線を画す、明るく開放的な場所になっています。

札幌市図書・情報館館長の淺野隆夫さんは、「特に女性が立ち寄りやすく快適に過ごせるように、館内は家具などのインテリアにもこだわっている」と教えてくださいました。訪れるたび、心をワクワクさせてくれるような空間です。

ただの図書館じゃない!今までになかった “あたらしい図書館”

この図書・情報館の特徴は、課題解決型の「専門図書館」であること。普通の図書館で見られるような、小説や絵本のコーナーはありません。蔵書は、WORK(仕事に役立つ)・LIFE(暮らしを助ける)・ART(芸術に触れる)の3テーマに特化。約4万冊の図書と600種類の雑誌、90種の新聞がそろえられており、キャリア、恋愛・結婚、出産・子育て、健康・美容に趣味に…と、大量の情報を必要としている現代女性の力になってくれます。

また、図書館でありながら、本の貸し出しはありません。館内や、図書館の本を持ち込める隣接カフェでの閲覧を前提としています。貸し出しがないということは、人気の本でも閲覧しやすいということ。貸し出し予約をして何週間も順番待ちをしなければいけない、ということがないわけです。

そして、一般的な図書館と大きく異なる点はその陳列方法にもあります。普通、図書館では「日本十進分類法」の順番で本が陳列されるように決められているのですが、図書・情報館では、ここだけのオンリーワンの方法をとっています。直感的に探しやすいような、わかりやすいカテゴリー分類がされた上で、テーマごとに本が並べられているのです。

たとえば「仕事」に関連する書棚の1つには、『働き方を考える』『働かない方法を考える』『やりたいことを考える』『だましだまし働く』『働き続けること』といった見出しで分類がされていました。ユニークで面白いですよね!

ディスプレイも、まるで本屋さんのよう。本を探す時間も、ふとしたきっかけで新しい本と出会って自分の興味の幅が広がることも、より楽しみに感じます。

「人と差がつく情報」が手に入る!

2F中央部にあるリサーチカウンターでは、必要な図書や知りたい情報について相談することができます。それだけではなく、起業・経営・法律などの専門機関による無料相談窓口も定期的に開設されていて、専門家に相談にのってもらうこともできるんです。

さらに淺野館長のイチオシは、データベース閲覧端末で見ることのできる「エリアマーケティング」のデータ。地域の競合店や客層、購買パターンといった、通常の検索エンジンでは出てこない情報まで調べることができ、とくに起業や創業を考えている人にとっては頼もしい情報源です。

料理をはじめとする趣味の分野でも、図書・情報館ではプロ目線の本格的な書籍を多く取り揃えているのだとか。近年増えている週末起業や副業を視野に入れたい人にとっても、有益な情報となるようにと考えられているそうです。

こちらは、ずらりと並ぶ業界新聞のコーナー。幅広い分野の、濃い情報を入手できます。自分の仕事に活かすだけでなく、様々な人と知り合う上で、相手の分野への理解を深めたり、会話の糸口をつくったりすることができますね。なかなか手に入りにくい情報に触れられるということは、周囲の人と一歩差をつけられるチャンスです。

また、プライベートや余暇の時間をどう充実させて仕事を頑張れる力にするかも、社会人にとって大事なことですよね。館内には、旅や音楽、サブカルチャーの関連書籍やアート写真集も充実しています。ハイブランドのファッションフォトや、ハイカルチャーの純粋芸術を通して、英気を養い気分もリフレッシュ!

仕事・勉強・読書がはかどる、至れり尽くせりの設備

館内には、1階に約30席、2階に約170席の座席があります。全館無料Wi-Fi完備で、一部座席には電源コンセントも備わっています。パソコンを持ち込んでの作業はもちろん、カフェの飲みものを持ち込んで味わいながらの読書もOK。

会話可能なエリアと、静かに過ごすエリアが分かれているので、目的に応じて快適に過ごすことができます。窓に面した「リーディング席」は、ときおり外の景色を眺めながら読書や調べものがはかどりそう。

座席は利用直前までインターネット予約ができるほか、予約票を館内の予約端末で当日発券することも可能です(札幌市内図書施設の貸出券とパスワードが必要)。1回につき最大90分と利用時間が定められていることも、多くの方が利用しやすい仕組みになっていますね。

平日は21時までオープンの、「夜も通える」図書館なので、仕事帰りに立ち寄ってゆっくり過ごすこともできます(土日祝日は18時閉館)。手荷物ロッカーまで設置されていて、まさに至れり尽くせりといったところ。

少しでも時間があれば、自分の生活や仕事にプラスとなる情報を手に入れることができて、集中した時間を過ごすこともできる。札幌市図書・情報館は、毎日でも通いたくなる、入り浸りたくなる、そんな場所です。西2丁目地下歩道と直結しているので、アクセスも快適。こんなに素敵な施設を、活用しない手はないかもしれません!

(パーソナルライフコーチ 上村あかり)

施設情報:札幌市図書・情報館
札幌市中央区北1条西1丁目 札幌市民交流プラザ1・2F
011-208-1113
https://www.sapporo-community-plaza.jp/library.html

Facebook Twitter Instagram
上村あかり   
パーソナルライフコーチ
Facebook Twitter Instagram
日本メンターコーチ協会認定 メンターコーチ。ハウスキーピング協会認定 整理収納アドバイザー1級。AIR-G'「朝MORi」木曜パーソナリティ。未来志向と現実思考でネガティブ癖やあらゆる悩みを解消する『思考整理コーチング』を提唱し、個人セッション・グループ講座を通して女性のメンタル面をサポート。その他、コーチングの考え方や心と身の回りの整理のスキルを伝える活動も。(札幌市出身・北海道大学文学部卒)
ブログ 「”変わりたい” 女性が 本当に変わるコーチング」
AIR-G'(FM北海道)「朝MORi」
毎週月~木 7:30~11:00生放送

最近の投稿

ファッション&ビューティ

夏至シーズン到来!さっぽろ朝活美容のすすめ

ファッション&ビューティ

札幌の「セルフエステ」sasaruライターが体験リポート

おでかけ&天気

「自分磨き女子」におすすめスポット!~②知識ひろがる・気分高まるあたらしい図書館~

おでかけ&天気

札幌のデパートに登場 スイッチルームってなぁに?

お金&ライフスタイル

忘れもの・探しものを減らすためにできる「整理のルール」5つのポイント!

お金&ライフスタイル

整理収納アドバイザーのおすすめアイテム。無印良品の「重なるアクリル収納ケース」が使える